このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
担々麺を作るなら素麺(そうめん)が一押し!その理由と美味しい食べ方を解説

担々麺を作るなら素麺(そうめん)が一押し!その理由と美味しい食べ方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年9月29日

担々麺はラーメンに使われる中華麺を使って作るのが基本的なスタイルである。生の麺をお湯で2〜3分ほど茹でて、湯切りしてから器に盛ればOKだ。生麺のメリットは茹で時間が短いという点だろう。乾麺は長期保存に向いているが、茹でる時間が長い。しかし、素麺であれば乾麺でも比較的すぐに茹であがる。ここではそんな素麺を中華麺の代わりに使ったアレンジレシピを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 担々麺に素麺を使うメリットは?

素麺は小麦粉を原料とした麺類で、日本だけではなく東アジア各国で食べられている。日本では夏の風物詩となっており、のどごしがつるんとしていて食べやすいことから暑い夏の定番料理として親しまれている食品だ。

素麺も中華麺にも小麦粉が使われている。大きく違うのは中華麺にはかんすいが添加されており、これが独特の食感や風味を生み出しているのだ。素麺には小麦粉のほかに食塩や少量の油が使われる。

素麺の特徴は、のどごしのよいツルッとした食感だ。食欲のないときでも食べやすく、いろいろな味と合わせやすい。クセのないシンプルな味と、食べやすい食感がメリットだといえるのではないだろうか。

また、素麺は麺類のなかでも比較的短時間で茹でることができる。沸騰したお湯で1分半~2分程度が目安だ。もし急に担々麺を食べたくなったときに中華麺がなくても、素麺ならすぐに食べられるので、いざというときのためにストックしておこう。

2. 担々麺の素麺アレンジの食べ方

担々麺は、豆乳や豆板醤で作った温かいスープのなかに中華麺を入れて肉味噌をのせた料理だ。普通担々麺というと温かいものを指すが、冷たい麺としても食べられる。ここでは素麺を使って担々麺を作る場合、それぞれのポイントについて見ていこう。

温かい素麺アレンジ担々麺を美味しく食べるためのポイント

素麺は麺が早く茹でられることをメリットとしたが、反対にデメリットとしてのびやすいことも挙げられる。一度に大量の麺を器に入れてスープをかけてしまうと食べている途中で麺がのびてしまうので注意しよう。おすすめは、スープを小さめの器に入れて、つけ麺風にして食べる方法だ。素麺は茹でてから皿などに盛り付けておき、食べるときにスープの入った器に入れるようにすると、麺ののびを防いで最後まで美味しく食べられる。

冷たい素麺アレンジ担々麺を美味しく食べるためのポイント

冷たい素麺というと、ねぎや大葉などと一緒にめんつゆで食べるあっさりとしたものが多い。もう少しアレンジをしていろいろな素麺を試してみたいときには、担々麺風にして食べるピリッと刺激のある素麺も試してみてほしい。冷たい担々麺風で素麺を食べる場合は、スープや肉味噌の味を濃いめにしておこう。スープは温かい麺を食べるときよりも少量で、冷やし中華のようなイメージだ。冷たいスープをかけた麺の上に肉味噌をのせて、白髪ネギをトッピングすれば見ためもゴージャスで美味しそうな冷やし担々麺の完成である。

3. 担々麺に素麺が向いているのはどんな場面?

担々麺は一般的に中華麺を使用する料理だ。しかし、ときどきアレンジ料理で素麺を使った担々麺レシピも見かける。中華麺の代わりに素麺を使うのはどんなタイミングがよいのだろうか。

1.中華麺がないとき

中華麺は乾麺と違って、茹で麺や生麺の場合が多い。乾麺との大きな違いは、賞味期限が短く保存がしづらいという点だ。わざわざスーパーへ中華麺を買いに行くのが面倒だったり、買い置きした素麺が自宅で眠っていたりする場合には素麺を使って担々麺を作ってみよう。

2.のどごしのよいものが食べたいとき

中華麺はかんすいと呼ばれる食品添加物を使って作られる。これは中華麺の独特の食感や味を出すためのものだ。麺類は大体食感のよいものが多いが、とくに素麺はのどごしのよさに定評がある。これは、麺自体が細いため、食べやすかったり、消化がしやすかったりという理由からではないだろうか。ただし、担々麺自体は辛味を持つ料理なので、胃腸に優しいかといえば決してそうではない。消化機能が低下しているときは、担々麺の辛味を抜いたアレンジがおすすめだ。

3.暑い日に冷やし担々麺で

素麺は代表的な夏の食べ物だ。暑い日にはつい素麺が食べたくなるが、めんつゆだけでは飽きてしまう。そんなときのアレンジメニューとして、素麺を使った冷やし担々麺がおすすめである。冷やした素麺をたっぷりの肉味噌に絡めて美味しく食べてみよう。

結論

素麺は味にクセがないので、どんな味付けでも馴染みやすくアレンジの幅が広い食材だ。素麺は材料や製法など、知れば知るほど面白い。普通の中華麺で坦々麺を食べるのに飽きたなというときには、素麺を使った担々麺にチャレンジしてみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ