このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ダッチオーブンで燻製が作れるってホント?コツやレシピを大公開!

ダッチオーブンで燻製が作れるってホント?コツやレシピを大公開!

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしま ともみ)

2020年2月12日

アウトドアで燻製を作ることに憧れている方もいるのではないだろうか。燻製というと、専用の調理器具が必要だと思われるかもしれないが、ダッチオーブンでも作ることができる。しかもダッチオーブンを使うことで燻製に使用できる食材の幅も広がるのだ。そこで今回は、ダッチオーブンを使った燻製作りのコツやレシピなどを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダッチオーブンとは?

ダッチオーブンは、一般的には鉄でできた黒くて大きな鍋のことだ。最近ではアウトドア好きの方が使っているのを見かける機会が増えている。鉄製のものだけではなく、よりお手入れがラクなホーロー製やステンレス製のものも販売され、注目の調理器具だ。

このダッチオーブンは「オランダのオーブン」という意味だが、広く普及したのはアメリカが最初だ。

アメリカの西部劇の中で黒い鍋を見たことはないだろうか。あれがダッチオーブンなのだ。
一説によるとアメリカに入植したオランダ人が持ち込んだもので、この鍋1つあればなんでも作ることができる利便性の高さが、西部開拓時代の荒野での生活にマッチし、急激に広まったとされている。

ダッチオーブンは様々な使い方ができるが、キャンプで重宝される機能といえば、オーブンとしての機能だろう。焚き火の中にそのまま放り込むだけでローストビーフやパンなどが簡単に焼けるのだ。

また、重い蓋がついているおかげで炭を上ののせることもでき、圧力鍋のような機能も発揮する。まさに万能な鍋といえるだろう。

2. ダッチオーブンでの燻製の作り方

ダッチオーブンで燻製を作る際に準備するものは、
  • アルミホイル
  • 足のついた網
  • スモークチップ
  • 好きな食材
のみ。

作り方は、
  • ダッチオーブンにアルミホイルを敷き、スモークチップを入れてその上に網を置く。
  • ダッチオーブンを火にかけ、煙が出てきたら食材を入れて蓋をする。蓋と鍋の間には隙間を作る。
  • 弱火で火の通り具合を確認しながら加熱する。
と手順も簡単だ。

3. ダッチオーブンで美味しい燻製を作るコツ

ダッチオーブンで燻製を美味しく作るには、いくつかのコツがあるのでおさえておこう。

まずは燻し方だが、燻製の作り方には「熱燻」「温燻」「冷燻」の3つがある。ダッチオーブンの場合はその性質上熱燻となる。熱燻には香りや色づきが良いという長所があるが、色づいてはいるものの、中まできちんと火が通っていないことも考えられる。そのため様子を見ながら火を通すようにしよう。

アルミホイルは、鍋の底だけではなくチップの上にもふんわりかけておくと、食材からの油がチップに落ちることを防ぎ、より美味しく仕上げることができる。

4. ダッチオーブンで燻製を作るなら!おすすめ食材は?

次にチェックしておきたいのが、ダッチオーブンでの燻製作りにおすすめの食材だ。ダッチオーブンで燻製を作る場合、完全に熱を通すため基本的にどんなものでも食材として使うことが可能だ。

ただし初心者の場合、火加減が難しいため、万が一中まで火が通っていなくても食べられるものがおすすめだ。その中でも刺身系、練り物、チーズ、ゆで卵は美味しく仕上がるのでぜひ試してみてほしい。調理に慣れてきたら、手羽先や鮭、ビーフなど生では食べられないものの燻製もおすすめだ。燻製にすると風味が増して、いつも食べているものでもまた違った味わいとなるので、おかずにもおつまみにも、ぜひいろいろな食材に挑戦してみよう。

5. ダッチオーブンでつくる燻製料理オススメレシピ3選

では、さっそくダッチオーブンでの燻製料理のおすすめレシピを3つ紹介しよう。

味付け卵の燻製

味付け卵を作るひと手間が必要だが、全体的に作業は簡単なので、初心者にもおすすめだ。手間をかけずに挑戦したい方は、市販の味付け卵を使ってもいい。

ゆで卵5個を、酒大さじ1、みりん大さじ1、醤油50cc、だし100ccを混ぜた液にひと晩漬けておく。これを10分ほどダッチオーブンで燻製したら完成だ。

スモークビーフ

これは牛肉のブロックをスモークしながら蒸し焼きにするという、ダッチオーブンだからできる調理法だ。一見難しそうに見えるが、それほどテクニックは必要ない。

まずは牛肉ブロックには塩を揉み込んでおき、ダッチオーブンは網とアルミホイルを敷いて熱々に温めておく。ダッチオーブンが温まったら、網を外してスモークチップを入れ、網の上に肉を置いて蓋をして20分ほど燻製する。焼き加減は、肉の中に金串を刺して5秒待ち、それを唇につけてみて温かく感じたらOK。

肉を冷ます間に、刻んだミョウガ、味噌大さじ2、しょうゆ大さじ2、ねりわさび小さじ1、砂糖適量を混ぜたタレを作る。肉が常温になったら薄く切り分け、タレをつけていただこう。
タレは手作りしなくても、市販のBBQソースやポン酢などでも美味しい。自分好みの味を見つけてみるのも楽しいだろう。

スモークチキン

手軽に購入できるチキンも、燻製料理におすすめだ。塩とこしょうの味付けでも美味しいが、しっかりとした味を好む方は、鶏もも肉3枚をフルーツジャム1ビン、ジャムと同量の醤油、にんにくスライスを混ぜた液にひと晩漬け込んでみよう。

ダッチオーブンを火にかけ煙が立ったらチキンを入れ、20分から30分ほど中強火で燻製する。その後中の様子を見て、鶏肉が汗をかいたらやや弱火にし、鶏肉が色づくまで火にかける。

6. ダッチオーブンで燻製をする際の注意点

ダッチオーブンで燻製を作る際は、以下の注意点も確認しておくといい。

・蓋と鍋の間に隙間を作る
燻製を作る際重要なのは、煙を消さないことだ。しかしダッチオーブンは密閉性が高く、食材からの水分で煙が消えてしまうことがある。そのため割り箸などを挟んで隙間を作っておくことが必要だ。

・鍋の汚れ
ダッチオーブンで燻製を作ると、鍋が真っ黒に汚れてしまう。この汚れは落ちにくいので、手入れが大変だ。お手入れが面倒な方は、燻製専用のダッチオーブンを用意することをおすすめしたい。

結論

ダッチオーブンでの燻製作りは、基本的な手順さえ覚えてしまえばどんな食材でも比較的簡単にできる。ダッチオーブンでの燻製作りに挑戦することで、キャンプの楽しみがさらに広がるだろう。ダッチオーブンをお持ちの方は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >