このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏肉と大根を使ったスープがおすすめ!鶏大根のリメイクとして作るのもあり

鶏肉と大根を使ったスープがおすすめ!鶏大根のリメイクとして作るのもあり

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年1月 2日

鶏肉と大根を使ったスープは、鶏肉のたんぱく質などの栄養をしっかり摂れるほか、大根の歯ごたえを楽しむのにもちょうどよい。最初からスープとして作るのもよいが、ほかにも鶏や大根の楽しみ方がある。また、具材によっても味わいを変えられる。本記事では、鶏肉と大根のスープについて、おすすめの味付けや作り方、具材について紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鶏肉と大根を使った料理の定番には、鶏大根のほかにもスープがある!

鶏肉と大根を使った料理、と考えると煮物をイメージしがちだが、鶏肉と大根のスープも定番のひとつだ。レシピは基本的には単純で、主に鶏もも肉や薄く切った大根をスープで煮込む。切り方によっては大根の固さが取れにくいかもしれないが、じっくり時間をかけて煮込めば問題ない。もし時間がなければ、薄めに切っておけばよい。スープの味付けにも種類があるが、よく作られるのは鶏ガラスープをベースとした塩味のスープだ。鶏肉との相性はもちろんよいほか、大根もさっぱりとした味で食べることができる。自分で鶏ガラスープを取れば非常に美味しいが、顆粒の出汁などを使っても美味しく仕上げられるはずだ。

2. 鶏大根のリメイクでスープを作っても美味しい

煮物の定番のひとつである鶏大根が余ったら、もちろんそのまま保存して、温め直して食べるのもよい。しかしここで、鶏肉と大根のスープにリメイクして食べることもできる。煮汁がスープとして飲むには濃過ぎるかもしれない。その場合、たとえば出汁を別途用意して割れば、煮汁の風味を残しつつさらに旨みを足すことができる。鶏大根は、定番のレシピであればしょうゆやみりんで和風の味付けをしているはずだ。それら調味料の味わいを、薄めの味で楽しむのもよい。また、鶏肉や大根には煮汁の旨みがたっぷり残っている。スープの薄味と、具材のしっかりした味の対比を楽しんでもよいだろう。鶏大根は意外とボリュームがあるため、意図せず残ってしまうこともある。その場合は、スープへのリメイクを試してみてはいかがだろうか。

3. 鶏肉と大根の味をより引き立てる、おすすめの追加具材

鶏肉と大根のスープには、シンプルな味付けももちろん合う。しかし、加える具材によっては、より豊かな風味を楽しむこともできる。ぜひ入れてみたいおすすめの具材を、いくつか紹介していく。

ささがきごぼう

ごぼうと鶏肉の相性はバツグンだ。鶏肉を使った煮物には、ごぼうを入れるのが定番といってもよいだろう。スープも例外ではなく、鶏肉や鶏ガラスープの味と、ごぼうの組み合わせはおすすめだ。厚く切って歯ごたえを出してもよいが、それではせっかくの大根の食感を覆ってしまう。そこで、ごぼうを薄くささがきにして、あくまで脇役として入れてみてはどうだろうか。ごぼうの風味を足して落ち着いた味わいにしつつ、鶏肉と大根の食感を主役としてしっかり楽しめるはずだ。

香味野菜

シンプルなスープには、香味野菜がよく合う。複数の種類を入れれば、複雑で豊かな香りを楽しめるはずだ。定番は、ねぎやしょうがだ。さわやかな香りを足して、スープをより一層あっさり感じさせるのにちょうどよい。ただしそれだけでなく、アクセントとして刻んだ、あるいはすり下ろしたにんにくを入れてみるのもよい。スープ全体の香りが強くなり、ボリューム感たっぷりの一品にできる。日中食べるのは躊躇するかもしれないが、たとえば帰宅してから夕食に食べる分には問題ないだろう。スープをあっさり料理にするも、食べごたえのしっかりある料理にするも、あなた次第だ。好みに応じて自由に作っていただきたい。

結論

鶏肉と大根のスープは、具材をあっさりと食べるのにちょうどよい料理だといえる。しかし一方で、たとえば鶏大根をリメイクしてスープにすれば、食材にしみ込んだ煮汁の味わいを楽しむことができる。また、ごぼうや香味野菜などを追加することにより、歯ごたえや食べごたえを調整することもできるはずだ。アレンジの幅は意外と広い。ぜひ何度か作り、お気に入りの楽しみ方を見つけていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >