このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
そうめん

そうめんは消化にいい?悪い?そばやうどんとの比較も交えて徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2022年4月 5日

細くツルツルとした食感のよさが人気のそうめん。実際に麺類として消化はいいのだろうか?定番のそばやうどんと比較しながら、そうめんの消化について紹介する。消化のいいそうめんの食べ方も紹介するので、あわせて見てみよう。

  

1. 「そうめんは消化にいい」は本当か?

そうめん
そうめんは消化にいい食べ物だといわれている。では、なぜそうめんは消化にいいのだろうか?そうめんの消化にかかる時間やその理由を紹介しよう。

そうめんが消化にいいといわれる理由

そうめんが消化にいいといわれる理由に、柔らかく脂質が少ないことが挙げられる。そうめんは細く、茹でると柔らかくなるので、消化にかかる時間も短い。また、そうめんは炭水化物が主な成分で脂質が少ない食品だ。つまり脂質が少ない分、消化にかかる時間が短くなるのだ。

2. そうめんとそば、うどんではどれが消化にいい?

素うどん
同じ麺類だということで、そうめんと比較されることが多いうどんとそば。実際にどれが消化がいいのだろうか?消化時間の目安を元に比較してみよう。

そうめんの消化時間の目安

・そうめん100gあたりの消化時間の目安は2時間15分

そばの消化時間の目安

・そば100gあたりの消化時間の目安は2時間30分

うどんの消化時間の目安

・うどん100gあたりの消化時間の目安は2時間45分

3. そうめんの消化にいい食べ方、悪い食べ方

にゅうめん
同じそうめんでも食べ方によって消化にいい食べ方と悪い食べ方がある。それぞれの食べ方を紹介する。

消化にいい食べ方

同じそうめんでも、冷たくして食べるよりも温かいにゅうめんにする方が消化にいい。温かい方が胃に負担をかけず消化ができるからだ。

消化に悪いとされる食べ方

消化に悪いそうめんの食べ方は、消化の悪い食材と一緒に食べることだ。例えば、天ぷらやごぼうなどだ。そうめん自体の消化がよくても、組み合わせによっては消化が悪くなってしまう。

4. そうめんを使った消化にいいおすすめレシピ

チヂミ
そうめんを使った消化にいいおすすめレシピをいくつか紹介しよう。アレンジ次第でそうめんを飽きずに楽しめるだろう。

卵にゅうめん

卵にゅうめんはそうめんを使う消化のいいレシピの定番だ。鶏がらスープの素を使ったスープにそうめんを加え、溶き卵を入れるだけ。優しい味わいで体調の悪いときにもおすすめだ。仕上げにごま油を加えるとコクがプラスされる。

そうめんチヂミ

そうめんを使うアレンジレシピとしておすすめなのがチヂミだ。生地にそうめんを加えることで、消化のよい仕上がりになる。食べごたえもあるので、いつものそうめんの食べ方に飽きたらそうめんの新しい食べ方として試してもらいたい。

5. そうめんは消化にいい!胃やお腹の調子が悪いときもおすすめ

そうめん
消化のいいそうめんは、胃やお腹の調子が悪いときにおすすめの食材だ。とくに温かいにゅうめんにすることで、胃への負担も軽減できるのが嬉しい。また、調子の悪いときは、にゅうめんに組み合わせる具材にも注意したい。できるだけ消化がよく、脂質が少ない具材を組み合わせるのがいいだろう。

結論

そうめんはうどんやそばと比較しても消化時間が短い。そうめんは細くツルツルと食べやすく、柔らかいのが特徴だ。そうめんは冷たくしても、温かくしても美味しく味わうことができるので、その日の気分や体調に合わせた食べ方で消化のいいそうめんを味わってみてもらいたい。
  • 更新日:

    2022年4月 5日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧