このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

和のいぶりがっこが洋のタルタルソースと相性抜群の理由

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年9月12日

エビや白身魚など、シーフードのフライとの相性がバツグンなタルタルソース。タルタルソース自体を知っている人はほとんどだろうが、ソースの名前である【タルタル】とは何なのかと問われると首をひねる人も多いのではないだろうか。今日はタルタルソースについて、なかでもいぶりがっことタルタルソースの組み合わせについて話を進めていこう。和と洋、ステージの異なる2つが組み合わさるとどんな力を発揮するのか分析しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. いぶりがっこの前にそもそも「タルタル」とは何か

まずはタルタルソースの由来について学んでおこう。
タルタルソースの歴史は、19世紀にフランスのシェフが料理本に載せたことから始まるのだが、名前の由来ともなるとそのさらに昔にさかのぼる。
日本では、洋食の普及とともに1966年に市販され始め、各家庭でも親しまれるようになってきた。
さて、【タルタル】の由来だが、フランス語の【tartare】が語源となっており、またさらにその由来をもさかのぼることができる。アジアの遊牧民であったタタール族が、生肉と香味野菜を細かく刻んで食べていた料理がヨーロッパに伝わり、タルタルステーキとして広まったのだ。それが【タタール】から【タルタル】への語源である。
こんなにがっつりと欧風なものが、いぶりがっことコラボするとは考え難いものだ。

2. いぶりがっこは本当にタルタルに合うのか?

日本でタルタルソースが市販された当初は、タルタルソースのメイン材料ともいえるピクルスが、日本の漬物に代用され製造されていたという事実がある。らっきょうの甘酢漬け、しば漬けなどがその代用品であった。また、現在でもそのレシピは存在していて、日本の漬物を刻んでタルタルソースに使用するレシピも数多く存在する。そして、いぶりがっこも例外ではないのである。
驚くことに、いぶりがっこのタルタルソースは商品化されている。なおかつネットで旨いと話題になるほどの人気ぶりであることをご存知だろうか。
いぶりがっこそのものと同様に、噛めば噛むほどいぶりがっこ独特のスモーキーな風味と旨みがしみ出してくるのだ。いぶりがっこ特有のクセもマヨネーズでほどよく緩和され、まろやかな中にもいぶりがっこの深いコクが楽しめる。
野菜のディップはもちろん、蒸し鶏などの肉料理にも相性はバツグンである。ぜひトライしてもらいたいのは、白飯のおともとして食べることだ。いぶりがっこ本来の白飯との相性のよさ、そしてマヨネーズのまろやかさが相まって、何杯でもお代わりできてしまいそうなほど旨いのだ。いぶりがっこのタルタルソースは何にでも合う万能ソースといえるだろう。

3. いぶりがっこ×タルタルソースを使ったアレンジレシピ

ここで、いぶりがっこのタルタルソースを使ったアレンジレシピとして、ポテトサラダを紹介しよう。いぶりがっこのタルタルソースが主役となり、味がしっかりときまるので、男らしいパンチのきいたポテトサラダを堪能できるだろう。
材料はじゃがいもをベースにソーセージ、コーンなど食感にアクセントを加えるものがあるといいだろう。いぶりがっこのタルタルソースで味付けするので、ほかの調味料は不要だ。ヨーグルトを加えてマイルドな酸味を足すのもおすすめだ。
作り方は、じゃがいもの皮をむき、4等分にカットし鍋に入れ、ひたひたの水で柔らかくなるまで茹でる。茹であがったじゃがいもと細かく切ったソーセージやコーンをボールに入れ、フォークでじゃがいもをつぶしながら混ぜ合わせる。粗熱が取れたら、いぶりがっこのタルタルソースを加えて混ぜる。器に盛り、パセリをふりかければ完成だ。
いぶりがっこを使用することで、少し大人な味わいのポテトサラダになるだろう。

結論

いぶりがっことタルタルの由来について紹介したが、いぶりがっことタルタルソースは、最強の組み合わせであるということがお分かりいただけただろうか。ジャンルが全く異なる組み合わせだが、だからこそ互いがいい仕事をし、完成度の高い仕上がりになるのだ。さまざまな料理に合ういぶりがっこのタルタルソースをぜひとも使いこなし、自分のものにしていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ