このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

自家製【ヨーグルト】を作ろう!ヨーグルトメーカーが断然おすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年1月10日

「腸活」という言葉が登場してから、習慣的にヨーグルトを摂取する人が増えている。しかし、ヨーグルトを毎日買っているとお金がかかり、続けられなくなる人も出てくるだろう。できるだけコストをかけずにヨーグルトをとり入れたい人にぴったりなのがヨーグルトメーカーだ。ここではヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを作る方法や、注意点などについてみていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを作るメリットは?

腸は身体のなかにある免疫細胞の約7割が存在しているとされ、腸をケアすることが体調管理につながると考えられている。 市販のヨーグルトにはさまざまな乳酸菌やビフィズス菌が含まれており、それぞれ機能が異なる。目的に合ったヨーグルトを選べるが、デメリットはコスト面ではないだろうか。 たとえば1個売りのヨーグルトであれば、約100円が相場となっている。1ヶ月間毎日食べ続けるとすると、ヨーグルトだけで3000円かかる。家族が多ければ数倍に膨れあがり、食費を圧迫してしまう。

ヨーグルトメーカーはコスパよし

コスト面を考えると、大きめサイズのヨーグルトを買ってとり分ける方法もあるが、さらに安く済ませたい人にはヨーグルトメーカーをすすめたい。 ヨーグルトメーカーを使うメリットは、手軽で簡単にヨーグルトを作れること、安く大量にヨーグルトを作れることが挙げられる。ヨーグルトメーカーを購入するときにはお金がかかるが、毎日ヨーグルトを食べるのであれば、自家製ヨーグルトを作るほうが節約になる。家族が多い家庭や、毎日ヨーグルトを食べたいという人は、市販のヨーグルトを購入するよりもヨーグルトメーカーを購入するほうがお得な場合が多いだろう。

ヨーグルトメーカーの価格は?

ヨーグルトメーカーは5000円ほどで購入できる。市販のヨーグルトを買う場合と価格を比べ、長期的にお得なほうを選んでみよう。ヨーグルトメーカーはさまざまなメーカーから販売されている。温度設定が細かくできるものやタイマー付きのものなど、機能はそれぞれ違うので、自分のほしい機能や価格帯に合わせて好みの商品を探してみよう。

2. ヨーグルトメーカーを使ったヨーグルトの作り方

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作るのは簡単。基本の材料は牛乳とヨーグルト、砂糖のみである。ヨーグルトは固形のものでも作れるが、牛乳と混ぜやすいドリンクタイプのヨーグルトもおすすめだ。

少し温めた牛乳に、種菌となるヨーグルトと砂糖を加えてよくかき混ぜる。ヨーグルトメーカーの容器をセットして、保温する。最後にヨーグルトを冷蔵庫で冷やし、固まったら完成だ。自家製ヨーグルトは酸味が増すことが多い。食べるときに酸っぱさを感じた場合は、砂糖を入れて調整しよう。

3. ヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを作る場合の注意点

ヨーグルトは乳酸菌だけではなく、雑菌も増殖しやすいデリケートな食品である。普段の料理を作るとき以上に、衛生面では気をつけておきたい。ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作るときの注意点を見ていこう。

清潔な器具を使用する

ヨーグルトは牛乳を乳酸菌で発酵させて作るので、雑菌を入れないことが重要なポイントである。かき混ぜるときにきれいなスプーンを使ったり、手をきれいに洗ってから作ったりと清潔を心がけよう。

材料に雑菌が入らないように

牛乳にヨーグルトを加えるときにも注意が必要だ。ヨーグルトを一度ほかの容器に移してしまうと雑菌が入るリスクが高まってしまう。ヨーグルトの入っていた容器からヨーグルトメーカーの器具へ直接注ぐのがよい。また、一度開封した市販のヨーグルトは雑菌が入るリスクが高い。次のヨーグルト作りに回さずそのまま食べきってしまうほうがよいだろう。

4. ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作っても乳酸菌は増えない?

市販のヨーグルトはさまざまな健康効果が謳われる。そのようなヨーグルトを種菌とすれば、同じ効果が得られると考える人もいるだろう。 しかし、実際にはヨーグルトメーカーでは特殊な菌までは増やせないとされている。

たとえば、一般家庭ではR-1乳酸菌が作り出すEPSと同等の量を作りだせない。カプセル錠のビフィズス菌SP株入りのヨーグルトを種としてヨーグルトを作った場合も、カプセルは上に固まってしまう。特別に添加された成分を家庭で増殖させるのは難しいといえるだろう。 乳酸菌の効果を期待する場合は、市販のヨーグルトを毎日食べ続けるほうが確実といえるのではないだろうか。

結論

ヨーグルトメーカーは家で手軽にヨーグルトを作れる調理家電だ。牛乳とヨーグルトがあれば大量にヨーグルトを作れ、節約になる。しかし、市販品と同様の効果が得られるとは限らない。ヨーグルトメーカーの正しい使い方を知り、家でのヨーグルト作りを楽しんでみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ