このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
リゾットに合わせる献立を紹介!組み合わせるポイントとは?

リゾットに合わせる献立を紹介!組み合わせるポイントとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年11月26日

今回紹介するのは、リゾットにおすすめの献立だ。寒い時期には、キムチ鍋・おでん・ちゃんこ鍋・チゲ鍋などが恋しくなるが、リゾットは見た目もオシャレでポルチーニのようなクリーム系やミネストローネのようなトマト系など、いろいろな種類がある。ところでそれぞれのリゾットと相性のよい献立とは?また朝ごはんやランチでリゾットを食べるときにぴったりの献立とは?

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 朝食をリゾットにするなら合わせる献立は何がいい?

最初に朝食をリゾットにする場合に合わせるとよい献立を紹介する。朝食なのでボリュームを抑えた副菜やスープを合わせるとよい。おすすめは野菜たっぷりのサラダだ。とくにチーズリゾットのように見た目がシンプルな一品には、トマトやフリルレタスのように色みのある副菜がおすすめ。
スパイシーなカレー味のリゾットにおすすめの献立は、やさしい味わいのミルクスープだ。野菜をたっぷり入れると、リゾットでは摂取できない栄養を摂れるのでおすすめ。牛乳ベースのスープなら、野菜嫌いの子どもも飲み干してくれるだろう。ガーリック風味のリゾットにおすすめの献立は、玉ねぎやすりおろしたにんじんの甘みがやさしいコンソメスープだ。身体を温めてくれるうえ、栄養たっぷりで朝ごはんにぴったり。

2. ランチをリゾットにするなら合わせる献立は何がいい?

次にランチでリゾットを食べるとき、合わせるのにおすすめの献立を紹介しよう。コクのあるチーズリゾットがランチのときにおすすめの献立は、サッパリとしたブロッコリーと海老のサラダだ。彩りがよくチーズリゾットと見た目のバランスもバッチリで、噛みごたえがあるところもおすすめの理由のひとつ。
トマトリゾットのような野菜ベースのリゾットにおすすめの献立が、ボリュームのある肉を使用した副菜だ。たとえばこんがりとした焼き目とハーブの香りが食欲をそそる、鶏もも肉のオーブン焼きのせサラダは、ガッツリ食べたい日のランチにぴったり。ほかにも違う食感を楽しめるアスパラのガーリック炒めや、アボカドとトマトのわさび和えもおすすめしたい献立だ。

3. 離乳食をリゾットにするなら合わせる献立は何がいい?

次に離乳食をリゾットにする場合に合わせるとよい献立を紹介しよう。ささみと野菜のリゾットが離乳食のときにおすすめの献立は、高野豆腐・かぼちゃ・ブロッコリー・豆乳を使用したスープだ。食べやすいうえ、たんぱく質を補えるのがおすすめのポイント。デザートには加熱すると甘みが増すバナナを使った、やさしい味のホットバナナのきなこ和えがおすすめ。
ほかにもシチュー風のリゾットにおすすめの献立は、ビタミンを補給できるフルーツサラダだ。いちご・キウイ・りんごを約2cmの立方体に切り揃えて器に盛り付け、リゾットに添えると彩りもキレイでおすすめ。

4. リゾットの種類別に合わせるおすすめ献立を紹介

リゾットの味の種類はさまざまあり、リゾットの種類によって合う献立も変わってくる。最後はリゾットの種類に合わせたおすすめの献立を紹介する。
ポルチーニのようなクリーム系のリゾットにおすすめの献立は、食べてしまうのがもったいないほど、見た目がカラフルでキュートなコブサラダだ。リゾットはなめらかな口当たりだが、コブサラダは噛みごたえがあり、合わせるのにぴったり。
ミネストローネのようなトマト系のリゾットにおすすめの献立は、カレー風味のかぼちゃサラダだ。甘いかぼちゃペーストにカレーの香辛料とマヨネーズの酸味がきいたサラダで、コーン・きゅうり・枝豆を加えると食感も楽しめる。
キムチ味のようなパンチのあるリゾットにおすすめの献立は、鶏ひき肉に豆腐を加えた豆腐鶏つくねだ。ふわふわとした食感が楽しめるうえ、やさしい味なので、パンチのあるリゾットと対照的な味が味わえておすすめ。

結論

やわらかなごはんの食感とオシャレな色合いが特徴のリゾットにおすすめの献立を紹介した。合わせる献立を決めるポイントは、見た目のバランスや違う食感を楽しめること、リゾットでは摂れない栄養を補給できることだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年11月26日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ