このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホバクカボチャのキムチ

韓国カボチャとは?味やズッキーニとの違いやおすすめレシピも紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2022年4月 4日

韓国カボチャとは、カボチャの種類の一種で見た目はズッキーニに似ている。韓国料理に使われることも多い韓国カボチャの味や食感、おすすめレシピを紹介する。日本でも通販などで購入することができる韓国カボチャの魅力を見てみよう。

  

1. 韓国カボチャとは?

韓国かぼちゃキムチ
韓国カボチャはエホバクと呼ばれ、見た目はズッキーニによく似ている。そんな韓国カボチャはチヂミやスープ、サラダなどに使われるのだ。また、韓国カボチャは種を販売するメーカーによってカボッキー、マッチャン、リッチーナと呼び名が変わってくる。

韓国で「ホバク(エホバク)」と呼ばれる野菜のこと

韓国カボチャはホバクやエホバクと呼ばれ、緑色の細長い形をしており、ズッキーニによく似ている。もともと韓国カボチャは未熟な状態で収穫されているのだ。

韓国カボチャの品種

カボッキー

カボッキーは、松永種苗が種を販売している韓国カボチャのことだ。

マッチャン

マッチャンは、サカタのタネから販売されている韓国カボチャのことだ。

リッチーナ

リッチーナは、タキイ種苗から販売されている韓国カボチャのことだ。

韓国カボチャとズッキーニの違いは?

韓国カボチャとズッキーニは見た目がよく似ている。しかしズッキーニは中が白っぽいが、韓国カボチャは中が黄色で種も柔らかい。

韓国カボチャの旬と産地

韓国カボチャは日本でも栽培されている。日本では高知県や岩手県、千葉県などで栽培されているのだ。韓国カボチャは6~7月にかけて旬を迎える。

2. 韓国カボチャはどんな味がする?食感はどう?

ズッキーニ
韓国カボチャはどんな味がするのだろうか?気になる味や食感を紹介する。

韓国カボチャの味や食感

食感はズッキーニと違い韓国カボチャは柔らかく、クセが少なく淡泊な味わいだ。瓜のような独特な香りも少ない。

3. 韓国カボチャを使ったおすすめレシピ

韓国料理ホバクジョン
韓国カボチャはチヂミやスープなどの料理に使われることがある。韓国カボチャを使ったおすすめレシピを紹介しよう。

韓国カボチャのチヂミ

韓国カボチャを使うチヂミは、韓国カボチャを千切りにしてチヂミの生地に混ぜて焼くだけだ。淡泊な味わいなので、ポン酢やコチュジャンをつけて食べるのがいいだろう。

韓国カボチャの中華スープ

中華味のスープに韓国カボチャを入れるのもおすすめだ。韓国カボチャは薄切りにして干ししいたけやモロヘイヤと一緒にスープにする。煮込んだ韓国カボチャは柔らかく食べやすいので、大人から子どもまで楽しめるだろう。

韓国カボチャのジョン

ジョンとは、韓国カボチャに小麦粉と卵をつけて焼く韓国の料理だ。お好みで唐辛子をふりかけたり、醤油やごま油を合わせた中華風のタレをつけたりして味わう。

4. 通販でも手軽に手に入る韓国カボチャ、ぜひ一度食べてみては?

かぼちゃ粥
韓国カボチャはスーパーなどではなかなか見かけることがないが、生産地の直売所や通販などで購入することができる。クセのない味わいはどんな料理にも合わせやすいので、韓国カボチャを見つけたら、ぜひ味わってみてもらいたい。

結論

韓国カボチャは、一見ズッキーニによく似ているが柔らかく淡泊な味わいなので、いろいろな韓国料理に使われている野菜の一種だ。韓国カボチャは日本ではまだあまり馴染みがないが、チヂミやスープ、サラダなどに使うことができる。
  • 更新日:

    2022年4月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧