このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【コブミカン】ってどんなスパイス?タイ料理だけじゃない使い方を伝授

【コブミカン】ってどんなスパイス?タイ料理だけじゃない使い方を伝授

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年3月 9日

タイ料理のトムヤムクンやカレーを食べたことがある人なら、料理の中に入っているコブミカンの葉に遭遇したことがあるだろう。タイ料理には欠かすことのできないハーブスパイスの一つだが、それ以外にもいろいろな使い方ができる果実だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コブミカンとは?

コブミカンは東南アジアが原産のミカン科の常緑樹。別名カフィアライム、バイマックルとも呼ばれている。果実は皮の表面がボコボコとした独特の形をしており、コブのように見えるため、コブミカンという名称になった。

果実は柑橘系特有の爽やかな芳香があり、タイ料理のスパイスとして日本人にもおなじみだが、果肉はスパイスとしてはあまり使われず、葉や果皮などを使うことが多い。果実は柑橘系特有の爽やかな芳香がある。

2. 料理以外にも使われる果実

コブミカンにはビタミン類が多く含まれているほか、鉄分やカルシウムも含有している。東南アジアでは果実に含まれているこのビタミン類が頭皮によいとされ、コブミカンの果実の切り口で頭皮や髪をマッサージしたり、果汁を絞ってシャンプー代わりに使う。

また、さわやかでリラックスできる香りはアロマグッズとして加工され販売されている。

3. コブミカンと料理

タイ料理ではコブミカンの果実や葉を、料理の具材としても使う。生の葉を細かく刻んで、タイ風のさつま揚げに練り込んで加える。

また、カレーには果皮をすり下ろしたものを入れる。果汁はジュースとして利用される。

結論

日本では果実よりも葉の方が知られているコブミカンだが、ビタミンが豊富な果実も、いろいろな形で使われている。果実の輸入は少ないが、苗木は流通されており、温暖な地域であれば栽培を楽しめるだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >