このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】ザッハトルテのカロリーと糖質|栄養図鑑

【管理栄養士監修】ザッハトルテのカロリーと糖質|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年1月20日

高カロリー食材として知られるチョコレートをふんだんに使用したザッハトルテのカロリー値は、とても高いことが予想される。実際カロリーや糖質量はどのくらいなのだろうか。今回は、ザッハトルテのカロリー・糖質・カロリーオフレシピを紹介していく。ダイエット中の人・カロリーを気にしている人で「ザッハトルテを食べたい」という人は必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ザッハトルテのカロリー値を確認しよう!

ザッハトルテは、ガトーショコラやチョコレートブラウニーと並んで、チョコレートを使用したケーキとして有名だ。魅力的な見栄えだが高カロリーが懸念され、食べるのを避けるという人も多いのではないだろうか。ここではザッハトルテ、ガトーショコラ、チョコレートブラウニーの1人分あたりのカロリーを紹介していく。

ザッハトルテのカロリー比較

ザッハトルテ[328kcal]
ガトーショコラ[370kcal]
チョコレートブラウニー[407kcal]

ガトーショコラやチョコレートブラウニーと比べるとザッハトルテはまだカロリーが低いようだ。大量に食べるのはあまりおすすめできないが、適量を食べる分においては、神経質になりすぎる必要はないカロリー値だ。

2. 栄養も摂取できる!ザッハトルテに含まれた成分とは?

ザッハトルテにはチョコレートがたっぷり使用されているため、さまざまな栄養素を摂取することができる。その中で、含有量の多い3つの栄養素について紹介していく。

モリブデン

チョコレートや大豆などの豆類に豊富に含まれているモリブデン。人の身体には少量しか必要とされていない栄養素だが、不足した場合頭痛や頻脈などの症状が現れる。ただし、欠乏症になることは稀なので、敏感になる必要はない。

セレン

卵や魚、肉などに豊富に含まれているセレン。ミネラルの一部で、甲状腺ホルモンを正常に作用させる働きをする。セレンも欠乏症がほぼ起こらないが、中国では、セレン欠乏症が風土病として残っている地域があるようだ。

ビタミンA

バターやホイップクリームなどの乳製品、肉などに含まれているビタミンAは、鼻や喉などの粘膜を正常に保つ働きをする。不足した場合感染症や風邪などの発症リスクが高まるため適度に摂取しなければならない。またビタミンのうち、ビタミンBやビタミンCは「水溶性ビタミン」といわれ、過剰に摂取した分は排泄される。しかしビタミンAは「脂溶性ビタミン」に分類され、過剰に摂取しても排泄されず、体内に蓄積するという特徴をもつ。

3. ダイエット中は食べても大丈夫?ザッハトルテの糖質

上品かつ高級感のあるスイーツザッハトルテだが、カロリー同様に高糖質が懸念される。ここではザッハトルテの糖質について紹介していく。

ザッハトルテの糖質は高め

チョコレートを絶え間なく使用しコーティングされているザッハトルテは、1ホールで約305gの糖質値になる。それを切り分け1人前の分量にしたとき1切れあたり約38gとなる。ダイエット中の人からすると気軽に食べることができない数値であろう。ケーキの王道ともいわれるショートケーキの糖質が約32gなので、生クリームを多量に使用しているショートケーキよりはザッハトルテのほうが少し高いようだ。

4. ザッハトルテをカロリーオフで食べる2つの方法

最近では超低カロリーのザッハトルテが販売されているが、基本的に市販で販売されているザッハトルテは高カロリーだ。しかし手作りする場合はカロリーを抑えることができる。ここではカロリーオフしたザッハトルテの作り方の2つのポイントについて紹介していく。

生クリームを使用しない

ザッハトルテは生地の間に生クリームを挟み、外側のチョコレートと内側の生クリームで絶妙な味わいを演出している。低カロリーでザッハトルテを食べたいという人は、内側に使用されている生クリームを除くことで大幅にカロリーを下げることができる。多少物足りなく感じる人もいるが、低カロリーでザッハトルテを食べるためには避けられない方法のひとつといえよう。

減塩や無糖材料を使用する

最近ではバターやチョコレートなどで減塩や無糖といった商品が発売されている。これらを使用することでも低カロリーのザッハトルテを実現させることができる。手軽に行うことができるので、ぜひ一度試してみてほしい。

結論

数百年の歴史をもつ伝統的なスイーツ、ザッハトルテ。カロリーや糖質値は高めのため、ダイエット中の人にはあまりおすすめできないが、カロリーオフする方法もある。とはいえ、カロリーや糖質を気にし過ぎることなく、歴史あるスイーツの美味しさをぜひ堪能してほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >