このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

春雨サラダのレシピ集!ハムを使う定番レシピやアレンジも

投稿者:
ライター 平野夏希(ひらのなつき)

監修者:
管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年7月10日

透明感のある見ためとツルツルとしたのどごしが特徴の春雨は、サラダにぴったりな食材だ。朝食の一品として登場させれば、春雨に含まれる炭水化物が脳の活動をサポートしてくれるだろう。今回は春雨サラダをテーマに、ハムを使う定番レシピやアレンジ例を紹介しよう。

1. 春雨サラダの基本!春雨の戻し方

春雨は乾燥した状態で販売されているため、食べる前に水で戻す必要がある。基本の戻し方として熱湯で茹でる方法があるが、春雨サラダの完成度をより高くするコツを取り入れてはいかがだろうか。
春雨を茹でる時間は、目安時間の半分ほどにしよう。春雨が半戻しになる状態を目指すのがポイントだ。その後にほかの食材や調味料と合わせることで、春雨が食材の旨みや調味料を吸収しながら完全に戻っていく。はじめから完全に戻さないことで、春雨の味しみがよくなり春雨サラダとしての美味しさがアップするのだ。
鍋を使って茹でるのではなく、熱湯を回しかけて春雨を戻す方法もある。春雨を入れたザルをボウルで受け、熱湯を回しかけて半戻し状態にし、ほかの食材や調味料と合わせて調理していく。熱湯を回しかける方法でも茹でる方法と同じく味しみのいい春雨サラダを作ることができるのだ。
ほかにも、電子レンジを使って春雨を茹でる調理法もある。まず耐熱容器に調味料を入れ、水で湿らせた春雨を入れる。ラップをふんわりとかけて電子レンジで加熱していくことで、春雨を戻しながら調味料をしみ込ませることができる調理法だ。加熱中は、春雨サラダ用のほかの食材を切ったり別の料理を作ったりする時間に充てられるため、時短につながるだろう。
春雨サラダを作るときの基本として、これらの戻し方を意識しておこう。

2. ハムを使う定番の春雨サラダ

ハムを使う定番の春雨サラダといえば中華風の味付けが基本。使う調味料は、酢・砂糖・醤油・鶏がらスープの素・ごま油の5つ。春雨以外の食材は、調味料との相性や彩りを考えた、ハム・キュウリ・卵の3つだ。
戻した春雨とほかの食材を混ぜ合わせるだけで簡単に作れる春雨サラダだが、盛り付け方と最後の仕上げに注目してもらいたい。まず盛り付け方は、ハムやキュウリ、卵を表面に出して、春雨サラダの彩りをよくしよう。卵は調味料の色がしみると茶色っぽくなってしまうので、トッピング用に少しだけ取り分けておくのもおすすめだ。最後の仕上げとして、ごま油をひと回しかけよう。調理段階で加えるのもアリだが、ごま油の香りをより引き立たせたいときにおすすめの方法である。調理後から食べるまで少し時間がかかる場合は、食べる直前にごま油を回しかけるとより美味しく食べられるだろう。

3. 春雨サラダを生春巻きに!おもてなし料理にも

春雨サラダを生春巻きの具材として使うアレンジ例を紹介する。ライスペーパーのもっちりとした食感と、春雨のツルツルとした食感の2種類を楽しめるアレンジだ。
ライスペーパーを水で戻したら、春雨サラダを包んで巻いていくだけ。アレンジ時に火を使わないので、暑い時期や時間がないときに嬉しい調理法だ。元の春雨サラダに大葉やパクチーなどをプラスすると、味わいが変わって見栄えもよくなる。ほかにも、チーズやチキンなどボリュームを出せる食材をプラスするのもおすすめ。カットした断面が美しい生春巻きは、ホームパーティーのおもてなし料理としても使えるだろう。

4. 春雨サラダをボリュームアップさせるサクサク春巻き

春雨サラダをボリュームアップたいときは、サクサク食感が魅力の春巻きにアレンジする方法がおすすめ。油で揚げてボリュームおかずに変身させれば、メインデッシュとして登場させることもできる。
春巻きの皮に包む前に、炒めたひき肉と混ぜ合わせるとより食べ応えがアップするだろう。大人向けの味付けにしたい場合は、ラー油やコチュジャンなどの調味料を加えるのもおすすめだ。

結論

春雨サラダに定番のハムを使って仕上げるのもアリだが、せっかくならたくさん作ってアレンジレシピに挑戦してはいかがだろうか。同じ料理をいろんなアレンジして食べることで、日々の調理の手間を省くことができる。料理を時短したいときにもぜひ参考にしてほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ