このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
バーベキューの醍醐味【塊肉】を焼こう!美味しく焼けるコツとレシピ

バーベキューの醍醐味【塊肉】を焼こう!美味しく焼けるコツとレシピ

投稿者:ライター 炭本麻美(すみもと まみ)

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやま さおり)

2020年2月27日

キャンプは日頃の喧騒から離れ、のんびりと過ごしたいもの。中でも夕食はダイナミックで美味しいものを存分に食べるのも楽しみの一つだ。大きな塊肉をじっくりと焼き、切り分けて食べるキャンプ飯は誰しもが憧れるのではないだろうか。初心者でも美味しく、失敗しないコツとレシピを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 初心者もOK塊の肉を豪快に焼こう!おすすめの部位

塊肉=ブロック肉はスライスなどの加工をしていないので価格は牛肉であっても割とリーズナブル。一番のおすすめ部位は料理の使い道が広いサーロインだ。ステーキはもちろんローストビーフ、牛丼などに使用すると甘みがあり程よい脂身を美味しくいただける。また、赤身の多いリブロースもおすすめ。部位の中でも最も厚みがあり豪快さを味わえるキャンプ飯だろう。

2. 出発前に自宅でしておきたい、下ごしらえのコツとは

塊肉をキャンプ飯として上手に仕上げるには下ごしらえが肝心だ。現地で美味しく焼き上げるため出発前に下ごしらえをしておこう。牛肉や豚肉の塊肉であれば脂肪と脂肪の間に切り込みを入れ、フリーザーバッグなどに入れたら玉ねぎのすりおろしや塩こしょう、焼肉のたれなどに付け込み、冷蔵庫で保管をしよう。BBQ当日は冷やしたまま現地に持込み、焼く前は30分ほど常温に戻そう。柔らかく仕上がり、初心者キャンパーでもみんなを盛り上げることができるキャンプ飯になるはずだ。

3. 生焼けが心配?しっかり火が通る小技はコレ

下ごしらえした肉の中心にまで火を通し、美味しく仕上げるコツのひとつは「下ごしらえ」だと前述したが、もうひとつはアルミホイルに包むことだ。強火で焼き表面に焼色がついたら弱火の場所へ移動し、5~10分焼き上げる。その後アルミホイルで包み塊肉を休ませることで中まで火が通り生焼けを防ぐことができるのだ。アウトドア環境で食べるキャンプ飯だからこそ、しっかり火が通るコツを覚えておきたい。

4. 塊肉にぴったり!おすすめソースレシピ2種

1.玉ねぎソース
〇材料
・玉ねぎ1/4個
・醤油大3
・みりん大1
・砂糖大1/2
・酒小1
・にんにくチューブ3cm

〇作り方
すりおろした玉ねぎにすべての調味料を入れ弱火で煮込む。玉ねぎに甘さが出たら完成。肉にかけたり、カットした肉を付けていただこう。ダイナミックなキャンプ飯として食べたい塊肉にぴったりのおすすめソースである。

2.ローストビーフ用ソース
〇材料
・しょうゆ:大さじ3
・酒:大さじ1
・砂糖:大さじ1
・みりん:大さじ1
・酢:大さじ1
★バリエーションとして
・わさびお好み
・黒コショウお好み
・レモン汁小さじ1

〇作り方
ソースの材料を全て鍋に入れ煮込むだけ。焼き上げた塊肉をカットし、ソースをかけて頂く。肉の旨みが際立つソースだ。バリエーションとして辛みを入れると大人の味に。是非試してほしい。

5. 塊肉を使って必ず食べたいレシピ2選

1.ローストビーフ
〇材料
牛モモブロック・・・300g
塩コショウ・・・・・適量
アルミホイル

〇作り方
塩こしょうなど、下ごしらえをした塊肉を全体に焦げ目がつくまで表面を強火で焼く。焼けたら塊肉をアルミホイルで包み、30分ほど放置すれば完成。炭火の熱が強いと中まで火が通り過ぎるため炭から少し離して放置するのがポイントだ。初心者でも簡単にできるのでキャンプ飯のメイン料理として作ってみてはいかがだろうか。

2.ステーキサンド
〇材料
・牛肉
・レタス
・食パン(六枚切り)
・マヨネーズ:適量
・塩、黒コショウ適量
・BBQソース:大さじ2

〇作り方
塩こしょうした塊肉を焼き好みの厚さに切り分けたら、軽くトーストした食パンにマヨネーズをぬり、BBQソースを絡めた塊肉をレタスと共にはさむ。しっかりと肉のうまみを味わうことができるサンドイッチなので朝食やランチなどのキャンプ飯にいかがだろうか。

結論

塊肉は下ごしらえと焼き方のコツを掴めば簡単に美味しく仕上がるダイナミックな料理だ。誰しもが憧れる塊肉をキャンプ飯として豪快に食べるのはアウトドアの醍醐味。初心者にも簡単にできるので、是非とも柔らかくジューシーな塊肉に仕上げ、キャンプ飯のメインとして、アウトドアを盛り上げよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ