このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】メープルシロップのカロリーと栄養素|栄養図鑑

【管理栄養士監修】メープルシロップのカロリーと栄養素|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年2月11日

メープルシロップは常備していると、ハチミツ同様にパンケーキやスイーツに使えて便利なのでおすすめだ。この記事では、メープルシロップのカロリーや糖質、栄養素について紹介する。ダイエット中の人や糖質制限中の人はチェックしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. メープルシロップのカロリー

メープルシロップのカロリーは100gあたり257kcal程度だ。メープルシロップはカエデなどの樹液などを抽出しパンケーキにかけるソースや調味料として人気だが、大さじ1杯で54kcalのため、ダイエット中の人には不向きだ。しかし、食べ方や使い方によってはそうとも言えない。

メープルシロップのカロリーを比較

メープルシロップのカロリーを甘味料と比べてみよう。いずれも100gあたりのカロリーである。
上白糖...384kcal
ハチミツ...303kcal
水あめ...328kcal
メープルシロップ...257kcal
甘味料のなかではメープルシロップのカロリーは控えめだが、食品全体を考えると低カロリー食品ではない。ただし、ダイエット中に甘いものを食べたいというときは、ハチミツや砂糖の代替品としてメープルシロップを使うとカロリーを抑えられる。1杯では大した差にはならないが、パンケーキなどでたっぷりかける場合は大きく変わってくるだろう。

2. メープルシロップの栄養

メープルシロップはほかの甘味料よりも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれている。身体の調子を整えるためにもビタミンは摂取したいところだ。メープルシロップに含まれる栄養素を詳しく紹介しよう。

カルシウム

メープルシロップ100gあたりにはカルシウムが75mg含まれている。カルシウムには骨や歯を強化し、イライラを防ぐ作用があるとされている。また、カルシウムには脂肪の吸収を抑える作用もあるため、実はメープルシロップは砂糖よりも、体脂肪になりにくい。ただし、必要以上に摂取するのはやめよう。

カリウム

メープルシロップには意外な栄養素も含まれている。それがカリウムだ。100gあたり230mg含まれている。カリウムは塩分の排出を促す作用があるので、塩辛い食べ物が好きな人を中心に重要な栄養成分だ。カリウムを摂取することで利尿作用が働き、むくみ対策にもなるようだ。

ポリフェノール

メープルシロップには最近注目されているポリフェノールも含まれており、抗酸化作用も見込まれている。

3. メープルシロップの糖質

メープルシロップの糖質についてはどうだろうか。メープルシロップは100gに対し66.3gの糖質が含まれている。100gあたりに含まれる糖質を比較すると、上白糖は99.3g、ハチミツは81.9g。メープルシロップの糖質は比較的低いことがわかる。むろん食べすぎには注意が必要だが、砂糖をメープルシロップに置きかえることで糖質オフが可能だ。また、脂肪になりにくい性質があるのもポイントである。

メープル風シロップには注意

しかし最近はメープルシロップに似ている「メープル風シロップ」が販売されており、それらは味付けをメープルシロップ風にしている甘味料なので気を付けたい。購入前にメープルシロップなのかどうかを確認するのがよいだろう。また、メープルシロップは長期保存をするのが難しいため、できるだけすぐに食べきる必要がある。もし食べきれないと思う場合は、サイズの小さいものを購入しよう。

結論

メープルシロップの栄養やカロリー、糖質について紹介した。メープルシロップはほかの甘味料に比べればカロリーは少なめだが、そもそもカロリーが高いことには変わらない。量や食べ方を工夫して、効果的に栄養を摂取するのがおすすめだ。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ