このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【まぜそば】は高カロリー!?栄養やカロリーオフする食べ方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年7月25日

まぜそばという料理を知っているだろうか。食べたことがない人は、日本そばのことなのか、ラーメンなのか想像がつかないかもしれない。まぜそばは、台湾ラーメンからヒントを得て作られているため「台湾まぜそば」とも呼ばれている、名古屋発祥の汁なし麺の一種だ。食欲をそそる見た目で、混ぜれば混ぜるほど美味しさが増す料理、今回はそんなまぜそばの気になるカロリーについて調べてみた。

1. まぜそばのカロリーをチェック!

まぜそばの具材の基本は、台湾ミンチと呼ばれるにんにくと鷹の爪をきかせた醤油味のひき肉、生のニラ、魚粉、ネギ、卵黄で、好みですりおろしのにんにくをトッピングする。
さらに麺を食べ終わったあと、最後に白米を入れて残ったタレやミンチとしっかり絡めて食べる「追い飯」といわれる食べ方も、まぜそばの大きな特徴である。ここ何年かで店のメニューでもよく見かけるようになり、台湾まぜそば専門店も増えた。まぜそばを販売しているコンビニもあるほど人気だ。
気になるカロリーだが、普通のラーメンと違ってスープがない分カロリーは低いのかと思いきやそうでもない。1杯約700~800kcalと、ほかの麺類と同じように高めだ。麺のカロリーはひと玉230g(茹で上がり時)あたり約343kcal。麺にほかの具材を足したらこのくらいになるだろう。小麦粉でできた極太麺、卵やひき肉など高カロリーなものが入っているから仕方ない。追い飯をしてしまうとさらにカロリーアップすることは頭に入れておこう。

2. まぜそばの栄養価は?

まぜそばに入っている主な具材は麺、ニラ、ネギ、ひき肉、卵黄、魚粉。まぜそばは、小麦粉から作られる中華麺がメインとなり炭水化物が主な栄養素である。
トッピングのニラにはアリシンという物質が含まれており、ビタミンB1の吸収をよくする。好みで入れることができるニンニクにも、ニラと同じアリシンを含んでいる。ひき肉に使われる豚肉には、たんぱく質、脂肪、ビタミンB1、B6が含まれている。まぜそばに一緒に入っているニンニクやネギは、ビタミンB1の吸収効率を高めることが知られている。また、魚粉は魚の栄養が骨まで丸ごととれるのでカルシウムが豊富に含まれている。
ただしまぜそばは麺中心なのでどうしても炭水化物メインになってしまう。糖質の摂取量を気にしている人は食べる頻度や量に気を付けよう。

3. まぜそばはカロリーカットできる?

まぜそばは店で食べることがほとんどだと思うが、自宅でも簡単に作ることができるので、休日のランチにぴったりである。しかも自宅で作ったほうが油や麺、調味料の量を調節しやすいので、カロリーを抑えやすい。豚ミンチを炒めたときに出る脂をキッチンペーパーで吸い取ったり、ニラやほかの野菜も多めに入れてみたりとアレンジしてみると、よりヘルシーなまぜそばになるのでおすすめだ。カロリーカットしたければシメの「追い飯」はもちろん我慢!
まぜそばのカロリーが高いのは分かったが、糖質はどうだろうか?糖質は炭水化物から食物繊維を引くと計算できる。麺1玉の糖質量は約64.17g、まぜそばは、野菜もニラ、ネギくらいなので食物繊維自体少なく、炭水化物メインのため必然と糖質が高いメニューとなる。糖質制限をしている人は、まぜそばの麺を低糖質のものに変えるとよい。

結論

まぜそばは麺好きなら一度は食べてみてほしい料理だが、やはりラーメンなどほかの麺類と同様カロリーはもちろん糖質も高い。美味しくてついついぺろりとたいらげてしまうので注意が必要だ。ダイエット中の人や糖質制限中の人は、自宅で作るかたまに食べるくらいをおすすめする。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ