このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

「炒飯天下一決定戦」の結果発表! 優勝は自家製チャーシューとマー油のガッツリ炒飯に[PR]

投稿者:株式会社J-オイルミルズ(PR)

2019年2月21日

PR 1月20日で締め切りを迎えた「炒飯天下一決定戦」。応募総数はなんと1000件以上!実に多くの応募をいただいた。検索をしてみるとご理解いただけると思うが、投稿された炒飯は見た目だけでなく、具材・作り方に到るまで、こだわり抜いたオリジナリティ溢れるものばかり。予想以上にハイレベルな戦いとなり、選考も非常に難航した。今回はその中で見事、栄冠を勝ち取った炒飯をご紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 『AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油』の実力とは

炒飯のお悩み

家で炒飯を作るときに難しいと思うポイントは?と聞くと、多くの人がべちゃっとしてパラパラにならないと答える。そう、炒飯は単純なように見えて、実は奥が深い料理なのだ。そんな炒飯作りの悩みにお答えするのが、『AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油』だ。

2ステップがキモ

『AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油』は、炒飯にまつわる多くの悩みを解決してくれる。ポイントは2度に分けて使うこと。まずは炒め油として使用する。米を一粒一粒、コーティングするのでパラっとした出来上がりになる。2度目は仕上げにひとかけする。香味油をブレンドしているので、香りとコクが倍増。味に奥行きが出る。たったこれだけで中華料理店で食べるような炒飯を作ることができるのだ。

多彩な使い方が可能

『AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油』がおいしい理由は、焼き豚、焦がし醤油、焦がしにんにく、ねぎと4種類もの香味油をブレンドしているところにある。これがあのコクと香りの正体である。これはキムチ炒飯やあんかけ炒飯など、どんなタイプにも活用可能。2度使いするだけで、ワンランク上の味へと導いてくれる。

2. J-オイルミルズ賞を発表!

今回の「炒飯天下一決定戦」の審査員でもあるJ-オイルミルズは、油のプロ。そんなプロを唸らせたのは、計算された具材のバランスが秀逸な、seiner1290さんのベーシックな炒飯だ。具材は定番の卵と長ネギ、むき海老、チャーシュー。『AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油』も基本に則り、しっかりと2度使いされている。仕上げに『AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油』とともに加える少しの醤油が隠し味。鼻を抜ける香ばしさでおいしさがさらにアップする。

惜しくも賞を逃した力作は?

多くの炒飯が投稿されたなか、J-オイルミルズ賞の最終選考まで残った力作炒飯をご紹介していこう。

まずはアイデアが際立っていたchibosuke100さんの塩鯖炒飯。ほぐした塩鯖を具材にした進化系炒飯だ。ほんのり香る和風テイストが食欲をそそる。

次はwakaba610さんのシンプルレタス炒飯。レタスのシャキシャキ感を活かすよう、火を通しすぎないのがコツ。

最後はaoirokazokuさんの裏技を駆使した時短炒飯。なんと溶き卵とご飯を混ぜ合わせ、卵かけごはんのような状態にしてから炒めるのだ。手早く作ることができ洗い物も少ないので、忙しいパパやママにも必見のアイデアだ。

どの投稿も『AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油』を2度使いすることで、パラっと香り立つ、中華料理店のようなおいしい炒飯になっている。

3. 「炒飯天下一決定戦」優勝の栄冠は?

優勝はプロ顔負けのテクニックを駆使したsegacyanさんの炒飯に決定。投稿者が目指したのはゴロゴロチャーシューとマー油が香る食べ応え満点の炒飯。その理想を再現するため、チャーシューはもちろん、マー油に至るまですべて自家製だという。

チャーシューは脂のうま味が強い豚バラ肉を採用。醤油やみりん、めんつゆ、砂糖、香味野菜を混ぜた秘伝のタレに肉を半日以上漬け込み、グリルした。焼きあがったチャーシューを煮詰めたタレに再度漬け込むという手間、暇が掛かっている。隠し味のハチミツと煮詰めたタレに加えたバルサミコがいい仕事をしている。

マー油は4パターンの火加減で火を通した香味野菜を擦って、油に混ぜたこちらも力作。豪快に切り分けたチャーシューと卵、長ネギ、ナルトにフレッシュのマッシュルームを加えた5つの具材と仕上げにかけたマー油とのコラボレーションがたまらない。ガツンとうまそうな感じが写真からも伝わってくる。

人気シェフの評価は?

食通たちを虜にする南方中華料理店『南三』は、オープン数ヶ月ですでに予約困難となった超がつくほどの人気店。こちらのディナー権は、今回の優勝商品でもある。そんな『南三』の水岡シェフの評価はこちら!
「タレのしたたる自家製チャーシューとマー油の香ばしさが食欲をそそる炒飯は、ハイボールと一緒に豪快に食したいですね!タレの仕上げにバルサミコを加えたり、香味野菜の色づきに変化したりするなど、ガツンとした仕上がりの影に光る繊細な手間に感心しました。炒める油にもマー油を使って、真っ黒な炒飯に仕上げても面白いかもしれませんね。受賞おめでとうございます。お店でお待ちしております!」

結論

炒飯天下一決定戦」の優勝は自家製チャーシューとマー油のガッツリ炒飯に決定!そのほか、受賞投稿の数々からもわかるように、炒飯は味も具材もバリエーションが多彩で、とにかく奥が深い。まずは『AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油』を活用して、中華料理店のような基本のパラパラ炒飯に挑戦してみるところから、始めてみよう。これが作れるようになれば、さらなる炒飯の扉が開くはず。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ