このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
いちご狩りを静岡で楽しみたい!品種・時期・服装などをチェック

いちご狩りを静岡で楽しみたい!品種・時期・服装などをチェック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月15日

静岡県は、日本で有数のいちごの生産地として知られている。そのため静岡にはいちご狩りを楽しめる場所がたくさんある。今回は静岡でいちご狩りを満喫するために、主ないちごの品種や旬の時期、いちご狩りに適した服装を確認しておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 静岡でいちご狩りできる品種とは?

いちごは品種によって味や特徴の違いがある。農園によって栽培している品種も異なるだろう。ここでは静岡でいちご狩りできる主な品種と、その特徴を紹介する。静岡でいちご狩り農園を選ぶ際の参考にしてほしい。なおさらに詳しく知りたい方は、お目当の農園のホームページなども確認するとよいだろう。
  • 章姫
    甘みが強く酸味が少ないのが特徴。「酸っぱいのが苦手」という方にも食べやすい。
  • きらぴ香
    爽やかな甘さが特徴で、酸味は少ない。
  • 紅ほっぺ
    静岡県で誕生したいちご。甘みと酸味のバランスがよくコクのある味わいと、赤い果肉が特徴だ。
  • やよいひめ
    群馬県で誕生した品種で、真っ赤で大きな見た目が特徴だ。日持ちがしやすいので、いちご狩りのあと持ち帰りしたい方におすすめだ。
  • とちおとめ
    強い甘みと程よい酸味で味のバランスがよく、いちご本来の風味を満喫できる品種である。
  • かおり野
    三重県で誕生したいちごで、あっさりとした甘みと控えめな酸味が特徴。
  • かんなひめ
    酸味が控えめで甘みが強いのが特徴。紅ほっぺにさがほのかを掛け合わせ、愛媛県で誕生した品種である。
  • おいCベリー
    華やかな香りと、高いビタミンC含有量が特徴だ。
  • よつぼし
    濃厚で、甘さと酸味がほどよく味わえる。
  • もういっこ
    宮城県で誕生したいちごで、大粒ながら食べるのをやめられなくなり、「もういっこ」とついつい手が伸びるおいしさが特徴だ。

2. 静岡でできるいちご狩りはいつからいつまで?

静岡でいちご狩りを楽しめる時期はいつなのだろうか?静岡でのいちご狩りの開始時期や終了時期は取り扱う品種や農園ごとに異なるが、1月から5月の間静岡の多くの農園でいちご狩りを体験できるようだ。なお天候などの影響で、開催期間のずれも考えられるので注意しよう。

よりおいしいいちごを求める方は、静岡のいちごの旬の時期もチェックしておきたい。これも品種によって異なるが、静岡で代表的な品種「紅ほっぺ」の旬は、1月から4月頃といわれており、なかでも3月から4月は特に甘みが増すそうだ。よりおいしいいちごを味わいたい方は、この時期をねらうのがおすすめだ。

3. いちご狩りのベストな服装や持ち物とは?

家族や恋人と静岡へいちご狩りに行く男性もいるのではないだろうか。そこで一緒に行く方に「さすが!」と思わせる静岡でのいちご狩りの服装や持ち物をチェックしておこう。

いちご狩りにおすすめの服装

・いちごの栽培方法をチェック
いちごの栽培方法によって、静岡でのいちご狩りの服装は違ってくる。いちご農園によって「高設栽培」を行うところと、「土耕栽培」を行うところがあるのだ。

特に気をつけてほしいのが、「土耕栽培」を行う静岡のいちご農園だ。地面に近い場所にいちごがあるため、しゃがむ姿勢が多くなるのだ。ボトムスは動きやすさ重視、トップスはロング丈のものは避けたほうがよいだろう。

・寒暖差への対応
静岡でのいちご狩りの多くはハウスの中で行われ、ハウス内は25度以上になることもある。静岡では時期によって、ハウスの中と外の寒暖差を考慮する必要がある。シャツの上にカーディガンやパーカーを羽織るなど、着脱しやすい服装がおすすめだ。

・蜂対策
静岡のいちご農園には蜂がいることが多い。蜂が寄ってくる黒い色の服は避ける、香水はつけない、肌を露出させないなど蜂に刺されないための対策が必要だ。

・汚れてもいい服装
いちご狩りでは土などによって靴も服も汚れることが考えられる。汚れが気にならない服装を心がけよう。

これらを考慮すると、静岡にいちご狩りに行く男性(特に30から40代)のベストなコーディネート例は以下のようになる。

・トップス
ロングTシャツや長袖シャツの上に、スウェット素材の無地の前開きパーカーまたはフリースを羽織る。気温によって、アウターにマウンテンパーカーなどを着用。

・ボトムス
動きやすいストレッチ素材、またはゆったりめのジーンズやチノパン

いちご狩りに欠かせない持ち物

静岡のいちご狩りに必要な持ち物は、どういったものだろうか。必須アイテムを確認しておこう。なお持ち物を入れるカバンは、両手の空くタイプが好ましい。
  • タオルハンカチ
    静岡へいちご狩りに行く際、ハウスの中は暑くて汗をかくことが考えられる。吸水性の高いタオル地のハンカチを持参するとよいだろう。
  • 日焼け止め
  • 飲み物
    ハウス内は暑いため、熱中症予防のためにも飲み物は必ず用意しておこう。
  • マスク
    花粉症の方は特に、いちごの花粉を吸い込まないようマスクの着用を忘れずに。
  • ウェットティッシュ
    いちごを食べる際に手が汚れてしまうことがある。ウェットティッシュがあると便利だろう。

結論

静岡のいちご狩りでは、紅ほっぺを中心に、農園によってさまざまな品種と出会うことができる。また静岡は東京からのアクセスがよいところも魅力だ。いちご狩りでしか味わえない採りたてならではのおいしさを、ぜひ静岡で満喫してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >