このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豊富な栄養素!タンポポ茶に含まれるカロリーとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年4月26日

タンポポ茶は、タンポポの葉や根を使って淹れたお茶である。タンポポコーヒーとも呼ばれることがある、いま注目の大人気飲料だ。独特の風味などはなく、気軽に飲み始めることができるのが特徴的だ。豊富な栄養分を含んでおり、健康重視の人から愛されているお茶。そんなタンポポ茶だが、含まれているカロリーなどはご存知だろうか。今回はタンポポ茶に含まれているカロリー・栄養・糖質について紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タンポポ茶に含まれているカロリーと効果

タンポポ茶は栄養分が豊富に含まれているのもかかわらず、ノンカフェイン・ノンカロリーというのが特徴的だ。カロリーは0kcalで、ダイエット中の人でも気軽に飲むことができる。

タンポポ茶は小さな子どもでも違和感なく飲むことができ、効率よく栄養を摂取することが可能だ。また、イライラを抑えたり、リラックス効果があることから妊婦さんをサポートする飲料としても多くの支持を集めている。

タンポポ茶は効果のひとつとして血圧を下げる。だが、大量に摂取した場合この効果が過剰に反応し、低血圧に陥る場合もある。ふだんの生活レベルで摂取するのであれば問題ないが、1日に何Lも摂取するスタイルを何日も続けると副作用が現れる場合がある。過剰摂取は避け、健康的にタンポポ茶を体内に摂り入れよう。

2. 健康体になる!タンポポ茶に含まれている栄養

タンポポ茶は使用する花びら・葉・根それぞれの部位により、含まれている栄養素がまちまちだ。今回はタンポポ茶に含まれている、とくに有名な3つの栄養素について紹介していこう。

イヌリン

聞いたことがないという人も多いと思う。イヌリンは食物繊維の一種で、腸内の環境を整える働きをする。便秘や下痢などに悩んでいる人はとくに摂取したほうがよいとされる栄養素だ。食べ過ぎ防止にもよいとされており、ダイエット効果も期待されている。ごぼうなどにも含まれる、注目されている栄養素のひとつである。

タラキサンシン

タンポポ茶特有の味となる栄養素。血流を促し、冷え性の改善なども期待されているので、冷え性の人は摂取するとよい。また、妊娠中や産後の女性にはうってつけの栄養素で、勧めている病院もあるくらいだ。母乳の源となる血液の流れを促してくれるので、母乳の出がよくなることも期待されている。

ビタミン C

綺麗な肌を保つために必須ともいえる栄養素。タンポポ茶はビタミン C のほかにも腸によいとされるビタミンが豊富に含まれているので、効率よく美肌作用を手にすることができる。長期間摂取し続けることで、同年代の人より肌で差がつくことも。美に関して意識の高い人はとくに摂りたい栄養素だ。

3. どのくらい?タンポポ茶に含まれている糖質

ノンカフェイン・ノンカロリーのタンポポ茶の糖質はほぼ0gである。健康を維持するために必要となる栄養が豊富に含まれており、なおかつその栄養素をノンカフェイン・ノンカロリー・低糖質で摂取できるので、とてもありがたい飲料だ。

ダイエット効果、腸内環境整備、冷え性防止、むくみ防止などほかにも多くの効能が期待されるタンポポ茶。ノンカロリー・低糖質であることから、体重の増加などを気にすることなく摂取することが可能だ。

結論

日本国内だけではなく、海外でも注目されているタンポポ茶。過剰摂取などの副作用を認知したうえで適度に摂取したい飲料である。子どもでも飲用することができるため、幼い頃から習慣化付けておくことで健康維持が期待できるだろう。今後さらに日本でも広まるであろうタンポポ茶。まだ、飲んだことがないという人はぜひ一度購入し、挑戦してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ