このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

日本酒の中でも香りを楽しむことができる吟醸酒とは

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年10月 7日

日本酒は特定名称酒として6種類に分類できる。その中の1つである吟醸酒は醸造過程であらわれる特有の芳香が特徴である。味はもちろんであるが、香りを楽しむ酒でもある。そこで、今回は吟醸酒の香りとより香りを楽しむための飲み方について紹介する。

1. 日本酒は香りで4タイプに分類

日本酒はその香りと味わいで4タイプに分類できる。その分類において、吟醸酒は香りが高く、味が淡いタイプである薫酒として香氣濃郁型に分類される。このタイプは大吟醸酒や吟醸酒系が多く、甘口から辛口までさまざまな味わいのものがある。そして、香りは華やかでフルーティーであるため、国内だけでなく、海外でも人気がある。

ほかにも、香りが高く、味が濃厚である長期熟成酒系や古酒系が多く分類される熟成型がある。黄金色に色づく日本酒であり、力強い味わいが特徴である。このタイプの日本酒は熟成さしたワインのようにドライフルーツやスパイスなどが混ざり合ったような香りが特徴である。

香りが低く、味が淡く、普通酒系や本醸造酒系、生酒系が多く分類される清爽滑順型がある。軽快でなめらかでみずみずしい飲み口を楽しむことができ、多くの人に好まれる傾向が強い淡麗辛口テイストである。

最後は香りが低く、味が濃い純米酒系が多い濃郁口感型がある。伝統的であり、昔ながらの王道をいく日本酒であり、旨みとコクを感じることができる。飲む人に一番ぴったりくるタイプのものを選ぶのが大切である。

2. 吟醸酒の香りは2種類に分類

吟醸酒の香りは2種類にわけられる。それぞれの特徴を紹介しよう。

ハナ吟醸

吟醸酒の特徴でもあるりんごなどの果物の華やかな香りを嗅覚からもしっかりと感じることができる吟醸酒のことをとくにハナ吟醸と呼んでいる。グラスに酒を注いだときや口元に運んできたときに鼻に香りが広がるのが特徴である。また、味に関しては淡麗である。香りがしっかりとしており、主張が強いために、食前酒として飲むのにおすすめである。

味吟醸

ハナ吟醸に比べると香りが主張していることはなく落ち着いており、穏やかである。口に含んで香りを感じるときには、バナナのような奥深い香りを楽しむことができる。しっとりとして味わい深い飲み口であるので、香りよりも味わいが重視されている吟醸酒である。香りが強くないことから、食事とのハーモニーを楽しむこともできるので、食事中に楽しむこともおすすめである。基本的に香りが重視される吟醸酒は温めることはあまり向かないが、味吟醸に関してはぬる燗にして楽しむのはおすすめである。

3. 吟醸酒に熱燗がおすすめでない理由とは

一般的に香りが高い日本酒は熱燗には向いていないといわれている。それは温めて熱燗にすることで、味や香りが変化する。そのため、味わいが変化してしまうのである。

温めることで、一般的には、旨みや甘みは増す。しかし、それと同時にアルコールも際立ってしまうため、より一層辛みが増してしまうように感じるのである。そのため、本来の吟醸酒のよさである香りが低下してしまうので、熱燗にして飲むことはできれば避けたい。

熱燗がおすすめの日本酒は?

すべての日本酒が熱燗に向いていないというわけではない。中には、熱燗に向いているものもある。一般的に熱燗に向いているのは、純米酒などの日本酒であるといわれている。加熱することで温まると香りが変化してしまうが、もともと香りが穏やかである純米酒はそれほど変化が大きくないので、おすすめである。それに加えて、温めることで旨みは増し味わいも膨らむので、より美味しく飲むことができる。そして、熱燗にすることでさらにキレがよくなり辛味が増すので、辛口好みの人にはとくにおすすめだ。熱燗の目安は
50℃前後である。温めすぎると味が落ちてしまうので適温に温めることを心がけよう。

結論

香りを楽しむにはうってつけの吟醸酒であるが、飲むときには温めすぎないという注意点がある。冷酒もしくは常温の適温にすることで、吟醸酒特有の香りを楽しみながら、ぜひとも美味しい日本酒タイムを過ごしてほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ