このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
冷凍ほうれん草

冷凍ほうれん草で胡麻和えを作る!簡単便利な食材の効果を紹介

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2022年3月20日

手軽にもう一品ほしいときに、冷凍ほうれん草を使って胡麻和えを作るのがおすすめだ。冷凍ほうれん草を常備しておけば、簡単に副菜やお弁当のおかずが作れる。この記事では、冷凍ほうれん草を使った胡麻和えの作り方やさまざまな調理方法を紹介しよう。

  

1. 冷凍ほうれん草の胡麻和え

ほうれん草の胡麻和え
冷凍ほうれん草を使う一品としておすすめなのが、胡麻和えだ。胡麻和えは胡麻の香ばしさが楽しめ、手軽に作れるので覚えておくと便利だろう。

胡麻和えとは

冷凍ほうれん草の胡麻和えは、加熱したほうれん草にすり胡麻やめんつゆを混ぜ合わせる簡単料理だ。ほうれん草の鮮やかな緑が彩りもいいので、お弁当のおかずとしても人気の一品である。冷凍ほうれん草で作る場合は、電子レンジで調理が完了するのも魅力だ。耐熱皿に食べたい分の冷凍ほうれん草をのせ、そのまま加熱する。あとは、砂糖やめんつゆ、すり胡麻など調味料で和えたら完成だ。

2. 冷凍ほうれん草を使った胡麻和えの栄養

冷凍ほうれん草
ほうれん草や胡麻を使う胡麻和えは、栄養豊富な一品でもある。そんな冷凍ほうれん草を使う胡麻和えの栄養成分や効果効能をチェックしてみよう。

栄養成分について

ほうれん草は栄養が豊富なことでも知られている。鉄やビタミンC、カロテン、ビタミンB1、B2、葉酸などを豊富に含み、食物繊維も豊富なのだ。(※1)さらに白胡麻には、セサミンやリノール酸、オレイン酸などの栄養が含まれている。(※2)

効果や効能

  • ビタミンC...ほうれん草に含まれているビタミンCには、コラーゲンの生成や骨や軟骨を正常に保つ働きがある。さらにメラミン色素の生成を抑え、風邪などの病気に対する抵抗力を高めてくれる。(※3)
  • カロテン...カロテンを摂取すると、小腸上皮細胞でビタミンAに変換される。ビタミンAには、目や皮膚の粘膜を健康にし、抵抗力を強める働きが期待できるのだ。(※4)
  • 鉄...ほうれん草に含まれる鉄には、貧血を予防する効果が期待できる。(※5)
  • 葉酸...葉酸には、赤血球の生産を助ける働きがある。また、身体の発育にも必要な栄養素で、とくに妊婦は葉酸を十分に摂取することで、胎児の先天異常などのリスクを減少させることができる。(※6)

3. 冷凍ほうれん草は胡麻和えだけじゃない

鮭のおにぎり|玉子焼きとウインナーとホウレン草
冷凍ほうれん草は、胡麻和え以外にもいろいろな人気料理を作ることができる。レンジなどを使って調理することで、簡単にお弁当のおかずを作ることができるだろう。

さまざまな調理方法

冷凍ほうれん草は、下茹でした状態で冷凍されているので、短時間で調理できるのが魅力だ。レンジで加熱するだけではなく、ボイルして使ったり、フライパンで炒める使い方もできる。また、冷凍のまま調味料を和えて、自然解凍で完成するような調理方法も可能だ。

結論

冷凍ほうれん草は、胡麻和えなど手軽にもう一品作ることができる万能食材だ。ほうれん草は栄養価が高く彩りもいいので、お弁当のおかずにも重宝するだろう。ほうれん草の旬でなくても手軽にほうれん草を料理に取り入れられるのも冷凍ほうれん草の魅力だ。
(参考文献)
  • 更新日:

    2022年3月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧