このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイエット中でもOKの食べ方とは?抹茶プリンのカロリーを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年4月23日

いまや海外にも市場を広げている抹茶スイーツ。なかでも「抹茶プリン」はコンビニやスーパーでよく売られており、家庭でも作りやすい一品だ。しかしスイーツを食べる際は、どうしてもカロリーが気になってしまう。そこで本記事では、抹茶プリンのカロリーや栄養素、糖質を調査した。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 抹茶プリンは高カロリーになりがち

抹茶プリンを家庭で作った場合、1人前のカロリーはおよそ300kcalに達することがある。この内訳は、抹茶1.75g、6kcal。牛乳50cc、35kcal。生クリーム50cc、217kcal。砂糖10g、38kcal。粉ゼラチン1.3g、4kcalだ。
1日に必要なカロリーのうち、間食にあててもよいとされるカロリーは200kcal。このことから、抹茶プリンのカロリーはかなり高いということが分かる。ここに黒蜜や生クリームをトッピングすれば、さらに10~20kcalほどカロリーが上乗せされてしまう点にも注意しよう。

■市販の抹茶プリンのカロリーは千差万別

スーパーやコンビニで買える市販の抹茶プリンは、メーカーによって内容量とカロリーが異なる。低いもので1つ100kcal以下の抹茶プリンもあれば、200kcalを超えるものもあるため、購入の際は、栄養成分表示をしっかり確認したい。

2. 抹茶プリンの栄養素「脂質」に注意

家庭で作っても高カロリーになりがちな抹茶プリンだが、カロリーだけでなく気を付けてほしい栄養素がある。それは脂質だ。
抹茶プリンには牛乳や生クリームに由来する脂質が多い。脂質は身体のエネルギー源となる以外に細胞膜を作ったり、脂肪として臓器を守ったりと、体内の各所で重要な働きをするといわれる栄養素である。しかし摂りすぎると余分な脂肪となり太る原因となる栄養素でもあるのは周知の事実だろう。
さて、1日の摂取エネルギーに対し、脂肪から摂りたいのは20~30%といわれる。運動レベルが普通の男性が1日2650kcal摂取する場合、脂質は58~88g摂取してよい計算となる。これに対して抹茶プリン1人前に含まれる脂質は24.6g程度。1日に必要な脂質の3~4割も含まれているため、抹茶プリンを食べる日は脂質の過剰摂取に気をつけたい。

3. 抹茶プリンは糖質も高い

高カロリー、高脂質が気になる抹茶プリンは糖質までも高い。その量は1食あたり14g程度。ゆるやかな糖質ダイエットでも間食の糖質は10g以下を推奨されることが多いため、抹茶プリンだと糖質オーバーになってしまう。
また、抹茶プリンにトッピングをする場合、黒蜜を5gかけると糖質が2.5g足されることになる。生クリームにすると糖質に加え脂質も増えることになるため、ダイエット中には控えるべきかもしれない。

4. 抹茶プリンをカロリーオフする食べ方

高カロリー、高脂質、高糖質と三拍子揃ってしまった抹茶プリン。どうしても食べたいときは半分に減らして食べたり、カロリーオフする食べ方を活用したりしてはいかがだろうか。

■生クリームを使わずに作る

抹茶プリンが高カロリー、高脂質となる要因は生クリームにある。そこでカロリーオフする食べ方としては、生クリームを使わないレシピで抹茶プリンを作るとよい。生クリームなし、牛乳のみで作る抹茶プリンは100kcal以上カロリーオフできる。脂質も20g程度は落とせるはずだ。
どうしても生クリームを作りたい場合は、動物性の生クリームよりも植物性のホイップクリームを選ぶとよい。よりカロリーをカットしている生クリームも発売されているため、利用してみてはいかがだろうか。ちなみに、市販の抹茶プリンも、材料に生クリームが使われていないもののほうが低カロリー、低脂質となっているようだ。

■砂糖を人工甘味料に置き換える

砂糖を人工甘味料に置き換えて作る、というのも、抹茶プリンをカロリーオフする食べ方の1つだ。カロリーゼロの人工甘味料にはさまざまな種類があるが、自然由来のものがよいなら羅漢果(らかんか)を原料とした人工甘味料を選ぶとよい。これで砂糖のカロリーや糖質をゼロにできる。生クリームを使わない方法を併用すれば、100kcal以下の抹茶プリンを食べるのも夢ではない。

結論

抹茶プリンはカロリー、脂質、糖質どれをとっても高いが、カロリーオフする食べ方は存在するため、ぜひ活用してほしい。市販の抹茶プリンはカロリーが千差万別のため、しっかり表示をチェックしてから購入しよう。このように、工夫すればダイエット中でも楽しめるのが抹茶プリンだ。我慢してフラストレーションを溜めるより、楽しみながら工夫した抹茶プリンをダイエットに活かしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ