このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コンビーフ

コンビーフはそのまま食べられる!さらに美味しく食べる方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2022年4月16日

和え物やサンドイッチの具材などさまざまな料理で活躍するコンビーフだが、そのまま食べてもよいのか気になった経験はないだろうか。そこで今回はコンビーフについて解説していこう。また、美味しく食べる方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. コンビーフはそのまま食べられる

コンビーフ
見た目が赤いため、生の肉と勘違いしてしまう人もいるのではないだろうか。結論からいうとコンビーフはそのまま食べられる。ここでは、製造工程からそのまま食べても大丈夫な理由を解説していこう。

製造工程について

コンビーフは着色料を使っているため、見た目が赤い。塩漬けにした肉を煮ているため、十分に殺菌されているのだ。また、加熱した後すぐに缶で密閉するため、菌が入る心配はない。缶詰を開けてすぐに食べても安心だ。

2. コンビーフをそのまま食べたらまずい?

コンビーフとマスタード入りキャベツ
コンビーフをそのまま食べても問題はないが、味が苦手な人もいるのではないだろうか。ここでは、コンビーフをそのまま食べているときに、まずいと感じる原因について解説していこう。

脂質が原因

コンビーフはそのまま食べられるが、牛脂の脂っこさがまずさや気持ち悪さの原因になる人も多いそうだ。また、塩漬けなので塩辛い味がまずいと感じる原因になる人もいる。しかし、明治屋のコンビーフや、腰塚コンビーフのようにそのまま食べても美味しいと話題のものもある。苦手な人は試してみるのもよいだろう。

3. コンビーフを美味しく食べる方法

ルーベンサンドイッチ
そのまま食べるのが苦手な人のために、レンジを使って美味しく食べれる方法を紹介しよう。

簡単レンジ調理

コンビーフとキャベツを合わせてレンジで蒸したものや、ナスやアボカドの上にチーズとコンビーフを乗せたものなど、レンジを使って簡単に美味しく調理できる。また、腰塚コンビーフや明治屋のコンビーフなど、お好みのもので試してみてほしい。

結論

コーンビーフは一見して生のように見えるが、加熱調理をせずにそのまま食べることができる。赤く見えるのは着色料を使用しているためだ。また、製造過程で熱を通しているので十分な殺菌がされているのだ。しかし、牛脂で脂っこいため、まずいと感じる人もいる。そんな人は、レンジで簡単に調理ができるのでぜひ試してみよう。この記事を読んで、コンビーフを食べる際の参考にしてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年4月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧