このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

燻製におすすめの食材はコレ!旨みや風味が劇的にアップ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年11月 6日

食材の旨みや風味が劇的にアップするということで、今、燻製がちょっとしたブームになっているようだ。燻製というと、手間がかかるというイメージだが、実は燻製に必要なアイテムさえ用意すれば、家庭やアウトドアで、さまざまな食材を使っての燻製が楽しめる。今回は、手軽にできるという点で、とくに燻製におすすめの食材を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 食材の旨みや風味が際立つ燻製の魅力

燻製とは、肉や魚などの食材を塩漬けにして、煙でいぶして作られる保存食のことだ。冷蔵庫がなかった時代に、食材を可能な限り長持ちさせるために考案された。

燻製にすると、食材を長持ちさせられるだけでなく、食材の旨みや風味を劇的にアップさせることができる。これは、燻製にする際に出る煙が食材の旨みを引き出し、木材から出る香りが食材に風味を加えることに、それぞれ大きく関わっているためのようだ。これこそが、今や、燻製の最大の魅力となっている。

そのため、今は昔と違い、食材が長持ちさせるためというよりも、劇的にアップした食材の風味や旨みを堪能したいために、燻製という調理方法を選択する人が増えているようだ。

食材を燻製にするためには、スモーカーと呼ばれる専用の器具があると便利だが、要は、食材を煙でいぶすことができる環境を整えてやればよいというだけの話なので、ふたつきの鍋や段ボールなどでも代用することが可能だ。

環境さえ整えることができれば、あとは、熱源と燻製におすすめの食材、スモークチップやスモークウッドなどの燻煙材を用意すれば、いつでも燻製をスタートさせることができる。

2. 燻製におすすめの食材1 下ごしらえが不要

食材によっては、燻製にする前に、塩漬けや塩抜き、乾燥などの下ごしらえが必要になってくる。

しかし、以下のような食材は、下ごしらえが不要ですぐに燻製をスタートさせることができる点で、とくに燻製に初チャレンジする人におすすめできる。

チーズ

下ごしらえ不要で、すぐに燻製にすることができる。キャンプなど、あまり時間をかけずに燻製を楽しみたい場合にはとくにおすすめだ。燻製には、溶けにくいタイプのチーズを使用することがポイントになる。

厚切りベーコン

そもそもベーコンは豚バラ肉を燻製にしたものだ。市販の厚切りベーコンを使えば、下ごしらえ不要で燻製にすることができ、新たな風味が加わることで、味わいも劇的にアップする。もちろん時間をたっぷりかけて、下ごしらえした豚バラ肉を燻製にして自家製ベーコンを作るという方法もおすすめできる。

ちくわ

こちらも下ごしらえ不要で燻製にすることができ、しかも燻製にすることで旨みも風味も格段にアップする。酒のつまみに、たまらない一品としておすすめできる。

3. 燻製におすすめの食材2 下ごしらえが簡単!

以下のような食材は、手間暇かけることなく簡単な下ごしらえで燻製ができる点でおすすめできる。

茹で卵

市販品も数多く出回っているほど、茹で卵は、燻製にする食材としては定番中の定番といえるだろう。家庭でも簡単な下ごしらえで、燻製卵を楽しむことができる。茹で卵をめんつゆなどに1日漬け込んだ後、取り出して2~3時間冷蔵庫で乾燥させれば、あとは燻製にするだけといたって簡単だ。

鶏肉

鶏肉全体に塩コショウをし、キッチンペーパーなどで包み、冷蔵庫で30分程度おくだけで、燻製にしてスモークチキンにすることができる。

刺し身の用イカ

下ごしらえとして塩漬け、塩抜き、乾燥などの一連の作業が必要になるが、面倒なイカの処理が不要になるという点で、おすすめできる。

結論

手軽にできるという観点から、燻製におすすめの食材を紹介した。このほかにも、あらかじめしっかりと味がついていて、水分が少ない食材は、すべて、燻製に適している食材といえそうだ。いろいろと試して元の食材との味わいの違いを楽しんでみてはいかがだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ