このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

つるんとかわいい【丸なす】ってなに?普通のなすとどう違うの?

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月24日

ころころとした丸い形が特徴の「丸なす」。いまではあまり見かけることは少なくなってしまったが、かつては全国的に栽培されていた。一般的に多く流通している中長なすよりも肉質がしっかりしており、煮物などに使いやすいため、いまなお根強い人気がある。今回はそんな丸なすについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 丸なすの特徴

丸なすとはその名の通り丸いなすのことである。直径10cmほどの大きさのものが多く、存在感がある。肉質がよく締まっているため、煮物や田楽にしても崩れにくいのが特徴だ。丸なすはかつて全国的に栽培されていたが、中長なすの人気におされ現在は京都や山形などの一部の地域でのみ伝統品種が受け継がれている。

丸なすの品種

「賀茂なす」

京の伝統野菜の1つで大きいものは500g以上にもなる。ガクの下が白いのが特徴で、緻密な肉質は田楽にもぴったりである。

「民田なす」

山形県鶴岡市の伝統野菜。手のひらサイズのかわいい見た目が特徴で、小なすにも分類される。浅漬けのほか、からし漬けやみそ漬けなどさまざまな漬物に使われる。

「大和丸なす」

奈良県大和郡山市周辺で古くから栽培される丸なす。ヘタにトゲがあるのが特徴。光沢のあるつややかな皮が美しい。肉質がしっかりしているので食べごたえがある。

「越の丸なす」

新潟県の園芸試験場で育成された丸なす。新潟県は日本一なすを食べる地域といわれており、越の丸なすのほかにも「早生大丸」や、巾着型の「梨なす」、大きな「やきなす」など数多くの品種を生み出している。

2. 丸なすの旬や選び方

丸なすも通常のなすと同じく旬は7~9月上旬頃である。一般的に出回っているなすのほとんどは中長なすだが、各地の伝統野菜が見直されている近年、丸なすが店頭に並ぶことも多くなった。とくに生産地の直売所などでは時期になるとよく見かけられる。
購入する際は次の点に注意するとよいだろう。

ヘタのトゲが鋭く尖っているもの

ヘタの筋がくっきりとしているもの、トゲが触ると痛いほどピンと尖っているものが新鮮である。また切り口がみずみずしいものを選ぼう。

皮にツヤとハリがあるもの

表面がつややかで光っているものを選ぼう。皮にしわができているものは中の水分が蒸発してスカスカになっているので注意しよう。

重みがあるもの

成分の90%以上が水分であるなすにとって乾燥は大敵。手に取ってずっしりと重みのあるものを選ぼう。

3. 丸なすのおすすめレシピ

実がよくしまっている丸なすは煮物や田楽にぴったり。煮崩れしにくいので見栄えもよい。調理する際は水にさらしてしっかりとアクを抜こう。

丸なすの煮浸し

  • 丸なすはヘタを落とし縦半分に切って、皮面から格子状に切り目を入れる。こうすることで味がしみ込みやすくなると同時に、箸で切りやすくなる。切り目を入れたらさらに半分に切って、水にさらす。
  • キッチンペーパーなどで水気をふき取り、多めの油で炒める。
  • 全面が綺麗に色付いたら、出汁、醤油、みりん、砂糖、すりおろし生姜を加え、やわらかくなるまで煮る。しばらく置いておくとより味がなじむ。

丸なす田楽

  • 小鍋に出汁、みそ、酒、砂糖、みりんを入れ、とろっとなるまで煮詰める。
  • 丸なすはヘタを落とし、縦半分に切って中面から格子状に切り目を入れる。また、安定させるために皮面を少し切り落とし、水にさらしておく。
  • キッチンペーパーなどで水気をふき取り、多めの油を熱したフライパンで焼き目を付ける。分厚く火が通りにくい場合は事前にラップでくるんで電子レンジで加熱しておくとよい。
  • 片面に焼き目が付いたところでひっくり返し、ふたをしてやわらかくなるまで蒸し焼きにする。
  • 皿に盛り付け、田楽みそをつける。

結論

京都の賀茂なす、山形の民田なすで有名な丸なすについて紹介した。一般のスーパーでは目にする機会の少ない丸なすだが、見た目だけでなく、味や食感にも丸なすならではの特徴があるので、ぜひ試してみてほしい。通常の中長なすとの食べ比べをしてみると、新たな発見があるかもしれない。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ