このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

そばめしの簡単な作り方を紹介!麺はあらかじめカットしておくべき!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月23日

好みの材料を使用して、手早く簡単に作れるそばめし。キャンプやアウトドアなど、バーベキューを楽しみながら食べるのにもおすすめの料理だ。今回はガッツリ食べたいときにおすすめの、そばめしの簡単な作り方や食材選びのポイントを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そばめしに使用する食材の選び方

まず、そばめしに使用する食材の選び方を紹介しよう。そばめしに使用する食材は、もちろん好みで構わないが、麺やごはん以外では豚肉・玉ねぎ・人参・もやし・キャベツなどが一般的である。ひとことで豚肉といっても、さまざまな部位があり、そばめしに使用する場合は豚バラの薄切り肉が多いようだ。人によっては好き嫌いがあるだろうから、もちろん牛肉を使用してもOK。ただし、どの肉を使用するにしろしっかり火を通すことが大切だ。

玉ねぎの選び方のポイントは、手にとりズッシリと重いものがよい。また、かたく締まっているほうが水分を保っていて美味しいらしい。人参は全体の赤みが濃く鮮やかで、表皮がなめらかなものが新鮮だ。もやしは白くてツヤとハリがあり、太く根に透明感があるほうが新鮮である。キャベツの選び方のポイントは、巻きが詰まっておりズッシリと重くかたいものがベストだ。ただし、春キャベツの場合は巻きがゆるいほうがよいという。食材にはいろいろな選び方のポイントがあるので、ぜひ覚えておいて購入してもらいたい。

2. そばめしの下ごしらえ

次にそばめしの下ごしらえを紹介しよう。今回は先述した食材を使用して下ごしらえを行っていきたい。麺はやきそば用の麺や蒸した中華麺、茹でたラーメンの麺など好みでOK。調理する前に細かくカットしても、フライパンやホットプレートで調理しながら、ヘラで切っても構わない。最初にカットしておきたい人は、袋から出し麺をほぐして、まな板に広げ包丁で細かく切ればよい。切る前に麺を電子レンジで1分ほど温めると、ほぐれやすくなる。

次に豚肉と野菜の下ごしらえだ。豚肉は1~2cm幅の細切りにする。キャベツはザク切りや千切り、2cm角など好みの切り方でOK。もやしは口当たりをよくするため、先端の細いひげ根の部分を取り除き、水で洗ってざるで水気をきっておく。玉ねぎと人参は、それぞれ3cm角くらいにカットする。あとはウスターソースや、そばめし用のソース、塩こしょうなどの調味料を用意しておこう。もしホットプレートで調理する場合は、あらかじめ温度を高温(270℃ほど)にセットしておく。以上で、そばめしの下ごしらえと下準備は終了だ。

3. そばめしを簡単に作るコツ

最後にそばめしを簡単に作るコツを紹介しよう。今回はホットプレートを使用して調理していきたい。まず、ホットプレートの中心あたりに豚肉を入れて炒め、色が変わったら野菜類を加えて炒めあわせ、塩こしょうする。さらにカットしておいた麺を入れ、野菜類がしんなりするまで炒めよう。

次にあらかじめソースを絡めておいたごはんを加える。そこへごま油を少しふり入れ、ごはんをほぐしながら全体を炒めて、味見をして塩こしょうで味を調える。最後に全体的にソースをまわし入れ混ぜて火を止め、器に盛り付けて好みでネギや目玉焼きなどをトッピングしたら完成だ。しっかり下ごしらえをしておけば、スムーズに作れるだろう。

ちなみに、下ごしらえの段階で麺をカットせずに作る場合は、豚肉と野菜を炒めてから麺とごはんを同時に入れて、ヘラで麺を切るように炒めるとよい。好みで、そのときにもやしを細かく切って入れてもOK。また、青のりやマヨネーズをかけて食べても美味しい。そばめしの簡単な作り方は以上だ。

結論

そばめし作りは下ごしらえさえしておけば、時短で簡単に作れることができる。今回は簡単な作り方を紹介したが、エビやイカを入れたり、キムチを細かく刻んで混ぜたり、甘辛に味付けた牛すじ肉を使用してアレンジしても美味しい。そばめしのレシピにコレ!といった決まりはないので、自由な発想で食材を組み合わせて作ってもらいたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ