このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

自家製のイカ墨パスタは冷蔵・冷凍保存できるのか!?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年4月10日

意外とファンの多いイカ墨パスタ。家庭ではあまり作ることがないかもしれないが、1度作ってみると、意外と簡単にできる。とはいえ、イカ墨を取り出すのはやはり少々面倒なもの。手間をかけて取り出したイカ墨が余ってしまった時、絶対にムダにはしたくない!ここでは、イカ墨ソースを美味しく保存できるポイントを紹介する。

1. イカ墨パスタを正しく保存して美味しく食べよう

イカ墨パスタの神髄であるイカ墨は、イカの内臓の一部。生ものなので、調理には当然火を通してソース作りを行う。油や唐辛子などの香辛料を入れるとはいえ、やはり常温での放置はNGだ。短い期間の保存なら、冷蔵庫での保存がおすすめである。

冷蔵庫でのイカ墨パスタの保存期間は2~3日を目安にしよう。皿に入れてしっかりとラップをかける、あるいは密閉容器かジッパー付保存袋に入れ、空気に触れないように保存しよう。保存する前に、パスタ同士がくっついてしまわないようにソースをよく絡めておくといい。食べる際に、パスタがくっついてしまっていたら、オリーブオイルを少量かけ軽く混ぜてから、電子レンジなどで温めよう。

保存期間中にパスタがイカ墨ソースを吸ってしまうので、イカ墨ペーストが余っていたらオリーブオイル、にんにく、塩・コショウで調味し、イカ墨ソースを少し足してから温め直すと、美味しく食べることができる。

2. イカ墨パスタは冷凍保存できる?

イカ墨ソースを作ってパスタに絡めた状態、イカ墨ソースだけの状態、さらにイカ墨をしぼる前の墨袋だけの状態、どの場合でも冷凍保存は可能だ。

パスタソースを全体に絡め、ジッパー付保存袋などに入れて、空気をしっかりと抜いてから冷凍庫へ入れる。調味したイカ墨ソースもパスタ同様に、密閉容器かジッパー付保存袋などに入れて冷凍保存できる。墨の色が付いてしまうのが心配な場合は、密閉容器は避けて、ジッパー付保存袋を使うことをおすすめする。

調味前のイカの墨袋は、そのままでも冷凍でき、その場合は塩を少量ふってから保存袋にいれ冷凍すれば味も落ちることがない。使うときは、自然解凍でOKだ。冷凍庫での保存期間は、どれも1ヶか月を目安に、早めに使いきることをおすすめする。

イカ墨ソースを多めに作って冷凍保存しておけば、使いたい時に解凍して使えるので、作る時間と手間がかからずに便利。パスタはもちろん、リゾットやパンにのせても美味しく食べられる。

3. イカ墨パスタの解凍方法のコツ

イカ墨ソースを絡めたパスタの場合は、半日ほど前に冷蔵庫に移し、半解凍してから耐熱皿に移し電子レンジで温めよう。温め過ぎると、イカが硬くなってしまうので途中で様子を見ながら加熱時間を増やしていこう。

ソースも、冷蔵庫で半解凍してから鍋に移して温めるほうが扱いやすい。イカの墨袋を冷凍した場合も、常温では菌の繁殖が心配なので、やはり冷蔵庫でゆっくり解凍していくことをおすすめする。

結論

イカ墨の長期保存は冷凍庫がおすすめだが、鮮度が落ちると生臭さを感じることもある。解凍後に鮮度の低下や違和感がある場合は、食べずに処分しよう。一方、ただ単に風味の劣化というのであれば、温め直す際にセロリやネギ、にんにくを一緒に炒めて白ワインを足すと、特有の臭いが和らぐのでお試しを。ちなみに、トマトソースをイカ墨に混ぜることによっても、特有の臭いを軽減できる。トマトソースをイカスミに混ぜても色は変わらないので、トマトソースを混ぜていることには気付きにくい。あくまでも隠し味として加え、入れ過ぎないようにすることがポイントだ。

この記事もcheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ