このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豚肉の紅茶煮に合う献立。相性の良い副菜やスープ、変わり種メニュー

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 市川咲 (いちかわさき)

2019年11月16日

豚肉の紅茶煮は非常に簡単に作ることができるが、それに合う副菜やスープに悩む人は意外と多いのではないだろうか。そこで、本記事では豚肉の紅茶煮と相性のよい副菜やスープを紹介していく。豚肉の紅茶煮に関するおすすめの変わり種メニューも解説していくので、献立に迷うことが多い人は必見だ。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚肉の紅茶煮に合うおすすめの副菜は?

「豚肉の紅茶煮に合う副菜」というと難しく考えてしまう人もいるかもしれないが、メインの食材である豚肉と相性のよい具材を考えていくと、ぴったりな副菜を作ることができる。具体的にどのような副菜が豚肉と相性がよいのか、いくつか献立の例を出して紹介していこう。

ホウレンソウのごま和え

ホウレンソウには、β-カロテンとよばれる成分が含まれている。このβ-カロテンは、油脂と一緒に摂取すると体内に吸収しやすくなることが分かっているため、豚肉の紅茶煮とホウレンソウを使った料理は相性がよいのだ。

大根サラダ

脂身が豊富な豚肉の紅茶煮は美味しいが、脂質が多いとその分消化に時間がかかりやすいという特徴がある。消化の負担を少しでも軽減したいという人は、大根を使ったサラダを副菜として用意しよう。大根にはジアスターゼやアミラーゼといった消化を助ける成分が含まれているため、脂質の多い肉料理と一緒に摂取するとよい野菜なのである。ちなみに、大根を加熱してしまうとジアスターゼの力が弱まってしまうため、生の大根サラダを作るのがおすすめである。

2. 豚肉の紅茶煮に合うおすすめのスープは?

次に、豚肉の紅茶煮に合うスープについて紹介しよう。副菜と同じように、豚肉と相性のよい具材を使ったスープをいくつか紹介していく。

食物繊維がたっぷり!きのこのスープ

エノキやシメジといったきのこ類には食物繊維が豊富に含まれている。豚肉には脂質が多く含まれており、摂りすぎると血中コレステロールを増加させるが、食物繊維には余計なコレステロールを排出しようとする働きがある。肉料理と一緒にぜひきのこのスープを飲んでみてはいかがだろうか。

タンパク質をたっぷり摂りたい人に!たまごスープ

たまごにはタンパク質がたくさん含まれている。そして、豚肉にもタンパク質が多く含まれているため、豚肉の紅茶煮とたまご料理を一緒に摂取すれば、より多くのタンパク質を摂ることができるのだ。タンパク質は筋肉や骨を作るもとになるため、筋肉をつけたい人や成長中の子どもにおすすめしたい組み合わせの献立といえるだろう。

3. 豚肉の紅茶煮に関する変わり種メニューを紹介

「副菜やスープはもう決まっているけど、メインである豚肉の紅茶煮にひと工夫加えたい」と思っている人もいるのではないだろうか。そんな人のために、豚肉の紅茶煮に関する変わったメニューを最後に紹介しよう。

はちみつとショウガがアクセント!冬向けアレンジ

寒い時期にぜひ試してみてほしいのが、はちみつとショウガが入った豚肉の紅茶煮である。豚肉を煮込む際に、潰したショウガとはちみつを入れるだけで、ショウガの香りとはちみつのほんのり甘い風味をつけることができる。食べる前にレンジなどで加熱をすれば、身体の芯がポカポカと温まる豚肉料理へと仕上がるので、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

ワインを入れて大人な味に仕上げるアレンジ

大人向けの味に仕上げたい場合は、豚肉を煮込む際に白ワインを入れるのがおすすめだ。紅茶と白ワインによって、豚肉特有の臭みがしっかり消えるので「豚肉のにおいが苦手」という人でも美味しく食べることができる。フレンチ料理のような高級な香りと、豚肉の旨みを存分に楽しむことができる贅沢な一品へと早変わりするので、パーティー料理や来客時の料理としても使える。

結論

豚肉の紅茶煮をメインとした献立に迷った時は「豚肉と相性のよい具材」を基準にして考えるのがポイントである。そして、豚肉の紅茶煮にアレンジを加えたい場合は、はちみつやショウガ、白ワインといった少し変わり種の材料と一緒に煮込むのもおすすめだ。豚肉の紅茶煮を美味しく食べたい時に、ぜひ本記事を参考にしてもらえたら嬉しい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ