このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ごま油の代用になる調味料は?簡単なごま油の味の出し方とは

ごま油の代用になる調味料は?簡単なごま油の味の出し方とは

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年8月29日

ごま油はいろいろな料理に使えて便利なため、家に常備している人も少なくないだろう。しかし、使いたいときに限ってきしまっていて困った経験はないだろうか。今回はごま油がなかったときに使える代用調味料や、ごま油を手軽に作る方法を紹介しよう。ごま油と全く同じ味や香りではないが、十分代用できるものばかりなのでぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ごま油の代用で注意したいポイント

ごま油はいろいろな調味料を組み合わることで代用可能だが、全く同じ味や香りになるわけではない。ごま油の原材料であるごまを使って代用のごま油を作ったとしても、市販されているごま油よりも香りが弱くなってしまう可能性が高いのだ。あくまでも代用というだけで、同じ味を求めてしまうと納得のいくものが作れなくなってしまうので注意しよう。ごま油の代用レシピは、ごま油に近い香りや味を出すためのものだと覚えておくとよいだろう。どうしても香りが足りないと感じるときや、もの足りないときは代用レシピを使わずに素直にごま油を購入するのがおすすめだ。

2. ごま油はサラダ油+ラー油で代用可能

ごま油の代用としておすすめなのが、サラダ油にラー油をプラスする方法。とても簡単に作ることができ、火なども使わないため手軽だろう。作り方はとても簡単で、皿や器にサラダ油を適量出してラー油を少量加えるだけで完成。ラー油にはもともとごま油が使われているものが多く、サラダ油に入れることでゴマの香りがついた油が作れる。ラー油をごま油の代用に使うときは、原材料にごま油が使われているラー油を選ぶのがおすすめ。また、ラー油は辛みのある油なので、たくさん入れてしまうと辛くなるので注意しよう。数滴のラー油でも十分香りが付くので、辛さや香りを確かめながら自分好みの味に仕上げてみてほしい。

3. ごまを使ったごま油の代用レシピ

ごま油の原材料でもあるごまを使えば、本物のごま油に近い代用油が作れる。サラダ油にすった白ごまを加えるだけでも代用できるが、油の中にすりごまが入った状態になってしまう。サラサラのごま油が作りたいときは、フライパンで白ごまを炒ってからサラダ油を加えるのがおすすめ。ごまを炒ることでより香りが引き立ち、茶こしなどでこせばサラサラのごま油になる。ごまを炒るときは弱火にし、焦げないように注意しよう。こまめにフライパンを揺らしながら炒ると、全体が焦げずにしっかり香ばしく仕上がる。サラダ油は火を止めてから加えると、加熱し過ぎを防げる。フライパンに入れたサラダ油はかなり熱くなっている可能性もあるので、注意しながら調理しよう。

4. ごま油は意外な食材でも代用できる

ごま油といえばごまを使った油だが、じつはごま以外のもので作られた意外なものが代用品として使えるのだ。ごまとは少し違うが、同じような香ばしい香りが感じられるのは、ピーナッツを使って作られたピーナッツバター。ナッツの香ばしい香りがごま油によく似ていて、代用品としてもおすすめ。実際にごま油を使って作る担々麺などには、ピーナッツが用いられることがある。コクの強いピーナッツバターはごま油よりも香りが引き立ちやすいため、少量をサラダ油などに混ぜて使うとよい。炒めものなどにピーナッツバターを単体で使ってしまうと、焦げ付きやすいので注意してほしい。また、ピーナッツバターは砂糖が添加されていないものを使用しよう。砂糖の入ったピーナッツバターは甘さがあるため、作る料理によっては適さない可能性があるのだ。

結論

ごま油は便利な調味料だが、使いたいときにない場合もある。そんなときは、ぜひ今回の記事を思い出しながら代用品を作ってみてほしい。全く同じ味というわけにはいかないが、十分代用として使えるだろう。ピーナッツバターはコクも強く、作る料理によってはより美味しく仕上がるので試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ