このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ガラナは健康によい?カロリーや糖質、栄養について検証してみた

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年3月30日

ガラナという名前に、聞き覚えはあるだろうか。栄養ドリンクや強壮剤によく含まれている材料で、チョコレートやガムなどに配合されているケースもある。ガラナには、意識を覚醒させたり集中力を高めたりといった効果があると言われているが、カロリーや栄養についてはあまり考えたことがないかもしれない。そこで今回は、ガラナのカロリーや栄養・糖質について紹介していく。

1. ガラナを加工物のカロリーでチェック!

ガラナは、そのままで食べられることが少なく、基本的には飲料などに加工される。それもあってか、加工前の実に関する情報も少なく、カロリーについての情報も見つけることは難しい。そこで今回は、ガラナを摂取できる商品のカロリーについて考えてみた。

前述のように、ガラナは飲料などに配合されていることが多い。たとえば、市販されているいくつかのガラナ飲料の100mlあたりのカロリーを見てみると、ガラナ飲料A:44kcal、ガラナ飲料B:43kcal、ガラナ飲料C:40kcalとなっている。容量は200ml~500ml程度のものが多く、1本飲んだ場合は最大で220kcal程度だ。砂糖が含まれているため、1本のカロリーは飲料としてはやや高いと言えるだろう。

ほかにも、チョコレートやガムなどガラナが配合されている商品はいくつかあるが、飲料のようにガラナ配合を大々的にうたっているものはほとんどない。ガラナを積極的に摂取するなら、飲料からになるだろう。もちろんガラナ粉末などを購入すれば、料理にガラナを混ぜることも可能だ。

2. ガラナに含まれる栄養素と期待できる効果とは?

ガラナには、いくつか期待されている効果がある。こうした効果は、ガラナに配合されている栄養素や成分に由来しているものだ。代表的な2つの栄養素と、その効果について見ていこう。

カフェインと同類で覚醒作用があるグァラニン

ガラナには、カフェインと同類のグァラニン(ガラニン)という成分が含まれている。カフェインと同じく覚醒作用があると言われ、眠気覚ましや集中力の向上効果が期待されている成分だ。カフェインとの大きな違いは、その吸収速度。カフェインは吸収が早く、摂取してから5分程度で効果が発揮されると言われているが、その分、神経への負荷や中毒性が高い。対してグァラニンは、ゆっくりと吸収されるので負担が少なく、覚醒作用も長続きする。成分自体も、コーヒーの3倍程度は含まれていると言われている。

アルツハイマー予防が期待できるカテキン

ガラナに含まれる栄養素・カテキンは、アルツハイマー予防に効果的だと言われている。アルツハイマーの原因は、アミロイドベータというタンパク質だとされていて、これが脳に蓄積することで神経細胞が死滅してしまうのだと言う。カテキンには、このアミロイドベータによる神経細胞の死滅を防ぐ働きがあるとされ、ガラナを摂取することでアルツハイマーの予防が期待できると考えられる。

3. ガラナ飲料の糖質量はどれくらい?飲みすぎに要注意!

ガラナ自体の糖質量については、カロリー同様、データが見つからなかった。そのため、ガラナを摂取する手段として一般的なガラナ飲料の糖質量を見ていこう。

カロリーの項で例に挙げた3種類のガラナ飲料について、100ml中の糖質量を調べてみると、ガラナ飲料A:10g(炭水化物)、ガラナ飲料B:記載なし、ガラナ飲料C:10gとなっていた。ガラナ飲料Bについては炭水化物のみの記載で、糖質については未測定となっていた。しかし、ガラナ飲料Cの糖質が10gであることを考えると、カロリー差はほとんどなく、ガラナ飲料Bの糖質量もあまり変わらないことが予測できる。100mlあたり10g程度というのが、ガラナ飲料の基準だろう。

10gと聞くと低糖質なようにも思えるが、ガラナ飲料は200ml~500ml程度で販売されている。ガラナ飲料1本分の糖質量は最大で50g程度となる。この数値はコーラ飲料とほぼ変わらず、糖質も高めと言えるだろう。

結論

ガラナは基本的に、それ自体を食べることはなく、飲料などに加工されることが多い。ガラナ商品の定番であるガラナ飲料は、少量であれば低カロリー・低糖質で、さまざまな健康効果も期待できる嬉しい飲み物だ。しかし、飲料ゆえに摂取量を把握しにくいのがデメリット。どれだけ飲んだかは、しっかりと注意しておこう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ