このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
グミキャンディーの盛り合わせ

グミダイエットで痩せる理由!効果的な方法や注意点について解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2022年4月 1日

手軽で美味しく大人から子どもまで人気の高いグミだが、グミダイエットについて知りたいと思った経験はないだろうか。そこで今回は、グミダイエットについて解説していこう。またグミダイエットの注意点も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. グミはダイエットに向いている

クマの形をしたグミ
グミは砂糖を多く使っているものが多いためダイエットに向いていないと思う人がほとんどだろう。しかし、市販されているグミは意外とカロリーが低いものも多いのだ。ここでは、グミがダイエットに向いている理由について解説しよう。

噛むことで得られる効果

柔らかいものもあるが基本的にグミは、固く弾力のあるものが多い。噛み応えがあり、しっかりと噛むことで満腹中枢が刺激されるため少量でも満足できるのだ。また、しっかりと噛むことで交感神経が刺激され、脂肪分解や脂肪燃焼につながるのでダイエットに効果的だ。(※1)

2. グミで行うダイエット

素朴なテーブルの上のカラフルなグミキャンディー
ここではグミダイエットの方法を解説していこう。

グミで行うダイエット

グミダイエットを行うには、固いグミを選ぶのが必須だ。上記で紹介したようにしっかりと噛むことによりダイエット効果が得られるので、柔らかいグミでは効果が半減してしまうのだ。また、食前に食べることで食べ過ぎを防げるのでおすすめだ。

3. グミダイエットの注意点

カラフルなグミキャンディーのガラスのボウルと紙袋
ここでは、グミダイエットの注意点を紹介しよう。

カロリーと糖質について

市販されているグミの平均的なカロリーは1粒10kcalほどといわれている。しかし、市販されている商品によってカロリーに違いがあるので注意が必要だ。以下で市販されているグミ(1袋)の糖質とカロリーを紹介しよう。
  • ハリボー(1袋/100g):343kcal/46g(※2)
  • 男梅グミ(1袋/38g):121kcal/23g(※3)
  • 果汁グミ(1袋/51g):167/39g(※4)
  • コーラアップグミ(1袋/100g):335kcal/74g(※5)
一般的に間食から摂ってよいカロリーは、一日に200kcal程度(※6)。市販のグミを一袋食べると、カロリーの摂り過ぎにつながる場合があるため注意しよう。

結論

グミは砂糖が多く使われているのでカロリーが高くダイエットに向いていないと思う人が多いと思うが、意外に低カロリーなものが多い。また、弾力があるためよく噛むので満腹中枢が刺激され、食欲を抑えられる。しかし、低カロリーとはいえ食べ過ぎれば意味がないので注意が必要だ。この記事を読んで、グミダイエットをする際の参考にしてみてはいかがだろうか。
(参考文献)
  • 更新日:

    2022年4月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧