このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
行者ニンニク

行者にんにくを保存する4つの方法!簡単ですぐ出来るやり方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2022年3月17日

行者にんにくとは、にんにくのような香りがする山菜だ。そのまま保存することも可能だが、冷凍にしたり漬けたりいろいろな方法で保存ができる。この記事では、行者にんにくを保存する4つの方法を紹介する。簡単ですぐできるやり方ばかりなのでチェックしてみよう。

  

1. 行者にんにくを生のまま保存する方法

行者ニンニク
行者にんにくは、正しい保存方法をすることで長く保存することができる。生のままの行者にんにくの保存方法を見てみよう。

冷蔵保存

行者にんにくは乾燥に弱い。冷蔵庫で保存する場合は、湿らせたキッチンペーパーで根元を包んでから、野菜室に入れて保存するのがおすすめだ。正しい保存方法で冷蔵庫に入れた場合は、約1週間保存ができる。

2. 行者にんにくを冷凍して保存する方法

行者ニンニク
行者にんにくは冷凍保存することで、約1ヶ月保存が可能になる。正しい冷凍方法をチェックしてみよう。

冷凍保存

行者にんにくは冷凍する前にまずサッと茹でて、水気を切り、カットしてから冷凍保存するのがおすすめだ。食べやすい大きさにカットして、保存袋に入れておけば使いやすい。冷凍した行者にんにくを使う際は、自然解凍したり、そのまま料理に加えたりするといいだろう。

3. 行者にんにくを干して保存する方法

木製のテーブルに野生のニンニク
行者にんにくは冷蔵庫や冷凍庫以外に、干して保存する方法がある。干す保存方法は2種類あり、保存期間は1ヶ月程だ。

乾燥保存

行者にんにくは天日干しと電子レンジを使う乾燥保存方法がある。天日干しの場合は、洗った行者にんにくの水気を切って、カットしたら、ザルに並べて天日干しするだけだ。だいたい2~3日ほどで完成する。電子レンジを使う場合は、クッキングシートに行者にんにくを並べて600Wで2分ほど加熱するだけだ。どちらも乾燥したら保存袋に入れて冷蔵庫で保存する。

4. 行者にんにくを漬けて保存する方法

山菜の瓶漬け
行者にんにくは醤油漬けや味噌漬け、オリーブオイル漬け、めんつゆ漬けなどにして保存する方法がある。調味料で漬けた行者にんにくはそのまま食卓に並べたり、料理の調味料として活用したりすることができるだろう。

醤油漬けやオイル漬け

行者にんにくは醤油漬けにすることで、冷蔵庫で1年保存が可能になる。ごはんに乗せて食べたり、炒飯に入れたりと使い方もさまざまだ。オイル漬けもシンプルな味付けで、サラダ感覚で味わったり、パスタなどに混ぜたりいろいろな使い方ができる。どちらも保存食として活用できるだろう。

結論

行者にんにくはいろいろな保存方法ができる。乾燥を苦手とするので、生のまま保存したい場合は、水分を保つようにするのがポイントだ。また、冷凍や乾燥保存、醤油漬けなどさまざまな保存方法があるので、使い方や保存期間に合わせて保存方法を変えてみてもらいたい。
  • 更新日:

    2022年3月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧