このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【マックポテト】のアレンジ3選!オリジナルのアレンジをしてみよう

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年1月26日

マクドナルドの定番中の定番「マックポテト」はそのままでも美味しいが、いろいろなアレンジができることをご存知だろうか。アレンジを加えることで、いつものポテトと違った味わいが楽しめ、さまざまな料理に早変わりするのだ。今回はそんなマクドナルドのポテトの魅力やアレンジ方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マクドナルドのポテトの魅力

ポテトの細さと塩味がクセになる

マックのポテトの魅力は、何といってもポテトの細さと絶妙な塩加減ではないだろうか。ポテトは店によって太さが違う。マックのポテトは細くストレートな形をしているのが特徴だ。持ちやすく、ついつい手が伸びてしまう不思議な魅力がマックのポテトにはある。カリっとした独特な食感も魅力で、揚げたてを楽しみたいという人も多いだろう。

栽培方法のこだわり

マックのポテトが不動の人気を集めるのは、マクドナルドのこだわりがあるからだ。ポテトに使用されているじゃがいもは、アメリカのワシントンにある農場で栽培されたものを使用している。徹底した品質管理をしており、農薬不使用で土壌や水質にもこだわった環境で育てられたじゃがいものみを使用しているのだ。収穫したじゃがいもを保管する際も、土の中と同じ環境で保管し、じゃがいもの品質を常に保っている。そのため、世界中の店舗に確かな品質のじゃがいもを使ったポテトを届けることができるのだ。

下揚げが美味しさの秘訣

マックのポテトは短すぎたり、色の悪かったりするポテトがないように機械と人の手によって徹底管理されている。そして、マックのポテトの独特の食感の秘密はカットしたポテトを下揚げしていることにより生み出されている。工場で下揚げをしていることで、マックのポテトならではの食感が生まれ、店舗での揚げ時間の短縮にも繋がっているのだ。ポテトを揚げる油にもこだわり、トランス脂肪酸を含まない植物油を使用しているのも特徴だ。マックのポテトの魅力はそんなこだわりの中から生まれた美味しさなのだ。

2. マックポテトおすすめアレンジ1

ポテトグラタン

マックのポテトが余ったり、冷めたりしてしまったら、ポテトグラタンにアレンジするのがおすすめだ。作り方は簡単で、余ったマックのポテトを耐熱容器に入れて、ハーブミックスソルトとマヨネーズをかける。さらに溶けるチーズをのせてトースターで5分焼くだけだ。冷めたポテトも温かくなるうえに、チーズが絡まり絶品のポテトグラタンになる。おやつやつまみにもピッタリのアレンジ方法だ。

3. マックポテトおすすめアレンジ2

ジャーマンポテト

マックのポテトを持ち帰り、余った際にはジャーマンポテトにアレンジしてみてはいかがだろう。フライパンにカットしたベーコンを入れ、こんがりするまで炒める。そこへ、マックのポテトを入れて、ポテトが温まってカリッとするまで炒め、パセリやこしょうで味付けしたら完成だ。冷めたマックのポテトも再度炒めることで、カリッとした食感がよみがえるのでおすすめのアレンジ方法だ。ベーコンをプラスしていることで、ボリュームも出ておかずにもなる一品だ。

4. マックポテトおすすめアレンジ3

ポテトオムレツ

マックのポテトをオムレツにアレンジするのもおすすめだ。卵を器に入れて溶きほぐす。フライパンでポテトをカリッとするまで炒め、溶き卵を加えたら、中火で焼き、チーズを好みで入れる。卵を裏返したら強火にして15秒焼いたら完成だ。マックのポテトが残ったら次の日の朝食などに作ってみるのもよいだろう。ポテトの旨みと卵の相性がバツグンで、好みでケチャップをかけて食べるのもおすすめだ。マックのポテトは残ったら、そのままにするのではなくアレンジを加えるのがよいだろう。

結論

マックのポテトは誰もが一度は味わったことがあるのではないだろうか。そんなマックのポテトの美味しさの秘密は、使うじゃがいもから揚げ方までマックのこだわりが詰まっているからだ。マックのポテトはそのまま食べても十分美味しいが、自宅に持って帰ってアレンジを加えて食べるのもおすすめだ。アレンジをすることで冷めたポテトを美味しく食べることができるので、ぜひ試してみていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ