このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
今「大豆ミート」が選ばれる理由とは?大豆ミートを使った新感覚炊き込みご飯の素登場

今「大豆ミート」が選ばれる理由とは?大豆ミートを使った新感覚炊き込みご飯の素登場

投稿者:株式会社白子(PR)

鉛筆アイコン 2021年9月14日

PR 一般的なスーパーでも手に入れられるようになり、目にする機会も増えてきた「大豆ミート」。今回は大豆ミートが健康食材として注目されているゆえんを学びながら、より簡単に食べることができる新商品について紹介していく!

  

1. 「大豆ミート」とは?肉との違いを解説

「大豆ミート」という言葉は耳にしたことがあるものの、実際どんなものかわからない、という人もいるかもしれない。まず、ここでは大豆ミートの基礎知識を学んでいこう。

大豆ミートの原料

大豆ミートとは、その名の通り大豆を主原料にした肉のような加工食材のこと。大豆からの油分を絞ったものを加熱、加圧、乾燥させて作るのが一般的で、見た目はまるでひき肉のよう。ソイミート、ベジミート、大豆タンパクと呼ばれることもある。

ここがすごい!大豆ミート

大豆ミートは元々、ベジタリアンの間ではポピュラーな存在として親しまれてきた食材だ。それがここ数年、健康意識の高まりとともに、一般にも広がりを見せ、スーパーやコンビニの店頭でも様々な商品が取り揃えられるようになっている。
主原料である大豆は、豆腐や油揚げ、醤油、味噌など様々な食品にも使用され、私たちの食卓には欠かせない食品。「畑の肉」と呼ばれるほど、植物性タンパク質も豊富に含まれている。加工の段階で大豆の油分を取り除いて生成される大豆ミートは、肉と比較してもカロリーや脂質等が低い。健康志向層やトレーニング中の人にはおすすめの食品というわけだ。

さらに、ノンコレステロールであることに加え、ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含まれている。また、加工品なので、常温保存や長期保存も可能で、忙しい毎日を支えてくれそうな条件が揃っている食品と言えるだろう。まだ大豆ミートを試したことがない!という人も、ぜひこの後紹介する商品をキッカケに、トライしてみてはいかがだろうか。

2. 健康×美味しいが実現!新感覚炊き込みご飯の素が登場

健康を意識し、大豆ミートを摂取してみたいものの、実際どうやって食べたらよいのかわからないという人も多いことであろう。そんな人におすすめしたいのが、今回紹介する、『もち麦と雑穀の大豆ミート入り炊き込みライスの素』。白子のりより発売され、美味しいのは勿論、先ほど紹介した大豆ミートや、今注目されているもち麦雑穀を使用した、新感覚の炊き込みご飯の素だ。早速その魅力を解説していこう!

大豆ミート×もち麦雑穀の相乗効果

次世代のスーパーフードとしても注目されるもち麦。もち麦とは、もち性の大麦のこと。大麦は、水溶性と不溶性の食物繊維をバランス良く含有しており、現代人に足りない栄養素を補ってくれる食材として、今注目を集めている。

今回新登場した『もち麦と雑穀の大豆ミート入り炊き込みライスの素』には、雑穀市場でシェアNo.1を誇る、株式会社はくばくのもち麦が採用されている。さらに、はくばく社のWEB調査で消費者から人気の高かった丸麦、黒米、発芽玄米、大豆といった雑穀がバランスよく配合されているのも、健康を志向する人にとって嬉しいポイントだろう。

良質なタンパク質を摂れる「大豆ミート」に加え、もち麦や雑穀を、炊き込みご飯として一度に、かつ簡単に摂取できる逸品だ。

気になる商品ラインナップは、「やさしく香るごぼう入り」「じんわり香るしょうが入り」の2種類。パッケージも可愛いポップなデザインのため、店頭でも目に留まるに違いない!

味の決め手は「塩こうじ」?

大豆ミートは健康的で栄養も豊富な一方で、独特の大豆臭さが気になるという人も多いだろう。本商品では、「塩こうじ」を使用し、この独特な臭いが軽減されている。では、なぜ塩こうじが臭いを軽減してくれるのか、知っているだろうか?

これは、塩こうじに含まれる糖分が、大豆臭さを吸収することによるものである。塩こうじは、もち麦や雑穀の保水性を向上し、よりもちっとした食感を作り出すのにも効果的で、味に奥行きも出してくれる点が特長だ。

「ごぼう入り」「しょうが入り」ともに味のベースは、薄口醤油。他にも様々な野菜が入っていることで彩り豊かに仕上がる点も、料理を作る際に嬉しいポイントだろう。

3. 健康だけじゃない!忙しいときのおうちごはんに最適

かくして誕生した『もち麦と雑穀の大豆ミート入り炊き込みライスの素』。健康面、味わいだけでなく、仕事や家事で忙しい人を虜にする魅力が他にも溢れている。

炊き込みだけでなく、混ぜ込みも可能!

炊き込みご飯の素というと炊飯前の米に混ぜ、炊き上げるのが一般的だが、『もち麦と雑穀の大豆ミート入り炊き込みライスの素』は、炊飯後のご飯に混ぜ込んでも同じように美味しく食べられる仕様となっている。

もち麦の芯が残ったり、雑穀が柔らかくなりすぎるのを防ぐため、調味液の配合バランスや調理工程を試行錯誤したのちに、炊き込み&混ぜ込みの両立が実現した。炊飯済ご飯に混ぜてお弁当に入れたり、調理時間の確保が難しい夕食時にも活躍してくれそうだ。

ワンプレートで時短&ラクご飯が実現

『もち麦と雑穀の大豆ミート入り炊き込みライスの素』は、前述の通り、もち麦、雑穀に加え、大豆ミートが入っているので、栄養バランスが非常によい。あとは季節の野菜を使ったスープやサラダを簡単に合わせ、ワンプレートにすれば、お手軽ヘルシー献立の完成だ。

仕事や家事で忙しい人にとって、こんなに嬉しいことはないだろう。炊き込み"ライス"のネーミングに込められた、和食だけじゃない炊き込みご飯の新たな可能性を感じる商品といえる。家族の健康を気にしたいけれど、時間はかけられない、そんな人にこそ、ぜひ一度手にとってみてほしい。

結論

話題の大豆ミートともち麦、雑穀を美味しく、とにかく手軽に食べることができる『もち麦と雑穀の大豆ミート入り炊き込みライスの素』。これまでの炊き込みご飯の素の常識を覆す、炊き込み&混ぜ込みOKの技術は、ご飯を炊く時間すら惜しい!というときにも非常に便利だ。ぜひ、スープやサラダを合わせて、和食ではない新たな炊き込みライスを楽しんでみてほしい。
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧