このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
テーブルコーディネートとは?特別な一日を演出する華やかな食卓をつくろう

テーブルコーディネートとは?特別な一日を演出する華やかな食卓をつくろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月 6日

たまの週末、気合を入れて料理をしたけれど…いつもの食卓では何か物足りない。食卓に花ひとつあったら印象は激変するし、季節によっては庭やベランダでの食事も最高だろう。料理とシチュエーションに合わせて食卓を演出する、それがテーブルコーディネートだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. テーブルコーディネートとは?

テーブルコーディネートと聞くと、何だかセレブか特別お洒落な気がしてしまうが、誰でも出来て食事の際にとても重要なポイントとなる。

食卓を装うということ

分かりやすいのは誕生日やクリスマスといったイベントだ。食器での演出の他、布を足す・花を足す・紙を足す、といった物全てがテーブルコーディネートの一部である。飾りをどんどん足していくという感覚より、食事の目的に合わせて整理整頓しながら絶対外せない装飾を足すという感覚で行なってみてはどうだろう。

子供や女性ウケも抜群

カラフルで楽しいテーブルコーディネートをすることで、好き嫌いがある子供、食が細い子供にも、「食事の時間は楽しい」と思ってもらえる。この時のコーディネートのポイントは、気が散るような玩具を飾るのではなく、自分で取り分けできる演出や自作の飾りを使ったコーディネートを意識すること。また、テーブルコーディネートは非日常感を味わうことができる。非日常感は女性にも大ウケする。気合の入ったコーディネートはたまにでも良い。もし毎日取り入れたいと思うのであれば箸置きやコースター等のちょっとした物から無理なく続けてみよう。

2. テーブルコーディネートの具体例

どんな時に、誰と、どんな料理で...と、食卓を総合的に考えて飾りつけしてみよう。

季節のイベント

分かりやすいテーマがあれば難易度は低めだ。和洋で決めやすく、そのイベントに定番のメイン料理を考え、食器を決める。可能なら旬の花を飾ったり、子供と何かアイテムを作たっりするといい。工作を通じて、国内外の伝統を教えるいい機会になる。

誕生日

誕生日を祝われる本人が大好きなモチーフ・キャラクターでコーディネートしてみよう。例えば100円ショップでもバースデーの飾りは沢山売っているし、誕生日を祝う本人が大好きなモチーフ・キャラクターで用意してみよう。ホットケーキに生クリームをデコレーションしたケーキを自分達で作ってみるのもいいだろう。

記念日

誕生日と同様に、お祝いされる人の好みで統一する。特別感を出したいなら、ナプキンを用意したり食前に皿を出して手紙を乗せておくのも粋な演出だ。その日作る料理のメニューを印刷しておいたり、プレゼントをディスプレイするのもおすすめである。

3. 普段から取り入れやすいアイテム

あまり構えず日常的なテーブルコーディネートを楽しむなら、簡単に入手出来て日によって使い分けられる定番アイテムをそろえておこう。

布小物

一番面積の大きなテーブルを覆うテーブルクロスはインパクトが大きい。真っ白なクロスの美しさは一度味わって頂きたいが、汚れが心配な方もいるだろう。しかし、綿の白無地ならたとえ汚れても漂白剤を使えるのでおすすめである。撥水加工のクロスなら汚れない。赤白チェックで洋食屋のランチを演出するのも楽しいだろう。ランチョンマットで子供も喜ぶ可愛い柄を選んだり、カトラリーを置く場所を覚えてもらうことも出来るかもしれない。

食器やグラス類

1人ずつ専用の物を用意すると子供達が自分でセッティングしやすい。シンプルな白無地で縁だけ個人カラーの皿にしたり、箸置きを置くのもきちんとした印象になる。箸置きはオーブン粘土で手作りするのもいい。

一輪挿し

テーブルに花があると、それだけで食卓の雰囲気が一変する。花束もいいが、花屋で好きな花を一輪買ったり、家族がつんできた花を飾ったりすことも出来るだろう。大量の花も良いが、こぢんまりした一輪挿しも料理を邪魔せず、万が一子供が倒してしまっても被害は最小限で済む。妻に花言葉で感謝を伝えるのもいいかもしれない。

結論

イベントや誕生日で凝ったテーブルコーディネートをする時は、家族で準備してデコレーションするのが楽しい。しかし、日常でも無理なく取り入れられるテーブルコーディネートは沢山ある。まずは飾りを増やす前に食卓を綺麗に掃除し整理整頓してみよう。テーブルクロスと花一輪でも立派なテーブルコーディネートになるのである。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >