このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【ザッハトルテ】の作り方とは?自宅で簡単に作る方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年2月 3日

オーストリア発祥の伝統的なスイーツ、ザッハトルテ。チョコレートケーキとはひと味違い、チョコレートでコーティングされていることで高級感を感じさせるのが特徴。高級レストランなどで提供されるイメージのザッハトルテだが、自宅でも気軽に作ることができる。今回は自宅で簡単に作ることができるザッハトルテの作り方について紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ザッハトルテに欠かせない!使用するチョコレートの選び方

ザッハトルテの生命線ともいえるチョコレート。最近は、多種多様なチョコレートが販売されており、甘さや苦さなどもさまざまだ。チョコレートはカカオの含有量で味わいが全く異なる。カカオが30%のチョコレートは甘さ重視となっており、子どもからも人気を集めている。カカオが70%になると、苦味が強くなり、大人の味のチョコレートになる。ザッハトルテを作るときはカカオの含まれている分量なども気にしながら、チョコレートを選ぶとよいだろう。
見ためが大きく変化してしまうが、ホワイトチョコレートを使用することでよりマイルドなザッハトルテを作りあげることもできる。市販のザッハトルテと差別化することができ、自宅でも高級感溢れる一品へと変貌を遂げるだろう。

2. 作業をスムーズに!味にも影響が出るザッハトルテの下ごしらえ

手作りザッハトルテを作るにあたり、3つの下ごしらえをしておくとよい。
しなくても作ることは可能だが、よりスムーズに作りあげることができ、仕上がりの味もさらに美味しくなる。

バターを常温に戻す

冷蔵庫で保管してあるバターをそのまま使用すると、少し固くて扱いにくい。そこで下ごしらえの段階で冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておこう。

オーブンを温めておく

作業をスムーズに行うためにも事前にオーブン内を温めておこう。ザッハトルテの生地を入れるときには180℃となっておくようにする。

薄力粉をふるっておく

パウダー類をふるうことで、きめ細かくなり舌あたりがよくなる。また、細かくすることで水分を吸収しやすくなるという特性が働く。仕上がりもふっくらとしたザッハトルテができるだろう。

3. 自宅でも一流の味を実現!簡単にできるザッハトルテの作り方

自宅でも実現可能な高級感溢れる簡単ザッハトルテの作り方を紹介していく。

生地作り

ボウルにバター、グラニュー糖・湯煎したチョコレート・卵黄を入れ混ぜる。別のボウルで卵白とグラニュー糖を混ぜメレンゲを作っておく。チョコレートの入ったボウルにメレンゲを入れて軽く混ぜ、薄力粉を入れ、色が均一になるまで混ぜる。

焼きあげ

型に流し込んだザッハトルテをオーブンの中に入れる。時間をかけ40分ほど加熱していく。串などを刺し、中まで完全に焼きあがっていることを確認しよう。

仕上げ

焼きあがった生地を横からスライスし、間にチョコクリームなどの好みのクリームを挟んで、組み上げる。最後に新たに湯煎したチョコレートを生地の上から豪快にかける。コーティングしたチョコレートが冷え固まれば、ザッハトルテの完成だ。

結論

ザッハトルテは、中に挟むクリームやコーティングに使用するチョコレートを変えることで味をアレンジすることができる。間に挟むチョコレートクリームとコーティングにするチョコレートのカカオの度数を変更するのも面白いアレンジだ。使用する砂糖の量などで、カロリーも調整することができるので、ヘルシーなザッハトルテを作りたいという人にも手作りはおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ