このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

蒸し野菜鍋のおすすめタレ3選!飽きることなく楽しみたい

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年12月 4日

野菜がたっぷり摂れて、しかも調理が簡単ということで、大人気の蒸し野菜鍋。しかし、毎回蒸し野菜鍋だと、さすがに飽きてしまう。しかし、蒸し野菜をつけるタレをいろいろとアレンジすれば、飽きることなく、毎回、新しい蒸し野菜鍋を楽しむことができる。そこで今回は、蒸し野菜鍋におすすめのタレについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 蒸し野菜鍋におすすめのタレ 味噌ベース

そもそも味噌と野菜は、大変に相性がよい。シンプルに味噌そのものに蒸し野菜をつけて食べても問題なく美味しくいただける。しかも、味噌は、白みそ、合わせみそ、赤みそなど種類も実に豊富だ。そのため、味噌をベースにしたタレも、味噌の種類を変えるだけで、風味や味わいもがらりと異なり、まさに飽きることとは無縁の状態で、蒸し野菜鍋を楽しむことができる。

味噌とマヨネーズの組み合わせが最高

たとえば、蒸し野菜鍋につける味噌ベースのタレの中では、やはり、味噌とマヨネーズを合わせたものが最高といえる組み合わせになるだろう。味噌とマヨネーズという、野菜との相性が抜群同士の組み合わせなのだから、美味しくないわけがない。想像しただけでよだれものである。さらに、お好みで砂糖やすし酢を加えても、また違った味わいを楽しめる。
マヨネーズのほかには、めんつゆやごま油、生クリームとの組み合わせもおすすめできる。

2. 蒸し野菜鍋におすすめのタレ ポン酢ベース

鍋ものに欠かせないポン酢。蒸し野菜鍋とて例外ではない。味噌同様に、ポン酢そのものに蒸し野菜をつけても美味しくいただける。ポン酢は、野菜だけでなく、鶏肉や魚との相性もよい。ただ、毎回ポン酢だと、さすがに飽きが来るだろう。

ポン酢をベースに、さまざまな調味料や食材を組み合わせれば、味噌ベースのタレと同様、飽きることなく、毎回、新鮮な感覚で蒸し野菜鍋を堪能することができる。

ポン酢と梅肉の相性が抜群

さっぱりした味わいが魅力のポン酢は、同じくさっぱりとした味わいの梅肉との相性がよい。ただ、それだけだと酸味が強すぎてしまうので、それをマイルドにするために豆腐を加えることで、うまくバランスがとれる。あまりにも、絶妙なさっぱり加減に、それこそ箸が止まらなくなるくらい、いくらでも蒸し野菜を食べることができる。ぜひ試していただきたいおすすめのタレになる。

練りごま、みりん、酒粕との相性も良い

このほか、ポン酢は、練りごま、みりん、酒粕などとの相性もよい。ポン酢にそれらの調味料を組み合わせたタレは、とくに、酒のつまみとして蒸し野菜鍋を食べる際に、おすすめできる組み合わせになる。

3. 蒸し野菜鍋におすすめのタレ チーズベース

チーズをべースとしたタレにすれば、蒸し野菜鍋を、手軽にチーズフォンデュ風に楽しむことができる。タレ作りに使用するチーズは、ナチュラルチーズでもプロセスチーズでもピザ用チーズでも、なんでもお好みで選んでいただいてOKだ。さらに、いろいろな種類のチーズをブレンドすれば、タレのコクや味わいも深くなる。

チーズのタレの作り方

チーズのタレの作り方の手順は以下の通りだ。蒸し野菜鍋の野菜を蒸している間に、作っておくようにしよう。

1.厚手の鍋に、牛乳を入れ、沸騰させない状態で温める。牛乳の量は、加えるチーズとほぼ同量が一応の目安だ。

2.牛乳が温まったら火を弱め、そこにお好みのチーズを加えてよく混ぜ合わせる。 少量ずつ加えながらダマにならないようによく混ぜ合わせよう。

3.片栗粉と同量の牛乳で溶いたものを少しずつ加えて混ぜとろみをつける。混ぜる際に、泡だて器を使えば、ツヤよくなめらかな仕上がりになる。

あとは、塩コショウで味を調えればできあがりだ。パンともよく合うので、蒸し野菜と一緒にパンにもつけて召しあがれ!

結論

飽きることなく蒸し野菜鍋をお楽しみいただくべく、おすすめのタレについて紹介した。試してみたいと思うタレがあっただろうか。今回紹介したタレをベースに、いろいろとアレンジしてもOKだ。実際に試して、自分のベストといえるタレを見つけていただければ幸いだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ