このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カルディでおすすめのアイスコーヒーはこれ!本格的でおすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2019年10月26日

コーヒーが看板商品のカルディだが、今回はアイスコーヒーにスポットをあてて紹介したい。年間をとおしてホットコーヒーを好む人もいるようだが、アイスコーヒーも格別の美味しさだ。せっかく飲むなら自分好みの味を楽しみたいもの。今回はカルディで、とくにおすすめのアイスコーヒーを厳選して紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カルディでおすすめのアイスコーヒー【水出しコーヒーセット】

カルディでおすすめのアイスコーヒーといえば、夏に数量限定で販売される「カルディオリジナル 水出しコーヒーセット」だ。期間限定なので毎年楽しみにしている人がいるようだ。内容は、オリジナル水出し珈琲ポット(1,000ml)とアイスブレンド(200g)がセットになっている。80gのコーヒー粉を使用すると約8杯分のコーヒーができるので、まとめてアイスコーヒーを作りたいときにおすすめしたい。
とくにアイスブレンドは夏場に人気No.1のコーヒーで、水出しでじっくり抽出すると、まろやかな口当たりとブラジル本来の甘さが引き立つという。ポーションで簡単に作れるアイスコーヒーもあるが、本格的な味を楽しみたい人には、カルディの水出しコーヒーセットをおすすめしたい。セットの価格は1,400円(税込)だが、水出し珈琲ポットのみの購入も可能だ。価格は999円(税込)で、色違いの2種類から選べる。

2. カルディでおすすめのアイスコーヒー【ウォータードリップコーヒー】

次は、カルディでおすすめのアイスコーヒーのひとつである「カフェカルディ ウォータードリップコーヒー(水出しアイスコーヒー)」を紹介しよう。おすすめのポイントは、カルディでも人気のアイスブレンドの豆をベースに使用し、ポットにコーヒーバッグを入れるだけで手軽に本格的な水出しアイスコーヒーを作れるところだ。
ちなみに水出しコーヒーとは、水で低温抽出したコーヒーのことをいう。熱によるコーヒー豆の酸化を防止し、豆本来の味を引き出せるのが特徴のひとつ。内容量は40g×4パック入りで、価格は448円(税込)である。カルディのオンラインショップに掲載されている作り方を紹介すると、水出し麦茶を作るように600ml以上の大きめの容器に、コーヒーバッグを1袋入れる。そこへ常温水を400mlほど注ぎ容器ごと冷蔵庫に入れ、8時間以上抽出すればOK。コーヒーの濃さは、抽出時間を調整すればよい。
実際に400mlで時間どおりに作ると少し濃く仕上がった。少しずつ水の量を増やしてみたが、1Lくらい注いでも十分美味しく濃いアイスコーヒーが完成した。ブラックコーヒーが苦手な友人に飲ませてみると、美味しいといって一気に飲み干したのが印象的だ。

3. カルディでおすすめのアイスコーヒーの美味しいいれ方

次に紹介するのは、カルディでおすすめのアイスコーヒーの美味しい淹れ方だ。方法は先述したカルディオリジナル 水出しコーヒーセットを使用して紹介しよう。朝から美味しいアイスコーヒーを飲みたい人は、就寝前に準備しておくのがおすすめだ。とくにドリップタイプよりまろやかな口当たりになるのもおすすめしたい理由だ。
ここではカルディのオンラインショップに掲載されている、水出しアイスコーヒーの美味しい淹れ方を参考にいれていこう。まずストレーナーにコーヒー粉を入れてポットにセットする。次に、粉が全体的に湿るよう「の」の字を書く要領で少しずつ水を注ぎドリップしていく。水はストレーナーが浸るくらいまで注ぎ、冷蔵庫に入れ8時間くらい抽出したら完成だ。
抽出後は雑味を防ぐため、ストレーナーをはずし冷蔵庫で保存しよう。美味しく味わうために、24時間以内に飲み終えてもらいたい。実際に作って飲んでみると、スッキリとした味わいで飲みやすい。ぜひ紹介した方法で雑味のない美味しいカルディのアイスコーヒーを堪能してもらいたい。

結論

カルディでおすすめのアイスコーヒーを紹介した。ちなみにハンドドリップで淹れるアイスコーヒーは、香りと味の消失を抑えキリッとした苦みと味わいを楽しめるという。水出し珈琲ポットがなければハンドドリップでアイスコーヒーを抽出してもらいたい。*価格は2019年9月のもの
この記事もcheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ