このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハンバーグ

ハンバーグのタンパク質はどれくらい?気になる栄養成分を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤井千晃(ふじいちあき)

鉛筆アイコン 2022年4月 2日

大人から子供まで好きな食べ物と聞かれたら、ハンバーグと答える人は多いのではないだろうか。そこで今回は、ハンバーグのタンパク質量や栄養について解説していこう。また、合びき肉以外のハンバーグの栄養についても見ていくのでぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. ハンバーグのタンパク質量

ハンバーグ
ハンバーグは豚肉100%・牛肉100%・合びき肉(豚肉3、牛肉7)の3種類が一般的だ。メインに肉を使っているので、タンパク質は豊富に含まれている。しかし、一般的なハンバーグはカロリーが高いため、ダイエット中の方は食べ過ぎないほうがよいだろう。ここでは、合びき肉のタンパク質量について解説していこう。

タンパク質の量

合びき肉のハンバーグには100gあたり13.4gのタンパク質が含まれる。タンパク質量が高いため、筋トレをして身体を大きくしたい人にはよいだろう。(※1)

2. ハンバーグの栄養成分について

ハンバーグ
合びき肉のハンバーグに含まれているタンパク質量が分かったところで、今度はカロリーや脂質などの栄養について見ていこう。

100gあたりの栄養成分

合びき肉のハンバーグ100g当たりの主な栄養は以下の通りだ。(※1)
  • カロリー:197kcal
  • 糖質:8.9g
  • 脂質:12.2g
  • ナトリウム:340mg
  • カリウム:280mg
  • 鉄:1.3mg
  • 亜鉛:2.4mg
  • ビタミンB1:0.23mg
  • ビタミンB6:0.20mg
  • ビタミンB12:0.5μg
  • ナイアシン:3.0mg

栄養素の働き

ハンバーグに含まれる、・鉄分・亜鉛・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12・ナイアシンの働きを簡単に説明する。
  • 鉄分:赤血球を作る材料になり、酸素を全身に運ぶ働きがある。不足すると貧血が起こる可能性がある。(※2)
  • 亜鉛:亜鉛は身体の中で作ることができない「必須微量ミネラル」の一つ。タンパク質の合成など身体の成長に欠かせない栄養素。(※3)
  • ビタミンB1:ビタミンB1は水溶性ビタミンで、糖代謝に欠かせない栄養素だ。(※4)
  • ビタミンB6:ビタミンB6はエネルギーの代謝に必要な栄養素で、特にタンパク質の分解を助ける働きがある。(※4)
  • ビタミンB12:ビタミンB12はアミノ酸や葉酸の代謝を関わる栄養素。また、赤血球の形成を助ける働きがある。(※5)
  • ナイアシン:ナイアシンはビタミンB群の一種。脂質・糖質・タンパク質の代謝に関わる栄養素。(※6)
  • 3. 合いびき以外のハンバーグ

    サラダ野菜とハンバーグのセット
    合びき肉のハンバーグの栄養素について分かったところで、今度は、合びき以外のハンバーグについて見ていこう。

    チキンハンバーグ

    チキンハンバーグ100gに含まれている主な栄養は以下の通りだ。(※8)
    • カロリー:171kcal
    • タンパク質:12.6mg
    • 糖質:7.5g
    • 脂質:10.2g
    • ナトリウム:460mg
    • カリウム:240mg
    • 鉄:0.7mg
    • 亜鉛:0.8mg
    • ビタミンB1:0.09mg
    • ビタミンB6:0.26mg
    • ビタミンB12:0.2μg
    • ナイアシン:4.1mg
    合びき肉のハンバーグに比べてタンパク質がやや少ないが、カロリーや糖質も少ないので、筋トレで太らずに筋肉を大きくしたい人におすすめ。

    豆腐ハンバーグ

    豆腐ハンバーグ100gに含まれている主な栄養は以下の通りだ。(※9)
    • カロリー:142kcal
    • タンパク質:9.9g
    • 糖質:7.1g
    • 脂質:9.2g
    • ナトリウム:250mg
    • カリウム:200mg
    • 鉄:1.3mg
    • 亜鉛:0.9mg
    • ビタミンB1:0.11mg
    • ビタミンB6:0.14mg
    • ビタミンB12:0.2μg
    • ナイアシン:1.9mg
    肉のほかに豆腐も使っているため、カロリーや脂質が低いためダイエット中の人におすすめだ。

    結論

    ハンバーグは豚肉100%・牛肉100%・合びき肉(豚肉3、牛肉7)の3種類が一般的だ。しかし、メインに肉を使っているので高タンパクだが、カロリーや糖質・脂質なども高い。そのため、筋トレやダイエットをしている人はカロリーなどを計算した上で食べるのがよいだろう。この記事を読んで、ハンバーグを食べる際の参考にしてみてはいかがだろうか。
    (参考文献)
  • 更新日:

    2022年4月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧