このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

おいしいから揚げ作りには油が重要!専門店のようなから揚げを作る秘訣を紹介

投稿者:
株式会社J-オイルミルズ(PR)

2019年3月 5日

PR から揚げは老若男女、みんなが大好きなおかずである。弁当の定番としても愛されており、多くの人が自宅で1度は作ったことがあるのではないだろうか。ここ数年、話題を集めているのが専門店のから揚げだ。各地の人気専門店がイベントに出店するなど、以前より手軽に食べることが出来るようになった。そんな専門店のから揚げを口にすると家で作るものとは、ひと味もふた味も違うコクとうま味に驚かされる。そのコクとうま味の秘密が、実は油にあることはあまり知られていない。今回は家のから揚げを専門店のから揚げに近づける油についてお届けしていきたい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

1. 専門店のから揚げがおいしい理由

専門店のから揚げを口にするとまず感じるのは、そのコク深い味わい。これは家ではなかなか再現出来ないものだ。実はこの深いコクは下味だけで実現するものではない。中津からあげ発祥の店「総本家もり山」によると、専門店のから揚げがおいしい理由はなんと油にあるというのだ。

秘伝の油

専門店ではどんな油を使用しているのか?揚げものと聞くと新しい油のほうがおいしいというイメージがあるが、から揚げに関してはそうともいえない。同店ではなんと、うなぎのタレのように油を継ぎ足して使っているというのだ。使用した油の汚れた部分だけを廃棄し、その分だけ新しい油をプラス。すなわち創業以来、守られてきた秘伝の油ということになる。

油がおいしい理由

同店の人気メニューでもある骨つきのから揚げを揚げる際、油に骨から鶏肉のうま味がどんどん流出する。イメージとしては、油が鶏がらスープのうま味を閉じ込めた状態。この油を使っているからこそ、あの奥深いコクが実現するのだ。

2. 専門店のから揚げの味を家で再現

「AJINOMOTO から揚げの日の油」が救世主

から揚げ専門店の油がおいしい理由はよく理解出来たが、実際、自宅でその油を作り出すのは不可能に近い。途方に暮れてしまった人にも朗報がある。なんと、専門店の油を再現したから揚げ専用油「AJINOMOTO から揚げの日の油」なるものが登場しているのだ。

注目のアラキドン酸

専門店の油を再現するため「AJINOMOTO から揚げの日の油」に加えたのはアラキドン酸。これは体内で生成することのできない必須脂肪酸の一種で肉や魚、卵、母乳などに多く含まれているものだ。アラキドン酸のすごいところは、食材のうま味やコクを向上させてくれるところ。アラキドン酸が配合された油を使うことで、鶏肉のうま味とコクをさらに引き出してくれるというわけだ。

香りはしょうが

から揚げは香りも重要な要素。「AJINOMOTO から揚げの日の油」はしょうがの香りをブレンドしている。
この効果でより香り高いから揚げに仕上がる。さらにカラっとした衣の食感が長持ちするので、お弁当などにも最適。下味に鶏肉を漬け込む必要もなく、時短も可能、その上お店の味になるのだから、使わない手はない。

3. 上手な使い方

おいしく揚げるコツ

衣の食感を良くしようとすると、片栗粉をたくさん付けて揚げてしまいがちだが、「AJINOMOTO から揚げの日の油」ならその必要はない。独自ブレンドの油でカラっと仕上がるので、漬け込んだ調味料や片栗粉はよく落とそう。油の温度を下げないよう、鶏肉は5個ずつくらいに分けるのが、おいしく揚げるコツだ。

少ない油でもカラっと揚がる

少なめの油でカラっと揚げられるのも、「AJINOMOTO から揚げの日の油」の特長だ。一般的な26cmのフライパンで鶏肉の3/4が油に浸かるぐらいである。油を180℃に熱して揚げていこう。カラっとした出来上がりでも油っぽくなりすぎず、後片付けもラクになるのが嬉しい。

思わず箸で転がしたくなるが、ここはじっと我慢。せっかくの衣が剥がれてしまうので油に入れてから1分くらいは触らないのがコツ。しばらく待ってから何度か返し、4~5分経過して良い色になったら完成だ。

利用者の声

鶏のから揚げを月1回以上作る、10~18歳の子どもをもつ女性に「AJINOMOTO から揚げの日の油」を使用してもらい、その食感についてアンケートを実施したところ、なんと93%の人が満足したと回答。いつものから揚げがランクアップしたという声が多く、どんなレシピにも対応してくれることがわかる。うま味とコクだけでなく、カラっとした衣の食感が長持ちするので、お酒を飲みながら食事をゆっくり楽しみたい週末にも嬉しい。

結論

専門店のから揚げのコクとうま味の理由は、油にもあることがわかった。「AJINOMOTO から揚げの日の油」を使用すれば、そんな専門店のようなコクとうま味が簡単に手に入る。いつものから揚げレシピのランクアップにも活躍してくれそうだ。から揚げ専用油を使うという新しいアプローチで、お店のような味わいを手に入れよう。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ