このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

セロリの美味しい食べ方を解説!切り方や下ごしらえも重要

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年10月23日

香りのクセが強いということで好き嫌いが分かれる野菜の1つがセロリである。そんなセロリは葉も茎もまるごと食べることができる野菜でもある。そして、さまざまな食べ方をすることで普段は苦手な人も食べられるようになることも。今回はセロリを美味しい食べ方を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しいセロリの特徴とは

セロリは基本的に葉付きで販売されている。そんなセロリを選ぶときにはいくつかのポイントに注意して選ぶとよいだろう。まずは茎の部分に注目しよう。茎の部分が太くて、丸みが帯びているものが美味しいといわれている。そして、肉厚であるものを選ぶことがおすすめである。また、筋に関してはでこぼこしているもののほうが新鮮である。

表面がきれいであるかも確認するポイントの1つである。根元の内側の部分がひび割れているものは鮮度が落ちている証拠でもあるので、できれば避けたい。そして、カット面が確認できる場合には、「ス」が入っていないことを確認しよう。スが入っているものは繊維が硬くて食感が悪いので避けるほうがよいだろう。
セロリを選ぶときには葉にも注目したい。葉は緑色が濃くて、みずみずしいものが新鮮であり、美味しく食べることができる。美味しいセロリを選ぶだけでも、苦手だと思っていたのに食べることができたということもあるので、ぜひ、特徴を参考にして選んでみよう。

2. セロリを楽しむためのさまざまな切り方

セロリを美味しく食べるためには、下ごしらえをしっかりと行うことが大切である。まずは、葉と茎を切り分ける。セロリの太い茎の表面には固い筋がある。この筋を取り除くことなく調理してしまうと、食べるときに筋が食味を悪くすることがある。そのため、まずは茎の筋は取り除くことをおすすめする。一番簡単なのは茎の表面をピーラーでむくことである。包丁を使用する場合、節の端から筋をそぐように切れ目を入れてから、筋を持ちながら引っ張るように取り除こう。このひと手間を行うことで美味しく食べることができる。
セロリの切り方のバリエーションはさまざまである。下処理で筋取りはするが、繊維に沿って切るのか、断ち切るように切るのかによってその食感は大きく変わる。そのため、どのような食べ方をするかで切り方を変えることで、よりセロリを満喫して美味しく食べることが可能になるのである。代表的なものにスティック状のカットがある。好みの長さにカットして、カットしたものを繊維に並行に2~4等分にする。シャキシャキ食感を楽しむことができるこの切り方は、スティック野菜やピクルス、浅漬け、マリネなどにして食べるときにおすすめである。また、繊維を断ち切るように、薄く斜め切りや輪切り、乱切りなどにすると、セロリの香りを楽しむのにぴったりであり、スープの具や炒め物などに用いるとよいだろう。

3. セロリのおすすめの美味しい食べ方

セロリには切り方と同様にさまざまな食べ方があるが、すべてに共通しているのが下処理である筋取りはしっかりとしておくことである。筋取りをすることでさまざまな食べ方を楽しむことができる。

生で食べるとき

生で食べるときに一番気をつけたいことは新鮮さである。できるだけ、鮮度のよいものを使用するようにしよう。そして、茎の部分が肉厚なものもおすすめである。加熱をしないので、切り口を確認して、乾燥しておらず、できるだけ、茎の部分が固くないものを選ぶようにしよう。

炒めて食べるとき

牛肉や鶏肉などと一緒に炒めて食べることで、セロリの食感が変わり食べやすくなる。炒めることで、柔らかくなり、筋張った感じも減る。そのため、セロリの繊維質な部分が苦手という人には、ぜひとも炒める方法をおすすめしたい。

煮て食べるとき

セロリはスープのようにして煮込むとたくさんの量を食べることができる。そして、葉も茎も一緒に食べたちというときにおすすめでもある。セロリは加熱をしても栄養素が破壊されることがないので、加熱調理もおすすめだ。スープの場合は煮込むことで、汁にセロリの旨みも溶け込むのでおすすめである。ただし、シャキシャキ食感が好きという人はあまり煮込みすぎると食感を楽しむことができないので、煮込み時間には注意が必要である。

結論

切り方や食べ方でその楽しみ方は無限大にもなるセロリ。自身がそのような食感や食味が好きなのかで調理の仕方を選ぶのもおすすめである。ちょっとひと手間加えることで、何倍にも食べやすく、そして美味しく食べることができるセロリ。売り場で見かけたときにはぜひ、手に取って調理をしてその美味しさを堪能してみてはどうだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ