このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【とん平焼き】とは?大阪発祥のB級グルメはもはや全国的な人気!

【とん平焼き】とは?大阪発祥のB級グルメはもはや全国的な人気!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年2月12日

「とん平焼き」は大阪発祥のB級グルメである。お好み焼き同様に、豚肉とキャベツをはじめとする野菜、そしてマヨネーズとソースの濃厚な味わいを特徴としている。とん平焼きの歴史や味わいを始めとする魅力について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 戦時中にまでさかのぼるとん平焼きの歴史

最近は全国的な人気を博しつつあるとん平焼きであるが、お好み焼きに比べると知名度はまだまだ高いとはいえないだろう。それゆえに、より大阪に根づいたB級グルメの感が深いとん平焼き、その誕生の経緯を追ってみよう。

本とん平の創業者の経験から生まれたメニュー

とん平焼きは、いか焼きやねぎ焼きと並んで大阪のご当地焼き代表とみなされている。その誕生は、戦時中にまでさかのぼる。戦時中に捕虜となってロシアに拘留された男性が、戦後に大阪北区に「本とん平」を創業した。その際に看板メニューとして登場したのが、とん平焼きである。いいつたえによれば、創業者の主人がロシアに拘留されていたとき、ロシア人が食べている料理からインスピレーションを得たのだという。
現在も、同店のとん平焼きは創業当時とレシピはまったく同じである。名前の由来は、「豚」を「平ら」にして焼いたものというところに発している。ちなみに、「本とん平」には牛肉を使ったとん平焼きも存在するものの、現当主も「豚肉のほうが安くて美味しいですよ」とおすすめするのだとか。また、味つけとなるのはマヨネーズと同店特製のピリ辛ソースであるが、このピリ辛ソースのレシピは秘伝の秘とされている。とん平焼きの祖となった「本とん平」は、創業60年を経て健在である。

2. 典型的なとん平焼きの形状と味

とん平焼きという名から、豚肉を使用することは察せられる。しかし、とん平焼きを味わったことがない人にとってはその味は未知のものである。典型的なとん平焼きの形状や味はどのようなものなのだろうか。

とん平焼きはめでたい小判型

とん平焼きは、現在はさまざまな形状や種類が存在する。大手の粉ものメーカーからは、簡単にとん平焼きができるセットなども販売されている。とん平焼き本来の形状は、小判型をしている。小判型に敷いた生地の上に豚のロース肉やキャベツをのせ、溶き卵をまとわせる。最後に、ケチャップやマスタード、マヨネーズやソースをふんだんにのせてできあがる。

卵のまろやかさ、ソースのピリ辛感が絶妙な一品

豚肉やキャベツなどの具材を包み込む卵のまろやかさと、あとからやってくるソースのピリ辛感が絶妙というのが、とん平焼きファンの語るところである。
自宅でとん平焼きを作る場合には、豚のロース肉の代わりにバラ肉などを使用したり、野菜も好みで混ぜることができる。本場大阪のこってりとした味つけのとん平焼きではなく、自宅で好みの味つけをして食べることができるのである。
また、市販のとん平焼きセットを使用すれば、チーズやハム、好みの野菜を加えたり、野菜サラダ風に楽しむこともできる。ねぎやしそなどを加えれば、より香りがきいたとん平焼きとなる。バラエティーはまさに無限といったところだろう。

3. とん平焼きのカロリーや栄養は?

こってりとした味わいが特徴のとん平焼きは、1人分のカロリーが350kcal前後になるといわれている。とはいえ、使用する豚肉などの具材やソースの多寡によってこの数値は異なってくる。
豚肉とキャベツがメインの具材であることから、たんぱく質やビタミンB1、ビタミンC、食物繊維などが含まれている。また、卵もとん平焼きの必需品であるため、ビタミンB2も摂取できる。豚肉の脂肪分は、使用する部位によって異なる。カロリーダウンを目指す人は、豚肉の脂肪分を減らし、キャベツやもやしなどの野菜を増やすのがコツとなるだろう。

結論

戦時中にロシアに拘留された「本とん平」の創業者によって考案されたとん平焼きは、大阪に発祥を持つ粉ものグルメとして全国的に知られるようになった。冷蔵庫に常備している食材で簡単に作ることができるため、さまざまなアレンジも施してぜひ試してみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >