このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
焼肉だけに使っていたらもったいない!『黄金の味』の真の魅力とは?

焼肉だけに使っていたらもったいない!『黄金の味』の真の魅力とは?

投稿者:エバラ食品工業株式会社(PR)

2020年7月 1日

PR 焼肉のたれといえばエバラ食品の『黄金の味』を思い浮かべる人が多いのではないだろうか? まさに代名詞的存在だが、焼肉のたれとしてだけで使うのは実にもったいない。『黄金の味』は、和・洋・中さまざまな料理が作れる万能調味料なのだ。今回は、1度は試してほしい、『黄金の味』を使った簡単おすすめレシピを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 『黄金の味』の真の魅力

焼肉のたれカテゴリー売上No.1(※)である『黄金の味』。1978年の発売以来、多くの家庭で愛されている焼肉のたれの定番商品。甘口、中辛、辛口に加え、この春に新発売となったさわやか檸檬の4種類が販売されている。この『黄金の味』、実は、毎日の食事作りをアシストしてくれる強力な助っ人なのだ。
※インテージSRI 焼肉のたれ市場 2019年4月~2020年3月累計販売金額No.1

調味料使いしなきゃもったいない!

焼肉のたれとして『黄金の味』を使うのは当たり前のこと。『黄金の味』の真の魅力は、その活用範囲の広さ。そう、『黄金の味』はさまざまな料理の味付けに使える"万能調味料"なのだ。

秘密は『黄金の味』の原材料。実は『黄金の味』の1/3は国産リンゴでできている。さらにモモやウメを加えていて、フルーツをたっぷり使用することで砂糖とは異なるさわやかな甘さを実現しているのだ。また、香味野菜とスパイスが絶妙なバランスでブレンドされており、一本で味が決まるたれ=万能調味料になっている。

2. この夏食べたい!リュウジ氏開発『黄金の味』を使った簡単やみつきレシピ

簡単バズレシピで有名な料理研究家リュウジ氏に、『黄金の味』を使った夏におすすめのレシピの考案を依頼。完成したのは、その名も「黄金ほうじ茶つゆ」。そうめんのつけだれレシピだ。なんと『黄金の味』とほうじ茶を混ぜるだけで作れるという手軽さ。一見、意外な組み合わせかもしれないが、これが絶品。そうめんが止まらなくなる味わいだ。ぜひこの夏試していただきたい!

【材料(1人分)】

  • そうめん:2束(約100g)
  • エバラ黄金の味:50ml
  • ほうじ茶:50ml(ペットボトル飲料でも可)
  • 豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用):適量
  • 小ねぎ(小口切り):適量
  • おろしにんにく:お好みで
  • ラー油:お好みで
※『黄金の味』とほうじ茶は、1対1の比率で混ぜれば良いので、分量はお好みで変更可

【作り方】

1.『黄金の味』と冷やしたほうじ茶を1対1で混ぜれば、つけだれは完成
2.そうめんは、1束ゆで、よく冷やしたらお皿に盛り、豚冷しゃぶと小ねぎを乗せる
3.お好みでつけだれに、おろしにんにくとラー油を加えて、そうめんをつけて食べるのみ

3. 『黄金の味』を使ったおすすめアレンジレシピ6選

『黄金の味』は、和・洋・中、いろいろな料理の味付けに使える万能調味料。エバラの公式サイトには、『黄金の味』を使ったアレンジレシピが、なんと700以上も掲載されている。そこで、今回、特におすすめのレシピ6選を紹介しよう。どれも簡単に作れるので、献立に困ったときに試してみると良いだろう。

①黄金鶏照り

【材料(2人分)】

  • 鶏もも肉:大1枚(約300g)
  • エバラ黄金の味:大さじ3
  • サラダ油:適量

【作り方】

1.鶏肉の余分な脂を取り除き、皮目をフォークで数か所さす
2.フライパンに油を熱し、鶏肉を皮目から焼き、焼き色がついたら裏返し、弱火で中まで火を通す
3.キッチンペーパーなどで余分な脂を拭き取り、『黄金の味』を加えて全体にからめる
4.皿に食べやすく切った3をのせて、出来あがり

②黄金麻婆豆腐

【材料(2人分)】

  • 絹ごし豆腐:1丁(約300g)
  • 豚挽き肉:150g
  • 長ねぎ:1/2本
  • エバラ黄金の味:100g
  • 水:50ml
  • 水溶き片栗粉:適量
  • サラダ油:適量
  • ごま油:少々
  • 豆板醤、小ねぎ(小口切り)、糸唐辛子:適宜

【作り方】

1.豆腐は水きりし、長ねぎはみじん切りにする
2.フライパンに油を熱し、長ねぎ(と豆板醤)を炒め、香りが出てきたら挽き肉を加え炒める
3.挽き肉に火が通ったら『黄金の味』と水を加え、煮立ったら豆腐を手でくずしながら加え、再度ひと煮立ちさせる
4.水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油をたらして、出来あがり
※お好みで小ねぎと糸唐辛子をのせる

③黄金レタス炒飯

【材料(2人分)】

  • ごはん:どんぶり2杯分(約400g)
  • 牛こま切れ肉:100g
  • レタス:1/4個(約100g)
  • 長ねぎ:1/2本
  • 卵:2個
  • エバラ黄金の味(肉の下味用):大さじ1
  • エバラ黄金の味(仕上げ用):大さじ2
  • サラダ油:適量
  • ごま油:適宜

【作り方】

1.牛肉は『黄金の味』で下味をつけておく
2.レタスはざく切りに、長ねぎは粗めのみじん切りにする
3.フライパンに油を熱し、牛肉を炒め、いったん取り出す
4.フライパンに再び油を熱し、溶き卵を流し入れ、ごはんを加えて炒め合わせる
5.3と長ねぎを入れて炒め合わせ、『黄金の味』で味付けし、火を止めレタスを混ぜ合わせて、出来あがり
※お好みでごま油を加えると、風味が増しておいしく召しあがれるのでおすすめ

④黄金ひき肉ライス

【材料(2人分)】

  • 豚挽き肉:150g
  • ピーマン:3個
  • エバラ黄金の味:大さじ3
  • サラダ油:適量
  • ごはん:どんぶり2杯分

【作り方】

1.ピーマンを細切りにする
2.フライパンに油を熱し、挽き肉・ビーマンの順に炒め、『黄金の味』で味付けする
3.器にごはんを盛り、2をのせて、出来あがり

⑤黄金コク旨ボロネーゼ

【材料(2人分)】

  • スパゲッティ(乾燥):160g
  • 合挽き肉:150g
  • トマト:大1個
  • なす:小2本
  • たまねぎ:1/2個
  • にんにく:1かけ
  • エバラ黄金の味:100g
  • オリーブ油:適量
  • 粉チーズ、パセリ(みじん切り):適宜

【作り方】

1.トマトは湯むきしてざく切りにする。なすは縦半分に切ってから1cm幅に切り水にさらし、5分おいたら水気をきる。たまねぎとにんにくはみじん切りにする
2.フライパンに油を熱し、にんにくを炒め、香りが出てきたらたまねぎを加えてさらに炒める
3.挽き肉・なすの順に加えて炒め合わせ『黄金の味』とトマトを加えてとろみがつくまで炒め煮にする
4.鍋に湯を沸かし、スパゲティを表示通りにゆでる
5.3のフライパンに湯きりした4を加え、軽く炒め合わせて、出来あがり
※お好みで粉チーズやパセリをふって食べるのがおすすめ

⑥黄金肉野菜炒め

【材料(2人分)】

  • 豚バラ薄切り肉:100g
  • キャベツ:2枚
  • もやし:1/4袋(約50g)
  • ニラ:1/4束
  • にんじん:適量
  • エバラ黄金の味:大さじ3
  • サラダ油:適量

【作り方】

1.豚肉は一口大に、野菜は食べやすい大きさに切る
2.フライパンに油を熱し、豚肉・野菜の順に炒め、「黄金の味」で味付けして、出来あがり

結論

『黄金の味』は焼肉のたれではあるが、調味料として使わないともったいない一品だ。まずは、リュウジ氏開発の「黄金ほうじ茶つゆ」とエバラ食品おすすめのレシピにトライし、その実力を体感してもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ