このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
デンマークの名物料理【スモーブロー】とは?パーティにも大活躍のおしゃれメニュー

デンマークの名物料理【スモーブロー】とは?パーティにも大活躍のおしゃれメニュー

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:東京農業大学 醸造科学科 教授 前橋健二(まえはしけんじ)

2020年3月10日

スモーブローとは、デンマークのオープンサンドのこと。インスタ映えもするためおしゃれグルメとして人気が高い。TODAYS SPECIALなどのカフェメニューにもなっているスモーブローについて触れ、ホームパーティでスモーブローをするときのポイントについて解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スモーブローとは

特産の豚肉やチーズ等の乳製品、じゃがいも等が美味しいデンマーク。海に囲まれているため海産物も豊富だ。
そんなデンマークの伝統料理の一つであるSmørrebrød(スモーブロー)は、「バターを塗ったパン」を意味する、デンマーク風のオープンサンドのこと。Smørre(スモー)はバター、brød(ブロー)はパンという意味で、バターを塗ったパンに、ポレッグと呼ばれるトッピングを乗せて作る。色とりどりの食材が様々な味付けで調理され華やかにこぼれんばかりに盛り付けられているのが特徴だ。
普通のオープンサンドと違う点は、
  • 下のパンが見えないほどトッピングを盛り付ける
  • トッピングのバリエーションが豊富
  • 芸術的とも思わせる見た目の美しさ
  • ナイフとフォークでいただく
まるでパンを額にして食材で絵を描いたかのような美しさにこだわりが見られる。
1888年にオープンしたIda Davidsenというスモーブロー専門店が現在のスタイルを作ったとされているのだが、ちなみに、この店で考案されたメニューは250種類以上もあり、すべてを書き留めるとメニューペーパーは140mにも及ぶため、ギネスブックにも登録されているとか。それぞれのメニューには著名人の名前など、名前の付けられたものも多いという。
コペンハーゲンには、手軽な店から高級店まで、スモーブローを食べられる店がたくさんある。

2. 定番スモーブロー

トッピングであるポレッグはバラエティに富んでおり、定番中の定番と言われるのは、海老とゆで卵を使ったスモーブロー。
魚介類では、ニシンの酢漬けや、スモークサーモン、ひらめのフライやスモークうなぎなど様々。同じニシンでも、酢漬けの他、カレーや燻製など調理法や味付けも多種多様だ。
肉類では、ハム・ベーコンやレバーペースト、ローストビーフや塩漬け肉、牛タン、ミートボールなど豪華だ。
そのほか、チーズ、ゆで卵やスクランブルエッグ、レッドオニオンやトマトといったカラフルな野菜やデンマークでもなじみ深いじゃがいも、ソテーしたきのこなど色々な食材が使われる。時にはキャビアなどの高級食材を用いる場合もある。
玉ねぎのみじん切りと酢漬けのニシンをカレー風味のタルタルソースに漬けたもの(「Karry Sild」)など、スモーブロー用にも市販されている瓶詰め食材も人気が高い。
ソースにもこだわりが高く、総合的な組み合わせを楽しんでいるようだ。
濃い味のポレッグには黒パン、淡い味のポレッグには色の薄いライ麦パンを合わせるのが一般的なのだが、たっぷりの発酵バターを塗ったライ麦のパンは、皿の役割として、ポレッグのみ食す現地人もいるそうだ。

3. ホームパーティでおすすめスモーブロー

家庭ではこういったポレッグの中から、各々食べたいものを選んでパンに乗せるビュッフェスタイルだというが、日本でいうところの手巻き寿司のような楽しさが伺える。
カラフルで豪華な食材を好みでトッピングするスモーブローは、実はホームパーティのメニューにもぴったりだ。
パーティの内容によっては、カナッペの様に、あらかじめ盛り付けておいたものをトレーに乗せて取り分けるのでも良い。
本場デンマークでは、食べるポレッグの順序や、具の組み合わせに関して暗黙のルールがあるようだが、日本では日本ならではの食材を集めてホームパーティで楽しんでみるのもいいだろう。和惣菜のきんぴらごぼうやひじきの煮物などは甘辛く、他の食材とも合わせやすいし、明太子やいくらは塩分が強く、少量でも良いアクセントになる。いろいろな組み合わせを考えてオリジナルのスモーブローを作り上げるのも楽しみの一つとなる。
本場のライ麦パンや全粒粉の黒パンは好みもあるため、サンドイッチ用の薄いパンをトーストしてバターを塗るのもおすすめだ。
仕上げはハーブのディルやあさつき、レモンなどを添えると美しさが格段にアップする。
ふんわりともりつけてもいいし、ぴっちりとすきまなく材料を並べてもいい。どちらにしても盛り付ける人のセンスが問われるので、慎重に。

結論

カラフルで豪華な食材を美しく盛り付けるスモーブローは、インスタ映えすることからSNSでも人気の高い料理だ。自身で考案したオリジナリティのあるポレッグで、我が家ならではのスモーブローを発信してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >