このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

だし巻き卵はめんつゆで簡単に味付け!注意したいポイントまとめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年1月 2日

だし巻き卵の味付けの命は、何といってもだしだ。できればこだわりたいが、忙しかったり面倒だったりで手が回らないこともあるだろう。しかし、代わりにめんつゆを使えば、簡単にだし巻き卵に味を付けることができる。本記事では、めんつゆを使っただし巻き卵の味付けのポイントおよび注意点について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. めんつゆは、だし巻き卵の味付けの定番である白だしと近い味を持つ?

だし巻き卵の定番の味付けは、白だしだ。これは、だしにしょうゆやみりん、砂糖などを足したもので、見ためのわりに味が濃い。これがだし巻き卵のしっかりとした味につながっている。ここでめんつゆについて考える。めんつゆは、主にだしとしょうゆなどの調味料が混ぜ合わせられている。したがって、配合こそ違うものの、めんつゆは白だしと似たような系統の味付けに使うことができるといえる。美味しさのイメージも何となくつくのではないだろうか。白だしは市販もされているものの、煮物を頻繁に作る人以外買う機会も多くはないはずだ。一方、めんつゆをストックしている人は比較的多いのではないだろうか。そのため、めんつゆを使うハードルは決して高くないはずだ。白だしの代わりとしてめんつゆを使い、手軽にだし巻き卵の味付けをしたい。

2. だし巻き卵の味付けはめんつゆだけでも美味しい、しかし味の工夫もOK!

めんつゆは簡単に味付けに使えるが、配合が白だしと違うため、そのままでは味付けも当然違うものになる。もちろんめんつゆだけでも十分美味しく仕上がるため、気にならない人はまったく問題ない。ただ、より白だしに近い味にしたいという人は、ひと工夫する余地がある。たとえば、めんつゆにみりんや砂糖、好みによっては酒を少し入れてみる。うまくいけば、白だしに近い味を出すことができるだろう。より近い味にしたいなら、白だしの配合を調べるところから始める必要があるが、最初からこだわり過ぎるのもよくない。まずは、めんつゆに少し調味料を足して、味を調整する、という実践を経験することから始めるのがおすすめだ。慣れてくれば、何を足せばどんな味になるか、という感覚が徐々に身に付いてくるだろう。こだわるのはその後でも問題ない。先述のように白だしの味に近付けるのもよいし、より甘め、あるいは薄めの味付けを目指すのもよい。めんつゆの商品によっても味は変わるため、さまざまなめんつゆを試してみるのも面白いだろう。そのうち、めんつゆが時短の手段ではなく味付けのベースになるかもしれないが、それもよいのではないだろうか。

3. めんつゆをだし巻き卵に使う前に、濃縮を要確認!

めんつゆを使うにあたり、基本的ではあるが最も要注意なのは、濃縮だ。市販のめんつゆは、ストレートのものもあるが、濃縮されているものも多い。しかも何倍に濃縮されているかは、メーカーや商品によってまちまちだ。レシピなどを参考にめんつゆの量を測る際、濃縮を考慮に入れないと味が濃くなり過ぎて、あるいは薄くなり過ぎてしまう。たとえ食べられる範囲の濃さであっても、塩分過多になる可能性が高い。安心して食べるためにも、使おうとしているめんつゆは何倍濃縮なのか、必ず確認する癖をつけよう。そこさえ気を付ければ、味付けに失敗することはそうないだろう。ちなみに、今回のようにめんつゆを料理に使う際は、ストレートだと減りが速いため、濃縮されたものを買うことをおすすめする。めん料理に使う場合も、水で薄めればよいだけなので簡単だ。

結論

だし巻き卵の味付けに手間をかけたくない場合、めんつゆを使えば簡単に味付けできる。味はめんつゆ独特のものになるが、それも美味しいため問題はないはずだ。もし味付けにこだわるなら、めんつゆをベースとして好みの調味料を加えてみるのもよい。めんつゆの濃縮にさえ気を付ければ、たいてい美味しく仕上げられるはずだ。まずはめんつゆを使って、手軽にだし巻き卵を仕上げていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ