このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カニカマチャーハンの魅力に迫る!手軽に海鮮風チャーハンを作ろう!

カニカマチャーハンの魅力に迫る!手軽に海鮮風チャーハンを作ろう!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年11月20日

カニカマはとにかくさまざまな料理に使える万能食材だ。そんなカニカマを使ったおすすめ料理はチャーハンだ。カニカマを使うことで、手軽にそしてリーズナブルに海鮮チャーハンを作ることができる。今回は、そんな便利な食材、カニカマを使った美味しいチャーハンの作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カニカマはチャーハンの具材にピッタリ

カニカマといえば、魚のすり身にかにエキスを配合した練り物だが、その見ためと食感や味わいが、かにに似ていることから人気がある。そしてうれしいのがカニカマは通常のかにと違って低コストで財布にも優しい食材ということだ。そんなカニカマはチャーハンに合わせても絶品だ。カニカマをチャーハンに入れることで、簡単かつ低コストで自宅にいながら本格的なチャーハンが楽しめる。今回は、そんなカニカマを使ったチャーハンの作り方について紹介しよう。

2. カニカマを使ったシンプルなチャーハンの作り方を紹介

材料

定番シンプルなカニカマチャーハンの材料は、ごはん、卵、カニカマ、万能ねぎ、顆粒中華スープ、塩こしょう、醤油、サラダ油だ。自宅の冷蔵庫にある材料で作れるのもこのカニカマチャーハンの魅力だ。

作り方

カニカマとねぎを細かく切っておき、ごはんは温かいものを用意する。卵は割ってほぐしておこう。よく熱したフライパンにサラダ油を入れたら、まず卵を入れごはんを加えて卵とごはんをしっかり混ぜながら一気に炒めていく。卵とごはんが混ざったら、カニカマとねぎを加えて強火でごはんがパラパラになるように炒める。顆粒中華スープと塩こしょうで味を調え、最後に鍋肌から醤油を回し入れたら完成だ。

3. カニカマを使ったアレンジチャーハンを紹介

カニカマとレタスのチャーハン

レタスのシャキシャキ感が人気のレタスチャーハンにもカニカマはよく合う。作り方は長ねぎを小口切りと白髪ねぎの2種類作っておき、白髪ねぎは水にさらして水気をきっておく。レタスは手で食べやすくちぎっておき、カニカマはほぐしておく。溶き卵に塩こしょうをし、熱したフライパンにごま油を入れ、卵、小口切りしたねぎとカニカマを入れてさっと炒める。そこに温かいごはんを加えて軽く混ぜたら顆粒鶏がらスープ、塩こしょうを入れてパラパラになるように炒め、鍋肌から醤油を回し入れる。そこにレタスを加えてサッと炒めたら完成だ。皿に盛り付けて、白髪ねぎをトッピングしよう。

カニカママヨチャーハン

マヨネーズで炒めてカニカマチャーハンを作ることで、コクが生まれて子どもも大好きなチャーハンの味になる。作り方は、ウインナーとカニカマ、ねぎを細かく刻んでおく。ボウルに卵を入れて温かいごはんを加えてよく混ぜておく。フライパンにマヨネーズを入れてごはんを炒めたら刻んだウインナーとカニカマを加えてさらに炒める。そこに顆粒鶏ガラスープと塩こしょうで味を付け、最後にねぎを加えたら完成だ。美味しく作るポイントは、ごはんのパラパラ具合を見てマヨネーズを足していくことだ。マヨネーズを加えることで、コクだけではなく、簡単にパラパラのチャーハンが完成する。

カニカマレタスチャーハン淡雪あんかけ

カニカマレタスチャーハンに卵白で作る淡雪あんかけをかけて、あんかけチャーハンにするのもおすすめだ。あつあつトロトロのあんかけをかけることで、食欲をそそる中華料理店のあんかけチャーハンが完成する。作り方は、カニカマレタスチャーハンを作っておく。別鍋で水、顆粒鶏がらスープ、醤油、塩を入れて煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつけたら卵白を流し入れて淡雪あんかけを作り、チャーハンにかけるだけだ。あっさりとした淡雪あんかけがカニカマレタスチャーハンによく合う一品だ。

結論

カニカマを使ってチャーハンを作ることで、手軽にかに風味が味わえる海鮮チャーハンを作ることができる。シンプルな具材でも味が決まるのもカニカマのおかげだ。シンプルで冷蔵庫の余りもので作れることも多いので、節約レシピとしてもカニカマチャーハンはおすすめだ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ