このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

かぼちゃプリンの作り方を紹介!あとをひく美味しさがくせになる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2019年9月 8日

ひとくち食べると、あとをひく美味しさのかぼちゃプリン。やさしい自然の甘みが特徴で、小さい子どもからお年寄りまで安心して食べられるおやつのひとつだ。今回は香ばしいカラメルソースと相性バッチリのかぼちゃプリンの作り方を紹介しよう。

1. かぼちゃプリンに使用する食材の選び方

まず、かぼちゃプリンに使用する食材の選び方をレクチャーしよう。かぼちゃプリンに欠かせない食材のひとつが、かぼちゃだ。カットされて販売されているものも多いが、まるごと1個の選び方のポイントは、ズッシリと重量感があり濃い緑色で形が整っているものがおすすめである。

かぼちゃは収穫してから、しばらく熟成したほうが美味しくなるという。へたのまわりにくぼみがあり、へたにヒビが入りコルクのように乾燥していると完熟している証拠だ。へたのまわりを押して、やわらかいとNG。カットされているかぼちゃの選び方のポイントは、肉厚でタネが詰まっており、色鮮やかなものを選ぶとよい。

ちなみに、かぼちゃは日本かぼちゃ・西洋かぼちゃ・ペポかぼちゃの3種類に分けられる。一般的に店頭に並べてあるのは、甘みが強くホクホクとした西洋かぼちゃだ。よく冬至にかぼちゃを食べれば風邪をひかないといわれるが、それは栄養が豊富だからだ。食事はもちろん、かぼちゃプリンでも栄養を摂ってもらいたい。

2. かぼちゃプリンの下ごしらえ

かぼちゃプリンの下ごしらえを紹介しよう。使用する材料は、かぼちゃ・卵・牛乳・生クリーム・砂糖・グラニュー糖・バター・シナモンパウダー・水だ。今回は大きな容器を使用して作っていく。下ごしらえのひとつめの作業は、かぼちゃプリンを流し込む容器にバターを塗っておくこと。薄くのばすようにバターを塗っておこう。

次はかぼちゃの下ごしらえだ。まず、種とわたをとり、適当な大きさにカットする。耐熱皿の上にかぼちゃを並べ、ラップをかけて電子レンジで5~6分くらい加熱する。目安は竹串を刺してスーッと通るくらいになればOK。次にスプーンを使用し皮から実をはずし、ボウルに入れ潰しておく。電子レンジを使用しない場合は、かぼちゃの皮をそぎ落とし小さくカットして、鍋で茹でてから水気をきりスプーンで潰す。かぼちゃプリンの下ごしらえは以上だ。

そぎ落としたかぼちゃの皮は、お焼き・クッキー・皮チップス・皮きんぴら・味噌汁の具・素揚げ・チーズ焼きなど、バラエティー豊かな料理に使用できるので、ぜひ捨てずに活用してもらいたい。

3. かぼちゃプリンの作り方

下ごしらえを終えたら、早速かぼちゃプリンを作っていこう。まず、潰したかぼちゃが温かいうちに砂糖を加えて混ぜあわせる。そこへ牛乳を少しずつ加えていく。さらに、溶きほぐして、こし器でこした卵、シナモンパウダーを順に加える。作り方のポイントのひとつが、生地をしっかり混ぜること。

次に、180℃に余熱したオーブンの鉄板に型が安定して置けるよう、ペーパータオルを2枚ほど敷くことも作り方のポイントのひとつだ。ペーパーの上に型をのせ、かぼちゃプリンの生地を流し入れる。天板の高さ1~2cmくらいまで湯をはり、オーブンに入れて20分くらい焼く。その後、温度を170℃に下げ、再び20分焼く。20分後、竹串を刺して中心がかたまっているかを確認することも作り方のポイントだ。かたまっていなければ、再度5分くらい焼く。焼きあがったら冷まし、型の内側にナイフを入れかぼちゃプリンを取り出し、切り分けて器に盛りつける。

最後にカラメルソースを作っていこう。鍋にグラニュー糖と水を入れて中火にかけ、ときどき鍋をゆすって溶かしていく。半分ほど溶けたらヘラでかき混ぜ、全体的にカラメル色になったら火を止め、少しずつ湯を加える。ぬるま湯だとカラメルがはねる可能性があるので、熱い湯をそそぐことが作り方のポイントのひとつだ。あとは3分くらい中火にかけ仕上がったら、かぼちゃプリンにかけて完成だ。冷蔵庫で冷やして翌日に食べても美味しいので、ぜひ定番のおやつに加えてもらいたい。

結論

今回は大きい容器で作るかぼちゃプリンの作り方について紹介したが、もちろん小さな容器で作ってもOK。紹介した湯せんする方法で作るなら、金属製の容器を使用すると早く火が通る。またオーブンがなければ、フライパンや電子レンジでも作ることができるので試してもらいたい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ