このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ヨーグルトの【ガセリ菌SP株】とは?食べるタイミングやメリットを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年1月13日

ヨーグルトにはさまざまなタイプの乳酸菌が含まれることで知られているが、「ガセリ菌SP株」という名前を聞いたことがあるだろうか。乳酸菌は目的に合わせて選ぶことが大切だ。ここではガセリ菌SP株の性質や働きなどについて見てみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ガセリ菌SP株が含まれているヨーグルトとは?

ガセリ菌SP株は、雪印メグミルクの商品に使われている乳酸菌である。ビフィズス菌SP株と合わせてガセリ菌SP株が配合されている「ナチュレ恵」のほか、ガセリ菌に特化したシリーズの「ガセリ菌
SP株ヨーグルト」がある。ガセリ菌SP株ヨーグルトは、通常のヨーグルトタイプとドリンクタイプの2種類あるが、それぞれ味の展開が多いので飽きずに楽しめる。

ガセリ菌SP株ヨーグルトの特徴

ガセリ菌SP株ヨーグルトのフレーバーはプレーン、ベリーミックス、アロエ、生乳仕立ての4種だ。ドリンクタイプではプレーンのほか、ベリーミックス、マスカットが楽しめる。いずれも内容量は100g、希望小売価格は110円、賞味期限は18日だ。

ガセリ菌SP株ヨーグルトのカロリー

エネルギー量は固形タイプが1個あたり35kcal、ドリンクタイプが36kcalと低いのもうれしい。固形タイプのプレーンヨーグルトは、特定保健用食品の許可表示がされており、砂糖不使用・脂肪ゼロというのも安心だ。

2. ガセリ菌SP株に期待されている働きは?

ヨーグルトを健康管理のためにとり入れる人が増えているが、ガセリ菌SP株入りのヨーグルトにはどのような働きが期待されているのだろうか。 ガセリ菌SP株の作用を調べた研究実験の結果を見ていこう。

内臓脂肪の減少

ガセリ菌SP株入りのヨーグルトを12週間摂取して内臓脂肪の減少を調べた実験では、摂取前に比べて内臓脂肪が有意に減少したという。ガセリ菌SP株ヨーグルトのパッケージにも「内臓脂肪を減らすのを助ける」と記載されており、特定保健用食品としての許可をとっている。だからといって暴飲暴食をしても安心というわけではない。乳酸菌の力を借りながらも、食生活には十分な配慮が必要だ。

整腸作用

ヨーグルトには整腸作用があることで知られているが、ガセリ菌SP株にも整腸作用が期待されている。ガセリ菌SP株の摂取によって、排便回数や排便量、においなどの改善が期待できるようだ。

寿命延長作用

ガセリ菌SP株はミトコンドリア機能の低下を抑制する作用があるといわれている。また、マウスを用いた実験により、ガセリ菌SP株は免疫応答や炎症反応制御に関わるシグナル伝達経路に働き、酸化ストレスに対する抵抗性を向上させることがわかっている。線虫を用いた実験では、寿命の延長作用が確認できたそうだ。

インフルエンザウイルス感染後の重症化予防

ガセリ菌SP株によって、インフルエンザワクチン接種後のウイルスに対する抗体産生が促進されること、免疫細胞であるナチュラルキラー細胞が活性化されることが確認されている。ガセリ菌SP株は生体防御機能を高め、インフルエンザにかかりにくくしたり、罹患した場合の重症化を防ぐ効果が期待されている。

3. ガセリ菌SP株入りヨーグルトを摂取するコツはある?

乳酸菌は胃酸に弱い性質を持つので、乳酸菌を摂取するときはタイミングも重要だと考えられている。ガセリ菌SP株を始め、ヨーグルトの効果を高めるためには、胃酸が薄まっていて影響を受けにくい食後の摂取がおすすめだ。

オリゴ糖を合わせてとる

乳酸菌は食物繊維やオリゴ糖をエサとして増殖が促される。ヨーグルト単体で食べるのではなく、これらの食品を一緒に摂るのが理想的だ。果物にかけて食べたり、野菜用のドレッシングにアレンジしたりして、食物繊維と一緒に摂るとよりよいだろう。

気長に続ける

乳酸菌の効果は速攻で得られるわけではない。毎日続けていくことで徐々に実感が得られるだろう。ヨーグルトが自分の体質に合うかどうかを知るために、とりあえずは2週間ほど試してみてから続けるかどうかを考えてみよう。

結論

ガセリ菌SP株は雪印メグミルク独自の乳酸菌である。ガセリ菌SP株を使用したヨーグルトは特定保健用食品として許可されており、安心度も高い。ガセリ菌SP株は「内臓脂肪を減らすのを助ける」といわれているが、毎日継続して摂取すると同時に普段の食生活にも十分に気をつけていこう。※価格は2020年1月時点のもの
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ