このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ラムネは夏の風物詩!1本に含まれるカロリーや糖質量を解説

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年7月 6日

夏の風物詩とも言える飲料・ラムネを、夏祭りでつい買ってしまうという人もいるだろう。最近は居酒屋のドリンクメニューなどで、夏以外にも楽しめる飲み物になりつつあるが、その1本にはどれくらいのカロリーや糖質が含まれているか、ご存知だろうか?そこで、ラムネに含まれるカロリー・糖質・栄養を調査した。ラムネが大好きな人はこちらの調査結果を参考にして、ぜひ健康的にラムネを楽しんでほしい。

1. ジュース同士で比較!ラムネのカロリーは高い?低い?

メーカーによって差があるものの、ラムネ1本の容量は200mlとなっているものが多い。ラムネ200mlあたりのカロリーは、およそ82kcalだ。ほかの炭酸飲料と比較すると、このカロリーは高いのだろうか、それとも低いのだろうか?
ラムネと似た飲料に「サイダー」があるが、実はラムネとサイダーは容器が異なるだけで、中身は同じものである。そのため、サイダー200mlあたりのカロリーもおよそ82kcalということになる。同量のコーラは約90kcal、ジンジャエールは約74kcalだ。果物のフレーバ付き炭酸飲料やエナジードリンク系飲料には、200mlあたり100kcalをゆうに超えるものもある。
以上のことから、ラムネのカロリーはジンジャエールより高く、コーラより低いことがわかった。1日の摂取カロリーや間食の目安とされるカロリーを超えないよう調節することで、ラムネを極端に節制する必要はなさそうだ。ちなみに、デスクワークが多く運動量が高くない男性が1日で摂りたいカロリーの目安は1800~2000kcal以内、このうち間食は200kcal以内が理想だとされているので参考にしてほしい。

2. ラムネの糖質量はどの程度注意するべき?

ラムネのカロリーはわかったが、糖質量はどれほどなのだろうか。調査したところ、ラムネ1本(200ml)に含まれる糖質の量はおよそ20.4gであることがわかった。
ここで、世界保健機関(WHO)が提唱している間食の糖質量をご紹介しよう。WHOによると、間食で摂取する糖質量の目安を、1日の総カロリーの5%以内に抑えるべきだと言う。運動レベルが高くない一般男性の場合、間食に含まれる糖質の目安量は22.5~25gだ。これは、ほぼラムネ1本に含まれる糖質量に相当する。もし、カロリーよりも糖質量を調節して健康管理をしているのであれば、ラムネ1本を飲んだ日の間食は控えるべきだろう。

3. ラムネの主な栄養素

ラムネには、若干のカルシウムやナトリウムなどの栄養素が含まれるが、もっとも多く含まれる栄養素は前項で登場した糖質だ。糖質には、でんぷんやショ糖、ぶどう糖、果糖といった種類があるが、ラムネには「果糖ぶどう糖液糖」というものが使われている。
主にとうもろこしのでんぷんから作られる果糖ぶどう糖液糖は、異性化糖ともいわれ、果糖とぶどう糖が混ざった液状の糖類である。割合としては、ぶどう糖より果糖のほうが多いものを指す。くどさがない爽やかな甘みが特徴で、ラムネをはじめ清涼飲料水によく使われている。

結論

暑い夏になると1本は飲みたくなるラムネだが、カロリーや糖質のことを考えると、節度を持って飲むべきだろう。通信販売などを使えば、どのシーズンでも簡単にラムネが手に入る現代。だからこそ、夏の風物詩として暑い時期だけ楽しむ、というのも乙だ。健康に配慮しつつ、ぜひこれからもラムネを堪能してほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ