このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
「かける」がキーワード!本格中華の味を自宅で簡単に楽しむ方法

「かける」がキーワード!本格中華の味を自宅で簡単に楽しむ方法

投稿者:株式会社J-オイルミルズ(PR)

2021年5月14日

PR 中国料理のなかでも特に、昨今注目を集め続けているのが、四川料理だ。食べるラー油、担担麺、そして麻辣ブームを経て、四川料理を好む人が増えている。今回はそんな人気の四川料理を家で手軽に楽しむことができる新アイテム『香辣油』と『花椒油』をご紹介していこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 四大中国料理「四川料理」とは

中国料理は、日本人を魅了し続ける料理のひとつで、中国では古くからひとつの文化として確立されてきた。そんな中国料理は、北京、広東、四川、上海の4つに大きく分けることができる。なかでも四川料理は、日本でも非常に人気の高いジャンル。四川省の代表的な料理のことで、麻婆豆腐や担担麺、辣子鶏などがその代表だ。

特徴は辛味と豊かな香り

四川省は、夏は蒸し暑く冬は寒いことから、食欲を増進させる辛くしびれた料理が発達した。四川料理の辛味は、6種類あるとされているが、なかでも「麻味(マーウェイ)」と呼ばれる花椒の痺れるような辛さと、「辣味(ラーウェイ)」と呼ばれる唐辛子の奥深い辛さがもっともよく知られている。もちろん辛い料理だけではないが、辛味のバランスは四川料理の真骨頂のひとつなのである。

また、唐辛子と花椒以外のスパイスも欠かせない。四川料理にはシナモンや八角、ローレル、フェンネルなど、多種多様なスパイスが使われており、その豊かな香りを活かして調理していることも特徴である。四川料理人の腕は、スパイスの選び方や使い方にあらわれると言われているほどだ。

2. 本格四川料理を簡単に楽しむなら『香辣油』

人気を集める四川料理だが、本格的な味わいを自宅で楽しむのは、難しいのが現実。そこで、JOYLが開発したのが「 香辣油(シャンラーユ)」だ。かけるだけで本格四川料理の辛さと香りを味わえる香味油である。

コクと香りで本格四川料理に!

普通の辣油(ラーユ)との大きな違いは、世界中から厳選した3種類の唐辛子に加え、スターアニス、花椒、ローレル、シナモン、フェンネル、ホワイトペッパーといった6種類のスパイスを原料に使用していること。スパイスはそのまま使用しても十分な香りがでない。しかし、スパイスの香りは油溶性のものが多いことから、油を活用することで、香りを最大限活かせるのである。これを独自製法で実現したのが、JOYL「 香辣油」というわけ。唐辛子のもつ辛味だけでなく、コクとうま味に加え、口に入れた瞬間に広がるスパイスの華やかな風味を油に閉じ込めた一品だ。

おすすめ料理は?

一般的な辣油と使い方は同じ。餃子や春巻き、小籠包など、点心のつけだれや担担麺、バンバンジーなどにもぴったり。「かけるだけ」なので、辛いものが食べられないお子さんがいるご家庭でも安心。自分の皿にとった料理にだけ、JOYL「 香辣油」をかければいいのだ。そのほか、炒飯と中華スープといった定番中華はもちろん、から揚げとも相性抜群。意外性ある組み合せだと、ボロネーゼやイタリアンピザ、ポテトサラダにかけるのもおすすめだ!

3. 人気の"痺れ"を体感するなら『花椒油』

花椒は、日本では別名カショウとも呼ばれる中国原産の香辛料。うなぎにかけるあの山椒の同属異種、いわば親戚だ。爽やかな香りとピリッと舌が痺れるような味わいが特長で、担担麺ブームの後押しを受けて、メジャーな存在に。JOYL「 花椒油(ホアジャオユ)」は、そんな花椒の香りと痺れを楽しみたい人から人気を集めてきた香味油だ。今回、芳醇な香りと刺激的な痺れをより感じられるようリニューアルを敢行!

痺れと香りで本格味に!

JOYL「 香辣油」同様、「かけるだけ」で本格的なしびれを体感できるJOYL「 花椒油」は、発売以来、人気のアイテム。今回、独自製法を使うことで、花椒の香りと刺激的な"痺れ"がパワーアップした。いつもの料理に「追い花椒油」するだけで、本格的な四川料理に早変わり。油に花椒のさわやかでフレッシュな香りと後引く刺激を溶かし込んでいるので、少量でも花椒の刺激を感じることができる。

おすすめ料理は?

王道の麻婆豆腐にはもちろん、回鍋肉や油淋鶏などにプラスすれば、お店で食べたような味わいに。本格四川料理にランクアップすること間違いなしである。そのほか、カレーにかけるのもおすすめ!花椒油の爽やかな香りと痺れがカレーのスパイスとマッチして、一味違ったキレのある味わいが楽しめる。普段の肉・魚料理に合わせて、パンチのある味わいに変化させてみるのも良いだろう。

結論

自由に外食しづらい昨今、家ご飯を充実させたい人も多いはず。新発売のJOYL「 香辣油」とリニューアルしたJOYL「 花椒油」なら、かけるだけでいつもの家中華がお店顔負けの本格中華に早変わり!子どもが小さくて刺激的な料理が食べづらいというご家庭にもおすすめだ。一度購入して、このおいしさを体感してみてほしい。

アンケートのご協力をお願いいたします

お答えくださった方の中から抽選で10名様に、Amazonギフト券500円分をプレゼント。以下フォームより回答をお願いいたします。

【Amazonギフト券発送時期】7月中

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ