このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ベーグル】のカロリーや種類を紹介!作り方や保存方法も解説!

【ベーグル】のカロリーや種類を紹介!作り方や保存方法も解説!

投稿者:ライター 岡畠紘美(おかはたひろみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年6月 9日

ベーグルはパンの一種である。しかし、よく見かけるパンよりも、食感がもちもちとしていて、生地がギュッと詰まっている。これはベーグル特有の作り方に関係がある。摂取カロリーや栄養素にも違いがありそうだ。今回はベーグルの作り方や、アレンジも含めて紹介してみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ベーグルで摂取できる栄養とカロリー

ベーグルは比較的カロリーの低いパンであるが、ナッツやフルーツを練りこんだタイプも多いため、一概にはいえない。多くのベーグルの原材料は、ほとんど小麦粉である。小麦の原料となる胚乳が主な栄養で、主成分はたんぱく質と糖質だ。ベーグルを作るときにきび砂糖を使用すると、白砂糖よりも多くミネラルを摂取することが可能になる。いろいろな食材が入ったベーグルはカロリーが気になるが、豊富な栄養を一度に摂取できるメリットもある。健康のためには、バランスのよい食事を心がけるのも必要だ。
この記事もCheck!

2. 体重制限中におすすめのベーグル

ベーグルは、ほかのパンと違い、基本は卵や牛乳を含まないため、脂質が少ない。また、食物繊維が多く含まれ、GI値が白米よりも低いため、血糖値が上昇しにくいようである。体重の増加と、血糖値の上昇は関係があるのだ。ベーグルのGI値はほかのパンよりも低く、脂質も低いため体重制限中に向いているパンだといえる。体重制限中は、ジャムやバターをたっぷりつけるのではなく、できるだけシンプルなプレーンタイプを食べよう。野菜などを組み合わせ、バランスよく食べるのもよいだろう。
この記事もCheck!

3. アレンジベーグルと美味しい食べ方

ベーグルはプレーンタイプに、クリームチーズを塗っただけでも美味しく食べられる。ほかにもフレンチトーストやラスクといった、スイーツにアレンジすることができるのも魅力だ。しかし、はじめからチーズやゴマが練りこまれたタイプや、玉ねぎ、レーズンなどが入ったタイプもある。幅広いラインナップで、食事でもおやつでも自由に楽しめるパンだ。
この記事もCheck!

4. ベーグルサンドでオリジナリティーをだしてみよう

プレーンのベーグルは、具材を挟んでサンドイッチのように楽しむことができる。スモークサーモンやチキン、ポークソテーなどがピッタリだ。同時にトマトやアボカドといった野菜類を挟むことで、バランスのよい食事になる。サイドメニューとして、ポテトやスープを添えれば、ボリュームのあるランチにもなりそうだ。
この記事もCheck!

5. ベーグルはどのように作るのか

ベーグルの材料は、強力粉やイースト、塩、砂糖、水とシンプルだ。材料をボールに入れて、しっかり混ぜて捏ねる。生地がまとまり表面が艶やかになったら、乾燥しないようにして少し休ませるのだ。その後、生地をロール状にして、ドーナツのような形を作り、生地を発酵させる。ここで、普通のパンとは違う作業が入る。お湯にはちみつとベーグル生地を入れて茹でるのだ。茹でたあと、オーブンで焼くのである。
この記事もCheck!

6. ベーグルを自作!必要な材料とコツを伝授

ベーグルを作るのに必要なのは、小麦粉と砂糖、塩、水、イーストだ。材料が少ないため、贅沢に国産小麦や天然塩を使ってみると、素材本来のよさを楽しめるだろう。
作り方は材料を量り、ボールに合わせて混ぜる。次に生地をこねるが、ベーグルは普通のパンよりも、少ない分量の水で作るためまとまりにくい。しっかりと両手に力を入れながらこねるのがコツである。生地がまとまったら少し休ませて形を作る。生地を1個分ずつに分けたら麺棒で広げて巻き、棒状にするのだ。ポイントはつなぎ目をしっかりと閉じること。成形が終わったら発酵させ、茹でる。茹でるときは上になる面から湯に入れるとよい。
この記事もCheck!

7. 美味しいままのベーグルの保存方法

ベーグルはしばらく経つと、水分が抜けて固くなるため、常温保存できるのは作ったり購入したりした次の日までだ。ベーグルを長期保存するには、冷凍保存がよい。一つずつ分けてラップをして、ジッパー袋に入れて冷凍庫で保存する。あらかじめスライスして保存するのもよいだろう。すぐに食べるなら冷蔵保存もよいが、冷蔵庫は思ったよりも乾燥しているので、長期保存は冷凍庫が望ましい。解凍は自然解凍か電子レンジで行い、トースターで仕上げると、美味しいベーグルを味わうことができる。
この記事もCheck!

8. ベーグルとパンの違いを生むひと手間

パンとは小麦粉などに水を加えて発酵させ、焼きあげたものである。種類も多く世界各国に存在している。ベーグルはユダヤ人からアメリカに伝わり、近年ではアメリカを代表するパンだともいわれている。材料はシンプルだが、製造工程にほかのパンとの違いがあるのだ。多くのパンは、生地を成形したあと、オーブンで焼きあげる。しかし、ベーグルは生地を焼きあげる前に、はちみつなどを加えたお湯で茹でるのだ。この工程が、ほかのパンにはない味わいの秘訣である。
この記事もCheck!

結論

ベーグルには、焼きあげる前に茹でるという特有のひと手間があるため、独特の味わいを楽しむことができる。もちもちとして、よく噛んで食べる必要があり体重制限中も期待できそうだ。種類も豊富なため、自分好みのベーグルで栄養バランスに気をつけながら、日々の食生活を楽しみたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >