このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
さまざまな飴

飴の賞味期限が切れていたら!判断の仕方や保存方法について紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2022年4月 6日

大人から子どもまで人気のあるお菓子の飴だが、賞味期限について考えた経験はないだろうか。そこで今回は、飴の賞味期限や、賞味期限が切れた飴について解説していこう。また、飴の保存方法についても合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. 飴の賞味期限について

色とりどりの丸いキャンディ
ここでは、賞味期限について消費期限との違いを交えて解説していこう。

賞味期限と消費期限の違い

賞味期限とは、食品を美味しく食べれる期限のことで、消費期限とは安全に食べれる期限である。賞味期限は品質に変化が少なく、傷まない食品に使われることが多い。飴の原材料は砂糖と水飴がほとんどのため品質の変化が少ない。そのため、飴には賞味期限が表示されている。飴の賞味期限は未開封で1年ほどもつ。備蓄用の飴であれば、3~5年もつ。また、包装の面積が30平方cm以下のものには、品質表示の省略が認められている。

2. 飴の賞味期限切れは食べられる?

ゼリーと砂糖のキャンディー
ここでは、賞味期限が切れて食べられなくなった飴の判断の仕方について解説していく。

判断の仕方

基本的に飴は品質がほとんど変わらず日持ちするが、賞味期限が切れてから長期保存していると傷んで劣化してくる。ベトベトしたり、変色したりと見た目の変化もあり、酸っぱい臭いもしてくる。賞味期限が切れたから捨てるのではなく、このような変化が起こってから捨てるようにして、食品ロスを防ぐのも重要だ。

3. 飴の保存方法

お皿に甘い香りのする色とりどりのキャンディ
ここでは、飴の保存方法について紹介していこう。

高温多湿を避ける

飴は熱や湿気に弱いため、高温多湿の場所を避けて冷暗所で保存するのが望ましい。しかし、冷蔵庫で保存すると露で飴がべたつく恐れがあるので、冷蔵庫での保存は避けたほうがよいだろう。外袋を開封後の飴であれば、ガラス瓶のような密閉した容器に乾燥材を入れて直射日光に当たらないようにして保存しよう。

結論

飴の賞味期限は未開封で1年ほどだが、賞味期限とは美味しく食べれる期間のため食べれなくなるわけではない。そのため、賞味期限が切れてすぐに捨てるのではなく、臭いや見た目に変化が現われてから捨てるようにしよう。また、飴を保存する場合は高温多湿を避けて冷暗所で保存するようにしよう。この記事を読んで、飴を食べる際の参考にしてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年4月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧